大和の家・Mo様邸 の最近のブログ記事

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は定休日でしたが、午前中に天理市・Mo様邸、引き渡し立会い。
ユックリと確認してもらおうと思っていたのですが、お子様が熱を出しており少し不機嫌、早く元気になって下さいね。
さらにエアコンから漏水が見つかり、原因が解らず、、、その場では止まったのでいったん様子を持てもらうことに。。。
しかしやはり夜になっても再度漏水の連絡がありました。
ドレンのどこかで詰まっているのか?それとも機械的な問題なのか?
とりあえず先にドレンの確認をする手配を済ませました。
Mo様、完成おめでとうございます。
引き渡しの席で、いきなりのエアコン漏水が見つかり、大変申し訳ございません。
明日、対応し、明後日のご入居までに解決したいと思っております。

写真は、キッチン、GRAFTEKT by kitchenhouse、ポポラートというシリーズ。
大変大きな存在感です!
IMG_5324-1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

良い家は涼し

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
ジメジメ本格的な梅雨、皆様のご家庭でもエアコンを使っておられることと思います。
先日、完了検査を受けました天理市・Mo様邸、関西電力の入電が完了しましたので今日はエアコンの試運転を。。。
IMG_3719-1_600.jpg
雨戸も締め切った状態、南側テラスには深い庇を取り入れ、FIX窓があるものの直接日射が入ることはありません。
鍵を開けて家の中に入りましたら、ムッとする蒸し暑さもなくカラッとしていました。
24時間換気設備のモニタで室温を確認すると24度、この時点で外気温センサは28度、エアコンのスイッチを入れて温度設定を25度にするとほとんど動かないので23度に下げると、本体がフル稼働しているような大きな音。
しかしそれもものの数分でほぼ静止状態になりました。
ま、室温が高くないのでこのような動きしかしないのでしょうけど、これから真夏に向かって行く季節、きっと快適に違いありません。
快適と言っても、部屋に入ってすぐに涼しいと感じたり、冬場の場合、暖かいと感じることはダメなことではありませんが、それも長く続くと不快になってきます。
室温の設定は、夏も冬も四季を通じて快適と感じることのできる空間ではないでしょうか!
そしてその体感が家のどこに居ても同じように感じることが出来れば、より一層良いですよね!
家の中の温度差の無い生活(温度ムラという専門家が多いですね)が一番なのです。

さて、斑鳩町・Im様邸では断熱工事初日、ちょうど時間が有ったので施主様ご夫婦も夕方の作業後に現場に来られました。
アイシネン断熱材を壁面にパンパンに入っている様を実際にご覧になられて、ワオーって感動されていました。
日に日に進んでいく自分たちの住まいをご覧になられて、次々と形になっていくところをシッカリと目に焼き付けて下さいね。
完全自由設計の注文住宅ですから、、、ね!
L1400442-1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

いよいよ竣工

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は日差しがキツイものの幾分か風が冷たかったので外に居ても気持ちよかったデス(ほんまかいな!)

さて、天理市・平屋・Mo様邸、昨日美装工事が完了し、いよいよ後はダメ工事(業界ではこのように言います)といわれる、小傷などの修復工事のみとなりました。
丁度、ご主人様のご両親も一緒にお越し下さり、隅々までご覧頂きました。
自慢の平屋、是非一人でも多くの方に見て欲しいとの施主様のご厚意もございましたが、まだまだコロナ禍で人の集まるイベントは当分の間、控えておこうと思います。
折角、施工例をご覧頂ける良い機会だったのですが、次の現場でご覧いただけるように策を考えて行こうと思います。
楽しみにされていた方々にはたいへん申し訳ございません。

ということで、1枚だけ、リビングの写真を掲載させて頂きます。
大空間リビングを軸として主寝室、子供部屋、水廻りを配置しました。
リビングの傾斜天井は一番高いところで約4.0mあります、
大きなキッチンも存在感抜群!
IMG_3664-1-1_600.jpg

明日は早朝から五條市へ、、、
ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

高断熱の家は涼しい

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
蒸し暑い日が続きますね~、まだ6月初旬というのに今夏はどうなるのでしょうか???
外断熱の我が家、日射を遮蔽できるように窓の外にはシェードを取り付けています。
その為か、午後2時に昼食に帰宅しても2階リビングの室温は29度、チョッと暑いですがシーリングファンを回すと心地よい風を感じて汗も出ません。
シェードも付けないで日射をガンガン射れると室内も暑くなり、そして暑くなった熱気が高断熱性能のおかげで外部に逃げることが出来なくなります。
これを「高断熱の家は夏場暑い」とテキトーなことを言う一級建築士が居ます。
それはちゃうやろ!
断熱性能が良いと熱は逃げません、だから夏場は日射を遮らないといけないということも説明せず(説明が出来ないのか)、太陽の日差しをガンガン浴びれば暑くもなりますね。
でも、一旦空気を入替えてやれば一瞬のうちに涼しくなるんですよ、それでも暑い時はエアコンのスイッチON、するとすぐに快適な室温になります。
これこそが高断熱住宅の生活の仕方です。
「高断熱の家は夏暑い」は誤りです!

では今日も現場日記。。。
朝一、天理市・Mo様邸へ、
建物はほぼ完了、あとは竣工検査を受けるための前面道路のセットバック。
たった20センチですが、境界線上に積まれている石積みを撤去し、あるいはカッターで必要部分をカットして「ここまで道路後退してますよ~」と誰が見てもわかるように道路と敷地との間で構造物で境界線を示さなくてはなりません。
僅かなことなので費用も勿体ないのですが建築基準法で定められているので仕方が有りませんね
今月末にはご入居の予定です。
IMG_3639-1_600.jpg

次に向かった先は五條市・ゼロエネ住宅・Tn様邸
いよいよ着工です。
HEAT20・G2グレードクリアするUa値0.30W/㎡・Kの高性能住宅です!
今日はネットフェンスを取外し、重機を搬入して掘りはじめましたが結構固い地盤、家の為には良いですが、職人泣かせなのです、汗
IMG_3641-1_600.jpg

一通り現場指示の後、地元橿原市に戻ってきて今月中旬以降に着工のMt様邸へ、
当初現調は行っていますが、着工前という事で再度チェックしましたところ、ついていたはずの水道メーターが無くなっていました。
施主様本人もこのことはご存じありませんでした。
まさかメーターだけ無くなるとは、、、メーターを取り外す場合は止水栓も撤去し道路境界線下部で給水管をカットしておくのが一般的です。
元の地主さんサイドで何かあったのかも知れませんが、それであれば説明が有っても良いと思うのですが、、、???
とりあえず水道部に出向いて経緯を確認し、新設の申請をしなくてはならないのかどうなのかを確認しないといけません。
IMG_3643-1_600.jpg

さてさて、資料請求の問い合わせが増えております。
日常の業務を行いながら一軒一軒お送りしていますので少し時間を要しています。
お問合せ下さいました方々には、少しの間お待ちくださいますよう、宜しくお願い致しますm(_ _)m

さぁ、帰って夕飯食べよ~

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

今日も現場めぐり

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
緊急事態宣言が解除されましたね、昨日は出先で人が多いと感じましたが、今日は県内主要道路もスイスイでした。
で、一日中現場三昧で日暮れに帰社。。。
午前中は、斑鳩町・Im様邸、
この現場の上空には高圧送電線が走っており、金属製の屋根を施工する場合で水平距離が3m以内の場合、万一の時に備えてアースを取る必要があるとのことです。
30数年住宅建築に携わっていますが、このような現場は初めてで、今日は関西電力の担当者が正確な測量を行うとのことで立ち会いました。
image_earth.jpg

その結果、2.48mということでアース接地が必要との回答を先ほどいただきました。
しかもこの工事、個人負担で行わなければいけないとのこと、関電にどのような話をしても「法律で決められています」との一点張り。
それだけ重要な事柄だったら、土地の購入の際に不動産業者から説明を受けているはずなので、施主様にお尋ねしたところ、購入当時の契約書や重要事項説明書を引っ張り出して探されました。すると、別冊の参考資料の中に数枚の書面が挟まれていたのです。
しかも説明を受けた記憶がないというか、これだけ重要なことなら覚えているはずなのですが、おそらく関わった不動産業者は説明も疎かに書面を挟んでおいただけなのかも知れませんね。
こういう不動産業者、いつの時代も減りませんね!

さて、その現場、屋根の防水下地材はいつもの改質アスファルトルーフィング
アスファルトルーフィングとは異なる素材で、経年劣化も少なく、耐用年数が長いのでこの素材を使っています。
隠れてしまう部分ですが、屋根の上、雨から住まいを守る重要なものです。
IMG_3502-1_600.jpg

架設足場にはPRシートも取り付けました。
IMG_3503-1_600.jpg

さて、関電との立会い後、現場を離れて生駒市・Kg様邸へ
今日は断熱工事の日
Kino-izmではダブル断熱を標準としています。一般の充填断熱にさらに外壁の外側に断熱材を張る(外張り)付加断熱と言われます。
壁体内の充填にはアイシネン、外張りにはキューワンボードを採用していますが、断熱材には様々な種類のものがあります。
同業者の中には「外張りは危険だ!」と大した根拠も無く不安を煽っている業者が居ます。コストが掛かる上、施工精度が問われるものなので採用するだけの自信が無いのかな?
東北地方や北海道ではほとんどが付加断熱を施しています。確かにそれぞれメリットデメリットがあります。
それを理解した上で、どの断熱材が一番適しているのかを考え、採用すればいいと思うのです。
Kino-izmでは今はこの仕様が最適だと考えていますが、これから先、様々な勉強の中で現時点のものと採用する素材が替わるかもしれません。
しかしアイシネン、この工事が終わった途端、静かなんですよね~吸音効果があり、防音にもなります。
IMG_3507-1-01-1_600.jpg

生駒の現場を離れ、次は天理市・Mo様邸、
今日はキッチンの施工、採用したブランドはGRAFTEKT、Kino-izmのオフィスにも展示しています。傷や熱にも強い特殊なメラミン素材を使っています。
プランはポポラートと呼ぶキッチンとダイニングテーブルの一体型のものを採用しました。
IMG_3514-1_600.jpg
出来上がりが楽しみです。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8

カテゴリ

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ