断熱って冬のもの?

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も新規のお問合せが3件、そのうち2件がTELでした。
「断熱性能が高くなると夏場暑くないですか?」と。。。。。
最近この内容の問い合わせも増えてきました。
どうやら皆さん、寒い冬の季節では断熱材で住まいを囲って(覆って)熱を逃げないようにすることで家の中が温かくなるという事はなんとなく理解されているようですが、夏も熱が逃げないので暑くて暑くて過ごせないのでは...と思っておられるようです。
それは大きな間違いです!
確かに夏のような暑い季節、窓から暑い日差しを入れるだけで何の対策もしなければ暑いまま、しかし断熱性能を高めた上で夏の暑い日差しを遮断するような工夫を凝らした住まいであれば、いくらかの熱は入って来るだろうけどそれほど暑くはならないでしょう。さらに断熱性能が高いと僅かな冷房でも快適な室温を手に入れることが出来るはず、、、
もうひとつ大切なことは、気密性能ですね。
いくら断熱性能が高くても隙間があれば理想とする室温を維持できません、スカスカだと熱の出入りが自由ですからね。
こういったことをシッカリと学んで家づくりを進めて欲しいものです。

さて現場は、、、
高取町・ゼロエネ住宅・Md様邸ではオーダーメイドの階段の打合せを製作していただいてる木工メーカーさん立会いで大工を交えて3人で確認しました。
建材メーカーが販売している規格品だと施工も簡単ですが、味がないんですよね、しかも融通が効かない。まぁほとんどの工務店や建売業者、ハウスメーカーもこの手の階段を使っていますが、私はNGなんです。
他所には無いものを使いたいし、より一層丈夫なものにしたいですから。
L1460048-1_600.jpg

断熱工事も進んでいます。
L1460054-1_600.jpg

24時間換気のダクトもウネウネとしています。
L1460082-1_600.jpg

一旦帰って午後からはYKK-AP主催のWebセミナーを受講。
近大・建築学部教授・岩前先生の話は何度目でしょうか、、、まだまだ断熱性能について意識の低い業者が多過ぎるようです。
image_ykk-ap_livestream2021.jpg

さて、セミナー終了後、上牧町・ゼロエネ住宅・Yo様邸へ、
内装工事の真っ最中!
いつものように内装工事完了の目処と同時に設備や内装ドア搬入の手配を済ませていますが、納期の回答がまだ来ないものが出てきました。
これもコロナ禍の影響かも知れません。施主様に説明しないといけないようです。
L1460097-1_600.jpg

次は外装改装工事現場のF様邸
コーキング工事が終わり週明けまで養生期間
L1460101-1_600.jpg

来週の構造見学会、あと少し枠があります。
見学を希望の方はホームページお問合せフォームから【見学会希望】と記してお申し込みください。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉

カテゴリ

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ