いよいよ入梅

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
近畿地方が梅雨入りしたと気象庁から発表されました。
例年より8日早く、昨年より16日早いとのことです。
私たち建築業者にとっては大変イヤな季節です、工程の組みなおし等頻繁に行わなくてはいけませんのでね。

さて、ゴールデンウィーク前から取り掛かっていましたSi様邸の外構工事、ウッドデッキを造ってようやく完成しました。
デッキ材に使用したのはKino-izmでは定番になってきましたセランガンバツというマレーシアやインドネシア等で産出される植物で、
原木は直径1~1.5m前後、樹高は50~60mと大木のため比重が大きく、目が詰まっていて重厚。節はほとんど無く堅くて耐久性が高いため、防虫・防腐処理は不要なのです。
薄茶色~赤褐色で、雨や紫外線に当たると徐々に銀白色~灰色に変色して行きます。変色が好みでない場合はペイントするのも良いと思います。

大工がひとりで丁寧に仕上げましたのでイメージ通りに仕上がり、施主様からも「バッチリです!早速子供たちとおやつを食べました(^^)」と高評価を頂きました。
IMG_6516_600.jpg

IMG_6520_800.jpg

ほな、また、、、

木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家kinoizm

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は早朝から上牧町・Si様邸のウッドデッキ工事に、、、大工に施工図を渡して詳細を決め、その後、斑鳩町へ移動してN様邸の近隣挨拶にお伺いしました。
幸い、すべてのお宅で挨拶ができたので良かったです。
6月初旬から着工です。

午後は新規問い合わせの対応、築浅のハウスメーカーの中古住宅を購入したが増改築の相談に乗って欲しいとのことでした。
家族構成を考えるとあと一部屋欲しい様子で、不動産会社からは増築すれば良いとアドバイスをもらって、ちょうど予算も収まりそうなので契約された様子でした。
10平方メートルを超える増築の場合は確認申請が必要です。
しかし、このお宅、ハウスメーカーの住宅で軽量鉄骨の型式認定を受けたものです。
住宅メーカーの型式認定...建築確認時に認定書つけても5年で有効期限が切れます。その後の増改築時には新たな型式認定書を取得する必要あり、、、現実的にそれは困難かと思います。劣化による壁紙の張替えや設備の入れ替えは可能ですが。。。
とすると、10平方メートルを超える増改築は住宅メーカーにおいては合法的にはに不可ということなのかと思います。無理に行うと違法建築になる事もある。
折角手に入れたマイホーム、これでは欧米のように手を加えて70年~100年と住み続ける事は不可能、20~30年でスクラップアンドビルドしかないのか?、いや、ハウスメーカーは元々そういう作戦かもしれないですね!
兎に角、このお客様、何も知らない不動産会社の営業マンのトークに乗せられてしまってお気の毒です。
残念ですが、Kino-izmでは違法建築となるような仕事はお引き受けできません。
丁重にお断りさせていただきました。
ん~、どうなるやろ、、、あの人、、、?
型式認定、安易な考えは禁物です。

写真は、五條市・F様邸の大空間リビング
南側から降り注ぐ日差しは冬場はシッカリと奥まで届いており、夏場は庇で日射遮蔽できています。
階2階ホールに設置したエアコン1台で家じゅう冷房、快適な夏の暮らしを実践されています。
_SGM8567_600.jpg


ほな、また、、、
木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家kinoizm

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
昨日はブログをサボってしまいました。毎日楽しみにされている一部のマニアックな方、申し訳ございませんでした、汗
昨日も今日も、何故か?、同業者の社長さんや幹部の方から「施工中の現場を見学させて欲しい」という依頼の連絡が有りました。
気密性能を高めるための方法やどのような断熱材を採用しているか.....etc。
「気密シートを内側から貼れば外部で構造面材を張る際にパッキンを使わなくても良いのではないか」という質問もありましたが、元々気密って外部で確保すべきものだと思うのでそれを省くのは良くないかなと思う事をお話ししました。

タイミングが合えば見学していただくのも構いませんし、Kino-izmの施工方法など、隠すこともありません。
キチッとやるべきことをやれば自ずと結果・成果は目に見えてきます。私もこのようにして家づくりを進めてまいりましたし、この気持ちはこれからも変わりません。
しかし、中には「これくらい・・・」という気持ちを少しでも持つ職人が居ると、他の真面目な職人の足を引っ張ることとなるので、高い性能の住まいを建てるには相応しくないと思います。
私もそれが判ればその職人は出禁としています。誰のための家づくりなのか・・・・・良く考えて欲しいものです。
いい家を建てようという想いは施主様は当然持たれることであり、それに応えたい、一緒に良い家を建てたいという想いは私も強く持っています。
お互いの気持ちが重なり合ってこそ良いものが出来るのではないかと思います。

さて、今日は田原本町・ゼロエネ住宅・U様邸の土台敷きを行いました。
来週は台風2号の影響で週末まで雨の模様ですから、シッカリと養生して上棟に備えたいと考えております。
IMG_7557_1_600.jpg

IMG_3924_600.jpg

IMG_3925_600.jpg

生駒市・ゼロエネ住宅・Ka様邸、
ようやく床下へ24h換気システム・澄家の設置が完了しました。
外部への貫通部分の漏気処理には現場発泡ウレタンを使用してガッツリと吹いておきました!
IMG_7520_600.jpg

IMG_7530_600.jpg

明日は上牧町・Si様邸、ウッドデッキの工事と、斑鳩町・N様邸、近隣挨拶へお伺いします。

ほな、また、、、
木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家kinoizm

構造を勉強しよう

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日もあっという間に一日が終わりです。
その日のやるべきことをシッカリとスケジュール化して明日に延ばさないように心がけて業務を行っています。
で、一日事務所に居たわけですが、パナソニックから太陽光設備のリース契約についてレクチャーしていただきました。
太陽光を設置したいけど予算が・・・という方には場合によっては朗報かも知れませんが、結局のところ住宅ローンに組み込む方が毎月の負担が軽く済みます。
この軽く済む分がローンに組み込めないような資金計画であれば、そもそも予算を少し減額する方が良いと思います。
ん~、良いような、、、もう一つのような、、、そんなリースプランでした。
兎に角、今後は電気料金が下がる見込みは全くなくて寧ろ値上げばかりが続く世の中になって行くことでしょう。
出来れば余剰電力は売却するのではなくて自宅で蓄電し、夜に使う、そしてまた昼間に発電、そして蓄電、この繰り返しが良いと思います。
もっと良いのがV2Hシステムを利用し、電気自動車のバッテリーに蓄電し、夜に使用、電気自動車のバッテリーであれば蓄電できるだけではなくてその自動車に乗って移動手段にもなります。数年後はもっと普及するのではないかなと思いますが・・・如何でしょうか???
将来困らないようにするにも、生活設計はしっかりと立てておくこと、そして無理な生活設計は建てないこと、これに限ると思います。

今日はもう一つ、構造計算について、
許容応力度計算をすると基礎にも地中梁が多く必要だと発信している有識者が居ます。
ですが、Kino-izmの場合、許容応力度計算してもそれほど地中梁が要らないこともあります。
これってどうなんでしょう。。。
構造計算する前にプランニングに無理があると必ず荷重の掛かり方も偏ります。そうすると自ずと地中梁も増えてくるのです。
地中梁が増えるような設計だと躯体にもバランスの悪いところが増えてくるため、耐力壁が増えてしまいます。
設計力のなさを露頭しているようなもので恥ずべきことではないでしょうか!
このブログ、ご覧になられているかもしれませんが、某ビルダーさん。
バランスの良い構造設計の場合は地中梁も少ないでしょうし、躯体でも大きな梁を必要としないし耐力壁についても同じように言えると思います。
知らなかったでは済みませんから、しっかりと知識を身に付けて工務店選びをして欲しいと思います。

さて現場は・・・
生駒市・ゼロエネ住宅・Ka様邸
ようやくサッシが搬入されました。APW430トリプルガラスです。
少しづつですが順調に進んでいます(^^)v
IMG_7476_1_600.jpg

ほな、また、、、
木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家kinoizm

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は昨日までとは違って3月下旬並みの気温、肌寒い一日でしたね。
体調管理に注意しなくてはいけない季節です。
そういえば先日、築5年を経過したT様のお宅訪問した際、「家族が皆、風邪をひかなくなった」と仰った。
「木野さんに頼んで良かった」とも仰って下さいました。
断熱・気密って重要ですから、そこを蔑ろにしないで拘った甲斐があります。
他にも
・冬布団が要らなくなった
・朝の目覚めが良い
・夜中にトイレに行くことが減った
・住み心地が良くて外出していても早く家に帰りたいと思う.....etc
このように、たくさんのオーナー様からKino-izmの住まいで暮らしてからの感想をお聞きしています。
如何でしょうか、こんな住宅会社と家づくりしてみませんか!

さて、現場日記です。
田原本町・ゼロエネ住宅・U様邸、
基礎工事の後、しばらく時間が経過しましたがコンクリートの養生と思えば良いことばかりです。
そして昨日、玄関ポーチの後打ちコンクリートを打設しました。
玄関の下はスタイロフォームを敷き詰めて外部との熱橋を絶ちます。
IMG_3596_600.jpg

コンクリートを打設した後はこんな感じ!
IMG_3600_1_600.jpg

で、今日は雨天後の抜けない雨水をポンプや掃除機などで撤去しました。
Before→Afterでその状況が判ると思います。
IMG_3913-3916_900.jpg

生駒市・ゼロエネ住宅・Ka様邸では、サッシの取り付け、サッシはもちろん樹脂サッシ・APW430・トリプルガラスです。
サッシを取り付ける際は固定するツバの部分と木部の枠との間に隙間ができないように専用のテープ「VKPテープ」と呼ばれるウルト社の製品を採用しています。
このテープは耐水性と透湿性を兼ね備えており、万一の外壁のシーリングが切れた場合でもテープによるシーリング効果も期待できるので雨水の浸入を回避できて安心です。
IMG_2592_600.jpg

image_VKP-tape.jpg

構造については、外周部分の気密ラインを途切れさせない為に必要な部分に応じて気密シートを先行して貼っています。
IMG_2585_800.jpg

筋交いと干渉する部分は工程が先なので予め気密シートを貼っておきます。
これで気密ラインが途切れず、高い機密性能を発揮できると思います。
気密気密とうるさく言ってもこういうところは隠れてしまって見えなくなります。
だからこそ、こういうところは入念に作業を行わなくてはいけません!!!
IMG_2586_800.jpg

橿原市・As様邸では架設足場の撤去が終わりました。
6月中旬の竣工を目指して、あと1か月頑張ります。
こちらの住まいでは完成内覧会を開催しようと計画しています。
床下エアコンは当然のこと、小屋裏エアコン2棟目、ボチボチ熱くなる時なので小屋裏エアコンの良さを体感してもらえるかも知れません。
日程が決定しましたらブログとホームページでお知らせしますので、Kino-izmの家づくりに興味を持ってくださっている方には是非ご覧頂きたいと思います。
IMG_6490_600.jpg


ほな、また、、、

木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家kinoizm

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

カテゴリ

バックナンバー

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ