躯体検査

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは!

今日は大和の家vol.7-Yo様邸
ハウスプラス住宅保証の躯体検査と建築確認検査機関プラン21による中間検査を行いました。
図面通り、規格で定められた金物を使用しているか・・・、筋交や耐力壁はきちんと施工されているか・・・、床組みに使用している釘が規定のものか・・・等を隅々までチェックします。
当然のことですが、何も問題なく一発合格!
いよいよ外部にピッカピカの断熱材を張る工程に進みます。
写真は検査書類をチェックする検査官
L1070885-1_600.jpg

10月にご入居されました大和の家vol.6-Ma様
奥さまが、木材利用ポイントの申請用紙をお届けくださいました。
「新居は以前住んでいた住まいとは比べ物にならないくらい暖かい!」
「家の1階も2階も隅々まで暖かくて、玄関を出るまで外の寒さが解らない」と仰って下さいました。
Ma様の住まいはQ値1.71W/(㎡・K)
次世代省エネ基準で区分けされていますがⅠ地域(北海道)が1.6W/(㎡・K)、Ⅱ地域(青森、岩手、秋田)が1.9W/(㎡・K)なので、Kino-izmの1.71W/(㎡・K)の断熱性能に拘っているところがお解り頂けるでしょうか!

午後は、大和の家vol.1-Ni様が、、、
「USJに行って来ましたぁー」とお土産をお届下さいました。
いつまで経っても忘れないでどこかへ出掛けると何か届けて下さいます(^^)
Niさま、Aちゃん、どうもありがとうございました。
早速、半分ヤッつけました(`。´)ゞ
残りは明日に残しておきます!
マタオネガイシマス。。。(蹴)
L1070887_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ