冷えは万病のもと

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

これから暑くなる季節にこんなブログネタはタイムリーではありませんがオンラインのニュースペーパーで次のような記事を目にしました。

人は冬に亡くなる確率が高い。
「冷えは万病のもと」と言われるように、人間は寒さに弱く、日本全国で冬(12~2月)の死亡率は他の季節よりも18%も高いデータが出ています(人口動態統計)。
冬の死亡率の増加は、特定の死因に偏って起きています。
最も多いのは45.8%も増える「不慮の溺死及び溺水」で、お風呂で起きています。
これは主に「ヒートショック」と呼ばれます。
次に多いのは、「急性心筋梗塞」32.1%、「心不全」29.9%、「脳内出血」29.1%で、循環器系と言われる症状が並びます。つまり、血圧の変動によって発症しやすくなるものです。これ以外に、「糖尿病」29.8%、「肺炎」28.9%も高い。これらの持病がある人にとって、冬は要注意な季節なのです。

「不慮の溺死及び溺水」の代表的なものにヒートショックがあり、自宅で発症することが多く、銭湯で罹患するという話を不思議と聞かないのには理由があります。
厚生労働省の調べで、ヒートショックによる死亡者数は年間1.9万人以上と推計されており、交通事故死2610人(2022年)の7~8倍にもなります。
これは、冬場の風呂場で高齢者が発症し、命を落とすことが多く、発症のメカニズムは、他の部屋より寒い風呂場で裸になり、熱いお風呂に入ることで、血圧が急変し、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすということです。
予防法としては、脱衣所やお風呂場と居室や廊下との温度差を少なくすることです。

銭湯の脱衣所はどうでしょうか、全く寒いとは言えませんね。このヒートショックをなくすだけでも、高齢者は寿命を3年ほど延ばすことができるとのことです。
冬対策がしっかりできていれば、死亡する確率を下げることができるのです。
言い換えれば死亡率を他の季節並みにできたら、人は6歳延命することになります。
では、死亡率を下げるためには、どんな対策をしたら良いと思われますか?
住まいの躯体【断熱性能】【気密性能】を高めることで家中の温度差が少なくなり、快適に暮らすことが出来るようになります。
温度のストレスから解放される【断熱性能】【気密性能】が如何に重要かということがこれでお解りいただけるでしょうか???
家づくりの際は、以上のことを優先して計画するべきだと思います。

さて現場は、、、
新築住宅建築中のO様邸、外壁の杉板張りが進んでいます。
IMG_5045_800.jpg

外装リフォーム中のF様邸では雨樋を取り付けました。
明日は足場の解体です。
IMG_5024_800.jpg

事務所では今月着工予定のSu様邸、外観パースの作成をしています。
次の打ち合わせ時にご覧いただけるよう作成を進めます。
IMG_0496_600.jpg

ほな、また、、、

木野芳弘の後悔しない注文住宅ブログ
ホームページ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉

カテゴリ

バックナンバー

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ