大改造リノベーション・A様邸 の最近のブログ記事

外壁はモルタル塗り

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も快晴☀いい天気でしたね!
天気が良いので新しく採用しました外壁の左官工事も捗りました。
先日、下地のラスを張ったところまでご紹介しました(コレね!)が、その後の作業をご紹介します。
モルタルを鏝で塗っていくという作業は他と変わりはありません。
下塗りをした後、上塗りを行っているところ
L1370245-1_600.jpg

モルタルってひび割れするイメージが強いうえに、作業効率も天候に左右されるのでサイディングという完成された板状の外壁材が一気に普及したのです。
でも今回採用したモルタルはひび割れがほぼありません。(皆無といったらウソかもしれないのでこの表現としました)
それは何故かというと、次の工程で網目状のネットを塗ったモルタルに埋め込んでいくのです。
L1370285-1_600.jpg

どうやって埋め込むかというと、、、木鏝でスリスリするんですよ。
L1370288-1_600.jpg

こうしてスリスリしていくとモルタルの中に綺麗にネットが沈んでいきます。
L1370298-1_600.jpg

で、一通り作業が終わった状態がこれです。
L1370209-1_600.jpg

しばらく養生すると水分が多少浮上ってくるのでもう一度仕上げの鏝擦りを行い、作業は完了となります。
こうしてモルタルの中にネットを埋め込むことでモルタル特有のひび割れを防いでいるんですね!

少しコストは掛かりますが、サイディングのような色褪せや劣化、継ぎ目のコーキング劣化の心配もありません。
さらに仕上げた表面の優しさと言うか柔らかさは唯一無二の住まいには相応しいと思います。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

お陰様で・・・

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
おはようございます☀
毎日夜にブログ更新していますが今日は朝から・・・
昨日、Kino-izmのオーナー様より、来客のクルマが家にぶつかった~驚!とTELがありまして、その様子を見に行ってきました。
予想外に大した破損もなく、何とか水切りだけ取り替えれば良さそうでホッとしました。
早速、修理の手配を行いました。
IMG_0811-01_1_600.jpg

さて、フルリノベーション・A様邸、
昨日はキッチンの据付、
2階キッチンは資材の搬入だけでも相当な時間を要し、日暮れに現場に行った際、まだすべての作業が完了しておりませんでした。
2人の職人も丁寧に仕事をしているところを見ると、これだけの時間が掛かるのも頷けます。。。
内装工事前に先行してキッチンの据付を行ったので、吊戸棚やカップボードにクロス張りのパテ処理の際にキッチンに掛からないように養生しているところも、当然の仕事かもしれませんがその丁寧さに感心しました。
こういう職人たちに支えてもらって私の責任も果たせるのです。
ほんとうに有難いことです。"お陰様で"とはこのことを言うのだと思う。
L1370124-1_600.jpg

さて、今日はこれから1件のご家族にご来店いただき、打合せです。
そして午後は、脳みそフル回転でプランニング・・・・・

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

新しい仕様の採用

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
全面改装工事を行っているA様邸、いよいよ外壁工事に着手しました。
一般的には通期胴縁を取り付けて・・・
こんな感じにね!
L1360962-1_600.jpg

この上にサイディングという窯業系の化粧板を張るところが大半です。
Kino-izmでも従来はそのようにしてきました。

ですが、今回は違います。
サイディングはケイミューやニチハという主要メーカーが取り扱っていますがその板材のデザインのサイクルがとても早く、5年経過すると万一の修理や張替えの際、既に廃盤となっていることも多々あります。
実際、そのような住まいを経験したこともあり、何とかできないものかと色々と考えているところです。
そこで何度か導入を勧めて頂いた軽量モルタルを採用してみようという事になりました。
モルタルというと重量が重いように感じますが、軽量モルタルと言われる通りその重量は16.5kg/m2とサイディングとほとんど変わりません。
しかもサイディングのような継ぎ目も出ませんし、将来のメンテナンスの際にも表面の塗装を塗り替えるだけで良いというところにも気持ちが惹かれました。

通気胴縁の上にはラスを張ります。
L1370112-1_600.jpg

この網目状のところにモルタルを塗り込んで行きます。
モルタルというとひび割れが心配ですが、このモルタルはちょっと違います。
この後の工程はまた後日、このブログでお話ししますネ!

少しでもいいものを見つけたら積極的に取り入れていきたい、Kino-izmはこうして進化し続けたいと考えています。

さてさて、先週の土曜日から始まっています地元橿原市・ゼロエネ住宅・Yu様邸
昨日までの手作業とは違い、今日は重機を搬入して鉄骨の躯体を一気に解体していきました。
直ぐ目と鼻の先で仮住まいされる施主様もこの作業を見て、「長い年月家族が暮らしてきた住まいが無くなっていくのも悲しいものですね」と言いながら、「新しい家が楽しみなんです!」と付け加えてくださいました。
そして、たくさんの方に家づくりの参考にしていただけるよう公開して下さいとご協力して下さることになりました。
例えば、基礎工事の配筋の状況(鉄筋が組み上げられている状況)や、上棟時、構造体、断熱、気密測定など、家づくりには欠かせない重要なそれぞれのポイントで公開させて頂く事としました。
是非、Kino-izmの家づくりをじっくりとご覧になりたいと思われている方はホームページのお問合せ欄からご予約して下さい。
この住まいも新しい設備や仕様を導入します。
Kino-izmの拘りが沢山詰まった世界にたったひとつの家づくりなのです。
L1370113-1_600.jpg



ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
台風20号が温帯低気圧になりましたが紀伊半島南部を襲っているようです。
そのせいでしょうか、地元橿原市も強い雨が降り続いています。
台風が温帯低気圧になったからと油断は禁物ですね。
皆さんも十分にご注意ください。

さて、今日はフルリノベーション進行中のA様邸で気密測定を行いました。
リフォームでまさかそこまでしなくても...と言う人も居ましたが、やはりここは、自分たちが新築と同様にシッカリと気密性能を確保し、快適な住まいにするためにも測定は必須と判断しました。
元の床を捲り、断熱材を敷き込み、隙間が無いかのチェックをしながら工事を進めてきました。
壁面も屋根裏面も同様に「どうすれば隙間を塞ぐことが出来るか?」ということをどの工程でも油断せずに検討を重ね、修正をしながら本日の気密測定へと進めてきたのです。
L1370008-1_600.jpg

それは、例えば下の写真のように、玄関ドアの敷居の下部、見落としがちなのですが、測定をすると必ずと言っていい程この部分からの空気の流入があります。
今回もシッカリコーキングを打ち込み、隙間を徹底的に塞ぎました。
それでも、、、僅かな隙間を無くすことがなかなか難しかったです。
L1370007-1_600.jpg

で、最初の測定で期待値以上のC値0.6cm2/m2を測定したのですが、隙間特性値が想像以上に悪かったので所々思い当たるところをチェックし、2度目、3度目と測定しましたが改善せず、逆に測定数値が悪くなってしまいましたがこれは誤差の範囲だろうと立ち会った気密測定士のジェイベック大阪営業所長・高田氏も判断、
排水管を塞いていたテープが外れていた為、そこを再度塞ぎ、最後のチャンスと4回目の測定をしたところ、
測定値はC値0.5cm2/m2と新築でKino-izmが推奨している数値をクリアしました。
L1370012-1_600.jpg

当然のことながらホッと胸をなでおろしました(^^;
新築ではKino-izmの知識と現場の職人たちの技術では簡単にクリアできる数値ですが、リノベーションの場合は少し工程も異なりますし、なかなか難しいものだと感じました。

気密性能は断熱性能と並んで家づくりでは非常に重要です。
中気密とやらを訴えている工務店もありますが、それは知識・技術が無いだけで、言い訳にきれいごとを並べているに過ぎないと思います。
住まいの空気環境をクリーンに保つためにも、そして家の隅々で温度差の無い快適な暮らしを手に入れるためにも、気密性能は非常に重要です。
熱気球を思い出してみてください・・・気球内部の空気をバーナーで熱することで軽くなった空気が気球を持ち上げてくれます、しかし気球に穴が開いていたら・・・浮かないでしょう???
コップに入ったジュースをストローで飲む時を思い題して下さい・・・ストローに穴が開いていたらジュースは飲みにくいですよね???
これらのことが家の中で起こっているのです、せっかくの換気計画も隙間があれば計画通りに機能しません。
冷暖房も同じことです、せっかく暖房をして室温を高めても隙間から温かい空気が外部に逃げてしまったらどうなりますか?逃げた暖気の分だけ外の冷気が家の中に入ってくるので足元がスースーするんですね。冷房期も同じことが起こっていて空調機器がフル稼働を続けることになり光熱費も高くつくことになるでしょう。

まだまだ言いたいこともたくさんありますが、先ずは最低限これらのことを理解して欲しいものです。
家づくりには気密性能はとっても重要なのです!!!!!

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
Kino-izmでは玄関ドアのカギを電子キーにされるお宅が増えてきました。
今日も大改装して築5年のSe様より「玄関キーが電池切れで反応しない、近くのショップなどに行ったけどどこも対応してくれない」とのこと。
困っておられるだろうなと思い、予備に保管していた電池を持って訪問。
簡単に交換でき、改めてキーの設定もせずに済みました。
で、ご褒美にプレミアムモルツもらって帰りましたとさ、チャンチャン(^^)
どうしても電池であればいつかは交換しなくてはいけない時が来ます。
こんな時には即座に駆けつけてあげたいと思うのです。
喜んで下さる顔を見るだけで私は満足なんです。
施主様のお家が近いっていうことはこういう時もお互いに便利です!

さて、こちらの大改装現場、A様邸も着々と進んでいます。
窓の周囲の気密性能が少し弱そうなので気密テープを張りました。
発砲系の断熱材を充填するのが一番いいのですが機械のノズルが狭すぎて入らない等諸問題もあるので仕方がないところです。
「温かい家に住みたい」との強い願いに応えなくてはいけませんからね!
新築ならこのような事も少ないのですが、、、
A191018-1.jpg

屋根のガルバリウム鋼板葺きも作業完了、こちらもコンマ5と呼ぶ一般的な鋼材よりも分厚いものを使っています。
A191018-2.jpg

階段の取り付けも完了、もちろんこちらの現場も建材メーカーの既製品を使うのではなくて専門の工場へ特注により手配したものです。
A191018-4.jpg

ALSOKのメイン操作盤を取り付けるニッチも出来ました。
操作盤は厚み6cmあります、壁にこれほどの出っ張りがあると何か物をぶつけてしまいそうですから、そのようなことの無いようにニッチにしました。
改装工事なので元々の構造も何らかの傷がついていたり凹んでいたり...色々あります。。。でも使えるものは勿体ないのでそのまま使っています。
A191018-3.jpg

今日はこんな感じの業務日報でした。
明日はT様、Y様、2組のご家族のご来店いただき、プランニングの打合せを行います。
T様、Y様、どうぞよろしくお願い致します。


ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ