全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁☂
今日はすごーい土砂降り雨+雷、ちょうど車を運転していても前が全く見えませんでした、汗
いつもは工務店業務が大半ですが今日は中古住宅のご案内を・・・
築9年、見た目はまだまだ綺麗でこのまま住めるかも、、、というようなレベル。
でも2階へ上がると所々クロスの継ぎ目に剝がれが目立ち、ロフトの壁面は全体的に継ぎ目がハッキリと判る上にシミのようなものも。
プランは皆さんが憧れるリビング階段です。
ということは冬場の暖房熱がすべて2階の各部屋に上昇し、特にロフトには暖められた空気が集まっているようです。
天井裏や壁面の隙間が外気との出入りを促し、ここで結露が起こっていると思われます。
この物件のことではありませんが、次世代省エネ基準と謳ってみたり、省エネ住宅と表記してみたり、、、これらの活字を見るだけで消費者は何となく省エネ住宅だと信じ込んでしまうんでしょうね!
だからこうしてクロスが剥がれたりシミがでても10年も経てばこんなもんと思い誰も家の建て方・性能に疑問を持つ人は居ないと思います。
悲しいですが、これがmade in JAPANのstandardなのです。。。
日本に住宅はこの程度なら当たり前、そんな風潮がいつまでたっても消えていかないのです。
もっともっとユーザーが自分自身の家族と家を守るために、勉強して欲しいと思います。
IMG_9410-1_600.jpg

床下も90ミリの大引きの半分以上が見えるのでおそらく断熱材の厚みは30ミリ?「とりあえず断熱材入れとこ!」レベル(^^)
IMG_9413-1_600.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

本当の高気密高断熱

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は3社の商社の担当者が来社して下さるアポイントがありましたが、そのうち1社がドタキャン。私、そんなに暇じゃないんです、だから約束はキチッと守って欲しいものです。少し時間が遅れたりすることは連絡下されば待つことも出来ますが、約束時間を20分すぎて、ドタキャンって!
ハイ、ボヤキはここまで。。。。。

で、高気密高断熱の住まいを積極的にご提案している弊社にとって、樹脂サッシは中でも重要な建設部材のひとつなのです。
その樹脂サッシ、ドイツ製・
エーデルフェンスターの案内にオスモ&エーデル社より来社して下さいました。
チャンバーと呼ばれる蜂の巣のような空気層が多数に区切られていることで断熱性と剛性を上げているところはKino-izmで標準採用しておりますYKK-apのAPWシリーズも真似して欲しいですね。
性能も高く、まだまだ日本ではごく一部の工務店にしか認知されていないそうで高性能の上を行く超高性能な住まいを建てている工務店を筆頭に一部のニッチなところで採用されているようです。
担当者が製品説明を行うにも、製品に興味を持ってくれそうな工務店が殆ど無いというほど、高性能について興味を示さない工務店が多いようです。
finstral1.jpg

finstral2.jpg

また、補助金申請のお手伝いを!ということで、来社された商社の担当者、断熱性能や気密性能について、さらにはZEHやLCCM住宅、リフォーム補助金などについて詳しく説明して下さった。
Kino-izmの平均的な性能を説明すると、取引先ではこれほどまで高い性能の住宅を建てているところはないらしく、Ua値が0.4を切り0.3台という話には「関西圏ではこれほどまで性能の高いところは僅かなのでは?!」という話もありました。
まだまだ奈良県はこの分野についての工務店の意識レベルが非常に低いです。

地球環境の劣化が懸念されている今、2020年の省エネ基準義務化も無くなりました、今後は国に期待しても省エネ基準すら見送られたように、国民のことを考えていない国には何も期待出来ません。
我々工務店が、例え1棟でも超高性能な住まいを目指さないと、良くならないのではと思います。
家づくりの際にはこういうことを知識だけでなく現場で実践できている工務店なのかそうじゃないのかでその家に住む人の将来も左右することとなります。
ナンチャッテ高気密高断熱が横行する世の中、本当の高気密高断熱の住まいを手掛ける工務店と出会わないといけない。
その為には、、、住む人も業者の言いなりで家を建てるのではなくシッカリと勉強して欲しいですね!

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
雷が鳴ると看板犬・桃太郎がビクビクし、仕事になりません、泣!

昨日、気密性能について書きましたが、今日はその件で3件も反響がありました。
「他社に中気密で良いと言われたが、気密はほどほどで良いのではないか?!」
「高気密って何を基準に言うのでしょうか?」
「気密を高くするために行っている作業は?」
以上の3件の質問でした。
先ず、中気密とは測定値○○~○○までという基準があるのか?
高気密についても基準ってあるのでしょうか?
残念ながら何を基準に高気密というのか?法律では断熱性能も同じく特に基準が決められていません。
だから、いい加減な業者も高気密高断熱と謳うし、その活字を見ただけで何かしら自分の家は性能が良いように錯覚されている人も多いと思う。
で、暮らして見て、「高気密高断熱なのに暑くて寒い」という声を時々お聞きしたり、相談を受けることもあります。
やはり高気密高断熱と謳うからには、Ua値がいくらなのか、、、C値がいくらなのか?、数値で公表していることが最低条件ではないでしょうか!
この数値が公表されていてこそ、他業者と比較することが出来、工務店選びのひとつの基準になるのではないかなと思います。
Kino-izmでは全棟、気密測定を行っていますし、全棟BELSの評価を取得しUa値の公表も行っています。
こんな工務店と家づくりしましませんか!

さて、香芝市・T様邸、建替え現場の解体工事も中盤を過ぎたところ。
現場に入ると、旧建物は無くなり、がれきの山、手作業で分別しながらトラックに廃材を載せていました。
順調に進んで、あと7日~10日程かな~と。。。
ta190611.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全棟気密測定

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

今日は大和郡山市・Nt様邸で気密測定を行いました。
気密測定とは家の外壁・床下・屋根面にどのくらいの隙間が有るのかを調べることを言います。
では、気密測定って何故必要なのでしょうか?
測定は家の中の空気を測定器のファンを廻して強制的に外へ空気を押し出します。すると家の中の気圧が下がります。
L1340336-1-1_600.jpg
外気と内気の気圧差が多ければ多いほど隙間が無くて、逆に気圧差が少ないと隙間が沢山あるということを調べることが出来るのです。
家の隙間が沢山あると24時間計画換気が計画通りに機能しないので家の中の汚れた空気を外部に放出することが出来にくくなります。
さらに、エアコンの空調管理も十分できないため、エアコンを稼働させるためのエネルギーが沢山必要となります・・・光熱費が沢山かかります。
そして、躯体内の隙間が熱橋(ヒートブリッジ)となり、結露が集まり、断熱材がその性能を発揮できなくなるばかりか、木材を腐朽させてしまい、劣化を促進してしまうのです。
これらのことが無いように気密測定を行い、もしか施工ミスによる隙間が有ればその時点で改修し、隙間を無くすことが出来るのです。
また、前回の測定時には躯体の隙間だけではなく、サッシの不具合も発見出来ました。これは測定しなかったら判らなかったことだと思うと、気密測定の重要性を改めて痛感しました。

気密測定の数値は「相当隙間面積(C値)」と表し、1平方メートルの中に何平方センチメートルの隙間が有るのかを表記します。
で、今回の測定結果は・・・
C値、0.3cm2/m2
「総相当隙間面積」という欄をご覧ください。
家全体で44cm2、この数値は「7cm×7
cm」の四角形で49cm2なのでそれよりまだ小さい面積に値する隙間しかありません。
L1340360-1-1_600.jpg

世間ではC値が1.0をクリアできない工務店が大半です。その中でKino-izmはどの現場でもコンスタントに0.3を実測できるようになりました。
中にはC値を高める私たちのような工務店のことを奈良県ではオーバースペックだと根拠のないことを言う工務店も多いです。
気密の必要性を知らなければそういうことを思うのかもしれませんが、躯体性能と性能劣化・腐朽、維持管理などを理解すれば気密性能がいかに大切かということが必然的に解るはずです。
C値0.3をコンスタントに実測し公表している工務店は県内では皆無に等しいですが、隣県ではもっと性能の高い住まいを提供している工務店が有るのも事実です。そのような工務店に追いつけるように、現場では隙間の出来そうな所の施工精度を高めるための徹底を行っていきたいです。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

見学会に参加しよう

| コメント(0)

IMG_9349-2_300.jpg全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は大和郡山市・Nt様邸で構造見学会を行いました。
見学会開催の告知をした際に午後の枠は直ぐに予約が入りましたが、偶然にも午後の予約のご家族が話を合わせたかのようにキャンセルとなりました。結果として午後からスケジュールを組めたので私としては非常に都合の良い一日となりました。
さて、午前中にお越し下さった30代のご夫婦、非常に熱心に私の拙い話をお聞きくださり、アッという間に予定時間をオーバーする90分。
色々とお話をお聞きする中で、何故キノハウジングに問い合わせして下さったのか?という話になり、、、その理由は・・・
ご主人様のお父様のお勤めされる建設関係の会社の同僚(先輩?)から「キノハウジングは拘った住宅を真面目に建てていて良いよ!(確かこんな風に話してくださったのじゃなかったかな、汗)」と推されたらしいです。
でもその会社、Kino-izmとは一度も取引をしたことがない会社ですが、一度社長さんがお越しになられお話をお聞きしたことがあります、その時の印象は、「良いものを広めたい」という熱心な方というイメージでした。
こんなところでもいい評判に感じて頂いてるんだナ~と嬉しくなりました。
良いものは良い、ダメなものはダメ、安かろう悪かろうではいけないといつも思いながら、家づくりをしていますが、こうしたことを継続して行っていることを少しでも評価して下さっているのかなと思います。

今までもこれからもコツコツと日々研鑽♪

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ