ダイアリー の最近のブログ記事

日々前進

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

今朝の大阪北部地震、3名の命を奪い、相当な被害が出ているようです。
奈良県でも相当揺れたようです。
幸い、耐震等級3の我が家は2階リビング、そこそこの揺れを感じましたが、大事には至りませんでした。
Kino-izmオーナー様のご実家(築18年)では、地震によりガスメーターが止まりました。
メーターは振動によってガス供給をストップするような仕組みになっています。
給湯器の故障と勘違いされた住人のお母様は周辺の設備業者や、給湯器メーカー(TELがパンク状態だったらしい)よくポストに投函されるマグネットシートの業者にTELされましたが、いずれも数日先しか修理の手配が見込めないとの返答でお困りになっておられたところ、私に「何とかならないでしょうか」と連絡して下さったので状況と今朝の地震を考えるとガスメーターのストップが原因かもとお知らせし、リセット方法をガス会社に確認するように伝えたところ、直ぐに回復したと嬉しそうに連絡を頂きました。今夜暖かいシャワーが浴びれますね!
こういうチョッとしたことでも知らない業者が多い事、知っているのと知らないのとでは対応に大きな違いが出ます。
現在工事中の橿原市・M様邸でも施主様が心配して「お家は大丈夫ですか」と聞いてこられましたが、壁紙を貼っている職人に尋ねたところ、「全然大丈夫、震度1か2位かな?と思ってました、ラジオでその状況を聞いてビックリしてますねん」と話してくれました。
この住まいはもちろん耐震等級3、さらに制震機能も持ち合わせて設計しています。
吹抜けに設置したタワー型の足場もまったく揺れなかったと言ってました。
制震設計、これからは標準仕様にして行く方向で検討、というか決定しないといけない時代に来ているようです。

某地元ビルダーさんへ、
これでも「耐震等級は2で良い、3まで要らない」と言いきることが出来るのでしょうか?
こんな業者で家を建てられる方、本当に気の毒です。

さて、、、
橿原市・M様邸現場、今日は雨樋を掛けました。
足場解体もあと数日
IMG_5327_600.jpg

さて、先週KENTENという建材の展示会に参加して、取り入れたい品物のメーカーと詳細打合せを行っています。
今日はハウゼコという換気部材や板金部材のメーカーさんに来社頂き、詳しい説明を受けました。
軒先の通気、壁際の通気、棟の通気、壁体内の通気は水蒸気を溜めないことで劣化対策には外せない項目です。
ここをシッカリと押さえておくことで耐久性も延びるのです。
IMG_5319_600.jpg

屋根勾配5寸まで対応可能らしいです。
IMG_5322_600.jpg

軒先をシンプルに見せる為には適していそうです。
IMG_5323_600.jpg

この製品も標準仕様にして行こう・・・かな~~~と、どの程度のコストアップになるのか、見積りを取ることにしました。
日々前進、邁進、研鑽

さて、昨日はファーストプランをご提案したF様、ある程度ご希望に近かったようです。
これから数回、プランの打ち合わせを行い、プランを決定していく予定です。

さてさて、そして明日は、H様へファーストプランのご提案
ドウナルカナ?
気に入ってもらえるかナ(^^)

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日はつかの間の良い天気、明日日曜日も天気は良いようですが週明けからまたぐづつくような予報ですね!
橿原市・M様邸現場では外部の塗装の追い込み中
L1270819-1_600.jpg

L1270815-1_600.jpg

内部ではクロス貼りの作業中
L1270808-1_600.jpg

L1270798-1_600.jpg

来週末にはほぼ工事も完了です。
M様、待ち遠しですが、あともう少しお待ちください。

さて、今日は新しく請負契約を結びました。
たくさんの住宅会社を廻り自分たちの理想の住まいを実現しようと耐震性、断熱性能の仕様について詳しく尋ねると質問に満足な回答を出す工務店が無かったようです。
その中でKino-izmと出会い、見学会に足を運んで頂き、Kino-izmの住まいの"性能の高さ"や"拘り"をご理解いただき、最終的にお選び頂きました。
桜井市での家づくりが始まります。
Ta様、たくさんの住宅会社がある中でKino-izmをお選びいただきありがとうございます。
立派な住まいが出来ますよう、精一杯頑張ってまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
看板犬・桃太郎にも優しく接して頂き有り難うございます!
momotaro180616.jpg

明日は午前中、ファーストプランのご提案です。
宜しくお願い致します。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

今日は今現在のKino-izmの仕様について考えています。
ここ数日、次のオーナー様の為の着工準備、週末に契約を控えているお客様の積算、依頼されている3軒のプランニングと毎日慌ただしくしております。
その中で、今一度、改めて「いい住まいをつくるには・・・」ということをテーマに頭の中をリセットし考え直してみると、今まで耐震性能、断熱性能、気密性能という3つのキーワードを軸に進めてまいりました。
しかしそれだけではまだまだ十分ではないということも先日のKENTENセミナーで痛感しました。
劣化対策はどうなんだろう・・・と。
耐久性は・・・初期性能を長期間維持するためには耐久性がよくなければいけないし劣化対策に関しても無視するわけにはいきません。
震度7の地震が来ても倒壊しない強靭な躯体は全棟、構造計算を行い耐震等級3の認定を取得しています。その強靭な躯体を高い断熱性能(平均UA値0.43)気密性能(実測平均C値0.3)で守り、長期間維持できると思います。
そして床下や小屋裏はもちろんのこと、ベランダ笠木や軒先、壁体内の通気をロスの無いよう今以上に高い次元で考慮し、水蒸気・結露から今以上に躯体を守れるような高い耐久性を持たせる必要があると思うのです。
こんな言い方すると、それでは今まで耐久性については考えていなかったのかということになりますが、そんなことはありません。
ほとんどのビルダーが行っていないベランダ笠木天端の通気についても通気・水蒸気の移動の仕方など正しい理論に基づいて8~9年前から行ってきました。
しかしそれでもまだまだダメだと感じるのです。
劣化に対しても耐久性に関しても勉強すればするほどまだまだダメだと感じます。
他の工務店はこの部分をどんな風に捉えているのだろうか?
他社は関係ないですがそんな心配も出てくるのです。

次に着工する木津川市の住まいではこの辺りもシッカリと考え直し、大幅なKino-izmの標準仕様のアップデートを行います。
乞うご期待下さい!
もっと良い住まいをご提供できるようにならなくてはいけません。
 
ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

新製品導入

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は先日のKENTENという建設業界の展示会で見た商品のプレゼンにサイエンスさんが来社して下さいました。
その製品というのはマイクロバブルトルネード、浴槽のお湯にすごーく細かい泡を発生させて身体の皮膚の見えない隙間まで綺麗にしてくれるという製品。実験に参加しましたが皮脂が取り除かれ私のようなオッサンの肌がスベスベになりました。
これなら石鹸で洗わなくてもいいらしいデス

実は2~3年前にも見たことがあるのですが、その時は代理店だったのでしょうか?その後のフォローが全くなくて、、、
いくらいい製品でもこれではナ!と感じて導入を見送った経緯があります。
しかし今回はこの製品を製造しているメーカーさん、さすがアポイントも展示会当日に確認がありましたし、大変丁寧に解り易く説明して下さいました。

先ず、私の住まいに取り付けし自分で実感してみたい、それからKino-izmのオーナー様から(もちろんこれから建てて下さるオーナー様にも)ご提案できればいいな!
micro180612-1_600.jpg

micro180612-2_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
今日は日曜日、午前9時半より夕方7時前まで4組の打合せ、、、
一日で4組のお客様と打合せするのも久しぶりでした。。。
で、その内容は、、、
2世帯住宅のプランニング、ある程度プランも固まってきました。
2世帯なので子世帯のみでは前向いて進むことが出来ません。
ここはご両親にも詳細をご案内し、親子で進めるしか無いですね!

次の方は土地探し、、、
どうやって土地を探すのか、またはどんな土地が家づくりには最適か、そして評価も含めてお話ししました。

その次の方、
プランも確定し、見積もりもご覧頂き、Kino-izmで家づくりのスタート地点に立つことが出来そうです。

4組目の方はどの工務店に依頼をするのか???
いちばん悩むところですが、工務店のそれぞれの良さ、そして如何に自分たちの家づくりに合っているかを見定めなくてはいけません。
ファーストプランのご提案約束をしました。

工務店も様々です。
得手不得手の分野もあるでしょう。
でもどのような状況であれ、耐震性能と温熱環境は基本です。
ココを疎かにされる工務店では、知らず知らず素人さんでは解らない他の部分でも同じような判断をされているかもしれません。
家は建てただけで終わりではありません。
これから先、50年、70年と住み続けるためにも最初にしておかないと行けないことがあります。
それを出来るかどうかで、
住むのが楽、
家計にも楽、
身体が楽、という後々では買えないものを手に入れることが出来ると思います。

今日、お客様から聞かされましたが今も尚、耐震性能が最高等級の「耐震等級3」は必要ない、「等級2」で十分と言っている工務店があることに驚きました。
おそらく元々最低ラインの建築確認が受理されるギリギリのラインでコストを掛けずに家づくりをしているのでしょう。
そうなると「等級3」へ性能を上げるにあたり、相当のコストが掛かるのかも知れません。
でも、そんな選択肢有ってはいけないと思うのです。
阪神淡路大震災でも熊本地震でも多くの住まいが倒壊しています。
でもシッカリと構造計算(許容応力度計算)を行った、まともな「耐震等級3」の住まいは倒壊を免れています。
自動車を購入するとき、「ブレーキはどうされますか?付けますか?」なんて聞かれないでしょう。
それと同じことを言っているように思うのです。
耐震等級3は絶対必要です。
選択肢はありません。
家づくりをするに際し、こんな工務店と出会わないことを祈ります。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ