住宅屋の仕事って?!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
あの忌まわしい災害から8年が過ぎました。
あっという間の8年ですが、当日のことを今でもハッキリ覚えています。
事務所のパソコンに向かって仕事していたのですがモニターがゆらゆらと目眩した時のように揺れました。
「疲れているのかな?」と思いつつ、忘れ物を取りに帰宅してリビングのTVから映し出される映像に釘付けになったことは言うまでもありません。

唐突ですが「住宅屋の仕事」って?!
何なんでしょうか?
ここ数日、というか年始からズーッとですがバタバタと慌ただしい毎日を送っております。
家づくりに関連する打合せ、新規の問い合わせで資料送付やお届け、商談、土地の仕入れも...と弊社にお声を掛けていただいた皆様、本当にありがとうございます。
そんな中で今、自分がやっている仕事のことを改めて思うのですが、家を建てる、買う、売るということに関わる仕事ってある意味、お客様の人生を左右する大事な仕事なんだなと思います。
強引な売込みで無理なローンを負わされ、支払いがきつくなり相談にこられた方も居られます。
何でこんなに高額なローンを組むの?と同じ業界で仕事をするものとして大変情けない話です。成績重視という組織の中では仕方がないのでしょうか?
人生皆それぞれの節目で、結婚・出産・入学・卒業・進学・そして...人それぞれ色々な出会いがあって、そのどこかで私とご縁があり人生の一コマに納めていただける。
それは大変嬉しくありがたいこと、だからこそ、その責任の重大さを理解し、そのご家族のことをシッカリと考えないと・・・
今一度、改めて身を引き締めなければいけないな、、、とつくづく考えさせられます。

写真は宇陀市・Ha様邸現場、
境界線上のブロック積みの様子ですが、これだけ雨が降ると作業できませんね!マタアシタです、汗
L1320530_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ