祝・上棟 in 桜井市

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
昨夜はふたご座流星群、流れ星好きの家内が寝室の窓を開けて深夜に空を眺めると言うとんでもないことをするもんだから、寝室の温度が20℃から9℃まで下がりました、寒
でも起床時の午前6時半には19度まで戻っていたので起きるのも寒くなく、朝食もいつも通り半袖Tシャツ一枚!
高気密・高断熱の住まいはほんっとうに快適、住みやすい、身体に負担が掛からない、光熱費が安くつく、良い事だらけなのです!!!
午前中、宇陀市・Nm様邸へ保証書のお届けにお伺いしました。
10月初旬にご入居され、ようやく丸1ヶ月の電気代が関西電力より届きましたがその額、なななんと7000円程度
蓄熱暖房機は使用されており、「リビングはもちろん、2階の寝室までポカポカ暖かく、天気の良い日は太陽の恵みもあるので暑いこともあります!エアコン未だ使っていません、もちろんファンヒーターなど暖房器具は他には使っていません!」と奥さま談

さて、今日は桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸、上棟の日でした。
L1230849_600.jpg

午前11時頃でこの状態、息の合った大工衆の手際が凄く良いです!
L1230867_600.jpg

L1230870_600.jpg

屋根上には断熱材「キューワンボード・61mm」を敷きつめます。
L1230880_600.jpg

L1230882-1_600.jpg

敷き詰めた断熱材の継ぎ目は気密テープでキッチリと留め隙間を無くします。
屋根仕事が完了すると見ることが出来なくなる部分、こういうところにもKino-izmの拘りがあります。
L1230883-1_600.jpg

断熱材を敷きつめた後には通気層となる垂木(60mm)を並べ、180mmのビスで固定します。
他社で15~18mmの胴縁(木材)を使って通気層と謳っている所が結構多いです。
壁面や軒部分から昇ってくる気流は屋根面を昇り棟換気から放出されますがその量は結構な量なのです。15~18mmではとても追いつかず、滞留の原因となり、時間とともに滞留した熱が断熱材を通過し、屋内に少なからず影響を与えます。
そのような事にならないよう(なったとしても最低限に止めるよう)ほんまもんの高断熱仕様の住まいを建てている工務店は通気層は最低でも45mmを使っています。
何度も言いますがKino-izmでは60mmが必要と考えています。
L1230896_600.jpg

上棟、最後の作業が野地板張り、これで完了
L1230899_600.jpg

ご家族全員で記念撮影(^^)
職人たち、私たちにも豪華な折詰を頂きました。
Ts様、上棟、おめでとうございます。
今日は一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)といい、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという大収穫を得られる日とされ、祝い事には凄く良い日なんですよー!
私たちKino-izmの職人たちで快適で暑さ寒さを感じないゼロエネ住宅を建てさせて頂きます。
忙しくて中々現場に足を運ぶ機会は少ないかも知れませんが、時間が許される限り、是非現場にお越し下さいネ!
L1230901_600.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

上棟前日

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
寒い寒いと言っていてもしゃーないですが、外は寒いです!
桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸
いよいよ明日は上棟の日です。
今日は上棟に先駆け安全対策の足場を架設しました。
日暮れまで職人さん達、寒い中、本当にご苦労様です!
天候も何とか崩れないようです良さそう、少しでも気温上って欲しいですね!
L1230834-1_600.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

上棟前々日

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは、寒
今日も冬将軍が元気ですね!
どの場所でも知人とお会いすると「寒いねー」という声が挨拶代わりでした。
現場も順調で、桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸は、、、
1階部分の構造材と2階床構造を搬入し、ブルーシートでガッツリと覆って万一の雨天に備えました。
恐らく雨が降る事は無いと思いますが念の為・・・

そういえば1~2ヶ月ほど前、続けて弊社の近所で他の工務店が建築を始めました。
どちらの工務店も構造材は養生せず雨ざらし、ひとつの工務店なんかは台風が来ているのに中途半端に上棟して放置(T_T)
そして4~5日濡れっぱなし、雨が上がると乾燥させるそぶりも無く、防湿シートを貼って工事を進めています。
おそらく工務店側からみれば年間の仕事の中の1棟なのだろうけど、その家の施主様は恐らく一生に一度の家づくりに違いありません!
こんな業者、出来れば無くなって欲しいと切に思います。

明日は安全対策の先行足場架設、そして明後日はいよいよ上棟です。
L1230824_600.jpg

橿原市・I様邸、昨日、基礎ベースコンクリートの打設を済ませ今日は型枠を組み、明日の立ち上がりコンクリートの準備。
今回も鉄筋は型枠のド真ん中を綺麗に通っています。我ながら惚れ惚れします(^^;;
木造の基礎の場合鉄筋に対するコンクリートも被り厚は40mm以上必要とされています。
その基準と照らし合わせても全く問題ありません。
i_kiso171212.jpg

寒い中、油まみれになりながら、皆、ガンバッテくれています。
L1230808_600.jpg

水廻りリフォーム・S様邸、
本日、クロス工事が完了、次は明後日、いよいよ最後の作業となります。
L1230829-1_600.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

上棟準備

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは・寒
冬将軍が暴れています。
冷たい風が吹くし、作業中、軍手していても手が冷たくてたまりません(x_x)

さて、いよいよ今日から桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸、上棟準備に取り掛かりました。
構造材を現場に搬入し大工の手で組んで行く作業です。
先ずは土台敷き、基礎のコンクリートの上に無造作に構造材が置かれているように見えますが、予めキチンと確認して配置ごとに並んでるのですよー!
IMG_3263_600.jpg
配置が終わるとこんな風↓になります。
綺麗になったでしょ!
L1230753_600.jpg

次はこの構造材の間に断熱材を敷き詰めて行きます。
使用する断熱材は「アキレス・キューワンボード、50mm×2枚=100mm」
恐らく県下ではこの断熱材をこの厚みで施工している工務店は他には無いかも・・・。
L1230763_600.jpg

敷き詰めた断熱材と構造材の継ぎ目は気密テープで留め、隙間を徹底的に塞ぎます。
こうすることで、目に見えない隙間からの外気の侵入を防ぎ、快適な暮らしを支えてくれるのです。
断熱材の作業後は床合板28mmを敷き詰め、養生して本日の作業は終わり
L1230777-1_600.jpg

作業完了の確認は日没後でした。。。
L1230779_600.jpg

明日は、ブルーシートを捲り、搬入する構造材を取り込みます。

水廻りリフォーム・S様邸、今日はキッチンを据え付ける工事を行いました。
橿原市・I様邸、基礎ベースコンクリートを打設、
橿原市・外装リフォーム・K様邸、今日は高圧洗浄が完了、明後日から本格的な塗装工事、
以上のように現場はそれぞれ順調に進んでいます。

んー、今日も現場日記でした(^^;

オシマイ
ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は少し早目のブログ更新です。

桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸、上棟準備に掛かっています。
プレカット工場より材木屋の作業場に構造材が納入され、早朝よりホウ酸による防蟻処理作業を行いました。
床合板も一緒に施します。
ホウ酸による防蟻処理の保証は通常の防蟻薬の5年に対して15年と3倍の保証期間が有ります。
ホウ酸は人体にも害が少なく、また一度塗布すると蒸発したり流れ落ちることが有りません。
躯体を白蟻から守る上での維持管理にも良い上にトータルコストも抑えることが出来ます。

作業方法はご覧のように、ビッショビショに塗布します。
※Kino-izmでは構造用合板は全て28mm、一番ぶ厚いものを使っています。
ほとんどの業者は24mmや12mmを使用しますが、12mmは論外だとして、24mmと比較するとたった4mmしか変わらないと思われるかも知れませんが、耐震性能に拘るためには少しでもぶ厚い方が床も頑丈で良いのでこの仕様としています。
L1230717_600.jpg

吉野郡川上村の木材協同組合から提供して頂いております吉野桧の土台と大引き、こちらもシッカリとホウ酸処理を施しました。
白く見えるところは塗布し忘れではなく乾くと白くなるのです!
L1230723_600.jpg

週明け、月曜日に現場に搬入します。
さてその現場の状況は・・・
今日はアプローチ周りのコンクリートを打設しました。
L1230732_600.jpg

長期優良住宅の必須項目である維持管理項目にあるヘッダー配管
オレンジの管が給湯、ブルーが給水管です。
ヘッダーを使う事で各使用する水廻り設備の水圧の変化を抑えることが出来ます。
また、管の素材は樹脂でできており自在に曲がる事と凍て・破損に対して強度があります。
L1230738_600.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ