補助金を活用しよう!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も晴天で少し肌寒いものの過ごしやすかったですね!

今朝、メールにて地域型住宅グリーン化事業事務局よりYa様邸のゼロエネ住宅の補助金の交付決定通知が届きました。
1年間の光熱費のデータを保管してもらわないといけないので早速お宅訪問。
ノーアポでしたが週末でご在宅だろうと勝手に(すみません)お伺いしました。
インターホンを押すと奥様がエントランスへ、、、お子様と、、、元気な姿を拝見出来ました。
8月にご入居され早3ヶ月、、、何か不具合など無いかお尋ねしましたが何も気になるところが無くて快適にお過ごしとのお声が、この声をお聞きするのが大変うれしいです。
国の補助金を受託するためには相応の知識が必要です。さらに補助金を受託してもそれ以上にコストアップになるようでは補助金を受託しても得にはならないという意識の低い工務店も大変多いです。さらに、正直なところ申請手続きには大変エネルギーについての知識と手間がかかります。その手間を嫌う工務店も多いです。その為ゼロエネ住宅の補助金毎年余っていると聞きます。
Kino-izmでは積極的にこのような補助金を活用しています。。。

さて、そのゼロエネ住宅(高度省エネ型)の場合、竣工時に省エネに関係する設備(給水栓・シャワーヘッド・エコキュート・エアコンetc)の納品書や出荷伝票が義務付けられています。
Ya様の場合もご自身で手に入れられたエアコンの納品伝票を手際よく業者に手配していただき取得して下さったので早々に事務局でも確認が出来ました。
1枚でもこのような納品書などの不備があるといつまで経っても補助金が交付されませんので我々工務店のみならず、施主様の協力も必要なのです。
光熱費1年分のデータ提供も念には念を入れてお願いしておきました。
外構工事はお父様の本業できれいに仕上がっていました。
iPhone11proのカメラは綺麗に撮れますワ(^^)
ya_ent191116-1_600.jpg

さて、夕方、Mi様とプランの打合せを行っていると、Kino-izmのオーナー様で実家が柿農家というN様が今年も採れたての柿を届けて下さいました。写真撮り忘れました(>_<) \(-.-)
N様、毎年忘れずにお届け下さり、本当に有難うございます。
打合せ中でゆっくりとお話しが出来ずすみませんでした。近々一度突撃訪問しますから、、、ネ!

明日は来年号「奈良住まいと暮らし年鑑」に掲載の写真撮影に木津川市・Tb様邸にお邪魔します。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ