大和の家・Fu様邸 の最近のブログ記事

現場日記盛り沢山!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
最初に、、、
ゴールデンウィークの休業についてのお知らせです。
5月1日(水)~6日(月)まで、休業させて頂きます。

今日は現場ブログ盛りだくさんでお届けします、汗
フルリノベのO様邸、外壁は既存のサイディングをそのまま利用しますが、シーリングが既に機能しておらず、取り除いて打替えします。
その後、塗装を行います。
先ずはシーリング剤の取り除くところから・・・
IMG_0082_600.jpg

その後、マスキングテープを貼ってシーリング剤がシッカリとくっつくように、シーラー(接着剤)を刷毛で塗って行きます。
IMG_0089_1_600.jpg

IMG_9104_800.jpg

そして新しいシーリング剤を打ち込み、ヘラで押さえて均します。
IMG_0102_1_600.jpg

Kino-izmではシーリング剤は30年対応のオートンイクシードを採用しています。
IMG_0098_600.jpg

内部ではフロアーを貼っていますが、元のフロアーを捲ってますのでボンドなどが残っており、凹凸が沢山あり、その凹凸を削るところに相当な手間が掛かっています、汗
IMG_9327_800.jpg

さてさて、、、
新築工事中のO様邸では、明後日からの断熱工事に備えて、壁面の貫通部分に現場発泡ウレタンを充填し、隙間を徹底的に塞いでいます。
IMG_2666_600.jpg

IMG_2653_600.jpg

サッシ廻りはシーリング剤で隙間を塞ぎます。
IMG_4912_600.jpg

さてさてさて、、、、、、、
Kino-izmタウンのF様邸、いよいよ着工しました。
先ずは地盤改良工事から、、、しばらく養生し、20日から基礎工事に取り掛かる予定です。
来月下旬の上棟を目指します。
IMG_9375_600.jpg

ほな、また、、、

木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ

差し入れ御礼

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

「絶対ダメ!」「後悔する」「損します」「やめとけ!」
人間は、肯定的なものより否定的なことに、2.5倍感情が動くとされていることを利用した手法ですが、こうしたネガティブアプローチを連発するインスタやYou Tube動画は見るのやめとけ!と建設系ユーチューバーが発信しています。
まさしくその通りと思いますね。
「家はまだ○○するな」というキャッチコピーで発信していた建設コンサルタントを思い出します。
これらはすべて否定的、しかしこういうメッセージ的な発信に目を止めるのもそれだけ不安があるからだろうと思います。
そうであるなら、こういう発信に目を向けないで実際に工務店やビルダーに話を聞く方が余程懸命だと思います。
そして話を聞いたときに、その相手が、例えば営業担当者や小さな工務店なら社長さんが如何に楽しそうに話をしているのかも洞察するのが良いと思います。
たとえそれが仕事だとしても、好きでやっているのと仕事と割り切ってやっているのとでは、提案の仕方も違うだろうし、結果も変わると思います。
家づくりの好きな工務店と出会うことが大切と思います。

さて現場は、、、
フルリノベのO様邸、断熱改修工事が終わり、石膏ボードを張り出しています。今のところ工程は順調です。
先日の打ち合わせ時にはたくさんの飲み物の差し入れをして下さいました。O様、ありがとうございましたm(_ _)m
IMG_0288_1_600.jpg

IMG_0294_600.jpg

外装改装工事のF様邸、外壁を張り出していますが、給湯器の配管は生活されているので取り外すわけには行かず、、、
サイディングを欠き込んで張っています。あとはシーリングで対応しようかな。
DSC_2631_800.jpg

新築工事のO様邸、
現場には施主様が段ボール箱にたくさんのお菓子を詰めて差し入れして下さいました。
休憩時のおやつは、ホッと一息つくのに貴重なアイテムです。
O様、ありがとうございましたm(_ _)m
IMG_4908_800.jpg

ほな、また、、、

木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ

大安吉日

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は大安吉日、地鎮祭や上棟には最適な日、橿原市・Kino-izm TownでFu様邸、地鎮祭を執り行いました。
祭典をお引き受けいただいたのは多坐彌志理都比古神社(おおにいますみしりつひこじんじゃ)という名の神社です。
9時に祭典を始める予定でしたが10分余り早く準備も整い、施主様ご家族もお見えになったので始めました。
宮司さんの祝詞奏上の声が静かな休日に響き渡っていました。
土地の神様に、これからの工事の安全と施主様ご家族のご多幸を祈念いたしました。
Fu様、地鎮祭、おめでとうございます!
いよいよ工事が始まります。
私たちと一緒に楽しい家づくりをしましょうね。
IMG_9979_600.jpg

さて、明日から新年度が始まります。
進級された学生の皆様、社会人になった方、異動になった方、転職の方等々、人それぞれですが後悔の無いように一日一日を歩んで行きましょう!

ほな、また、、、
木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
新築住宅建築中のO様邸、
外部と繋がっているところは全てこのようにして隙間を塞いでいます。
一液性ウレタンボンベやシーリング剤を使用して限りなく隙間ゼロを目指しています。
「そこそこでいいじゃないですか!」という工務店・ビルダーが大半ですが、それでは気密性能が高くなりません。
逆に中途半端な気密性能の方が隙間に漏気が集中して結露が発生しやすく、腐朽へと進んでしまいます。
そんなことになれば、終の棲家と願って建てた住まいが人生計画半ばで大改修や建替えを余儀なくされます。
それでも「そこそこ」でいいですか?と問いたいです。
私たちは家づくりのパートナーです、そのパートナーの選び方を間違ってしまうと将来、残念なことになります。
長持ちする家を建てましょう♪
IMG_4862_1_600.jpg

サッシの取り付けも終わりました。
シッカリとレーザーで水平を確認して作業を進めています。
IMG_4866_600.jpg

さて、事務所近くのKino-izn Townでは7件目の家づくりが始まろうとしています。
明日は地鎮祭、土地の神様にご挨拶いたします。
IMG_9936_600.jpg

外装改装工事中のF様邸、ベランダのアルミ製笠木手すりを取り外しました。
案の定、通気が塞がれていました。
建築したのはDハウス木造です。
Facebookに掲載したところ、業界ではチョー有名な工務店社長さんからコメントいただきました。
換気部材メーカーの社長さんも同じようにコメントをくださいました。
全国的にこの方法が当然のように施工されていた時期があるそうです。
私にはあり得ないことですが・・・汗
築20年の建築でこの有様ですが、今でも許容されてこのような工事をされているところが多いようです。
分譲住宅会社にと言わせしたところ施工方法は問題ないとのことのようです。
ちょっと勉強すれば笠木部分を塞ぐなんてとんでもないこととわからないのでしょうか?
このように塞いでしまうと壁体内の通気層が機能しません。
機能しないとどうなるか?⇒空気(水蒸気)が滞留し、結露を発生させます。⇒壁体内はカビの発生・腐朽してしまい防水層が機能しなくなります。⇒すると壁内に結露水が移動し室内の壁面にシミのように現れてきます。
家のために良いわけがありません。
これを許容する会社側の都合で考えてみると、、、瑕疵保険の10年は大丈夫ということにつながるのかもです。
長持ちさせることが目的ではなくて10年持てば良いという企業の考え方なのでしょう。
なんでやねん!
Kino-izmでは通気層を確保して壁体内の気流を止めないように工夫してきました。
IMG_9932_1_600.jpg

最近では、次のような換気部材がメーカーから販売されていますので採用しています。
※エンタレスミニ(ハウゼコ)
L1280583_800.jpg

壁体内の空気の対流は長期的にみると怖いです。躯体が長持ちしなくなります。
結露・通期の必要性を理解している工務店じゃないとこれらのことは知らないで同じように施工しているのかも知れませんね。
このようなことを理解して、
長持ちする家を建てましょう!

ほな、また、、、

木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ

1

カテゴリ

バックナンバー

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ