祝、上棟!!!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
昨日の上棟予定を延期し、降っている雨を見て「延期してよかった」と思いました。
雨の中、現場へ出掛けたのですが、途中上棟をしている現場を2件見ました。土砂降りの中職人さんたちが構造材の上で作業しているのを見ると大変危険に思うとともに、それ以上に構造材を濡らしているということにものすごく心が痛みます。折角乾燥させて今日の日まで養生していた木材なのに、みすみす解りながら濡らすなんて私の家づくりでは考えられません!

大淀町・ゼロエネ住宅・M様邸の現場では、1日延期した今日は最高の上棟日和となり、昨日のような寒さも無く汗がにじむ陽気で職人たちの作業も捗りました。
急遽1日延期となったことで施主様には立会って頂く事は出来ませんでしたが、お隣に暮らしておられるご両親が職人達へ昼食のお心遣いをしていただき、職人一同大変喜んでおりました。
さらに、私にまで手土産とご祝儀までご用意して下さっており、これも大変嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

さて作業の方は順調に進みましたが延べ床面積40坪オーバーで結構な作業量となり、予定の16時にはほぼ完了したものの片付けなどをしていると17時を過ぎてしまいました。
ダブル断熱でなければ15時過ぎには完了していたのですが、上棟後の様子を見てもそこまで判らないですね。
IMG_4980-1_600.jpg

屋根上の断熱材は61ミリ・キューワンボード
L1430447-1_600.jpg

断熱材を敷き詰めると日差しが反射してまぶしかったデス
L1430448-1_600.jpg

屋根上の作業を手際よくすすめるために、予め等間隔に固定するネジ穴を空けています。
穴が開いていますがこれは屋根上の気流を棟方向へ移動させるための穴です。気流が滞留すると熱がじわじわと屋内へ入ってきますからね。
L1430451-1_600.jpg

大工の作業が終われば屋根屋さんとバトンタッチ!
ゴムアスファルトルーフィングを敷けば雨が降っても構造を濡らすことはありませんので、Kino-izmではいつも上棟の日はここまで作業を進めています。
作業は17時40分頃に終了しました。
L1430466-1_600.jpg
ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉

カテゴリ

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ