お土産万歳

| コメント(0)

まもなく築5年になるYo様がお子さんと一緒に遊びに来てくれました。
旅行のお土産を届けに来て下さったのです(^^)v
ま、どーぞどーぞ、とお話しをする事、あっという間に90分
二人のお子さんた
ちはMomotaroと遊んでました(^^;;
「他の建築会社で建てていたら今のこんな関係って無かったでしょうね」と話して下さったのにはたいへん嬉しかったです。
そう、家づくりの話だけならず、現在6歳と3歳のお子さんの習いごと、教育、子育てともうお客さんと業者の関係は通り越してしまってひと回り以上若いYo様が弟のように思えるのです。
Kino-izmのオーナーさんの中にはこういう人間関係でお付き合いしている方々が多く居ます。
殆どの業者って家を建てたらそれで終わり、まぁ良いとこ最低限の点検に出向く程度です。
また、その担当者も変わるだろうし、第一、家づくりに関わった担当者が退職していて居ないってことも良くある話です。
そんな家づくりはしたくない、させたくない、そんなことをずーっと考え、スタッフを増やすことなくここまで一歩一歩コツコツと歩んできました。
中には会社の規模が小さいと言ってKino-izmとご縁の無かった方も居られました。
でも良いんです。
選ぶのは私じゃなくて、建てる人なのだから、、、
ってなことを思う日曜日でした。
でYo様から頂いたお土産は、コアラのクッキーとカンガルーのジャーキー
クッキーは既にポリポリとお腹の中へ
ジャーキーは今夜ヤッつけます(`。´)ゞ
Yoさま、いつもお気遣い頂きありがとうございました。
IMG_8569_600.jpg

午後は久しぶりにピアニストのリサイタルを聴きに行って来ました。
ピアニストは青柳 晋さん。
コンサートホールなどの大きな空間じゃなく、普段はカフェとして営業されているカフェ・アンジェスというお店です。
オーディエンスが30名ほど、小じんまりとした空間でこれほどのピアニストの演奏を眼の前で聴けたという事も大変貴重な時間でした。
46歳とは思えない若さ、パワフルでヘビーな一時間余り、心が研ぎ澄まされると言うのか、午後2時からということで眠くなるかもと思いましたが、ずーっと聴き入ってしまい、時間の経つのが早かったです。
カフェ・アンジェスさん、どうもありがとうございました。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

日々勉強!

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
近所の人たちと顔を合わせると皆さん最初に出てくる言葉は「暑いね~」

で、2件進行中の現場は・・・
田原本町・No様邸
ベランダの手摺を取付けました。
L1100802-1_600.jpg
週明けには雨樋取り付け、そして光触媒の塗布工事です。

三郷町・M&H様邸
内部の造作工事も順調に進んでいます。
L1100814-1_600.jpg

石膏ボードへのビスの打ち込みも150mm以下の間隔という規定が有ります。
コストを掛ければ印字している石膏ボードもあると聞いたことが有りますが、少し知恵を絞ればコストを掛けなくても出来ると言う事をSyuhei君が示してくれました。
ビスの間隔が等幅だと仕上がりも凄くきれいです。
気持ちが良いですね。
日々勉強!
L1100810-1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

熱中症にご用心を!

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆☆☆
毎日暑い日が続いています。

今日は、お世話になっている知人の息子さんの勇姿を一目見ようと佐藤薬品スタジアムへ出掛けました。
ネット裏の最上段あたりに陣取り、応援しましたが残念ながら敗退してしまいました。

高校へ入ってから毎日毎日甲子園へ出場する事に目標を置き、厳しく辛い練習に汗を流し励んできたことでしょう。
そしてそれをサポートするご父兄の皆さん、学校の関係者の方々、大変ご苦労が有ったと思います。
我が家の二人の息子たちも同じく高校球児だったので良くわかります。
Yくんへ、
確か我が息子たちが少年野球で地元の大会の開会式の際、グランド脇の芝生に座り、小さなお弁当を開け、ぎこちない左手でフォークを持ってソーセージを頬張っていたのをハッキリと覚えています。
その子が今日はマウンドの上で大きな勇姿を見せてくれました。
その姿を見て、何故かわかりませんが胸が熱くなりました。
ええ球投げてましたよ!
甲子園へは出場できなかったですが、一生懸命に努力してきたということには変わりません。
この経験は将来必ず自分自身の為になると思います。
ほんとうにお疲れさんでした。。。
150724_600.jpg

応援に出掛けた球場で、大して暑いと思わなかったのですがスタンドから下りる時に目まいと悪寒が@@@@@
軽い熱中症だったのかもしれません。
油断はいけませんね!
皆さんもご注意ください!


ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

気密測定物語

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
奈良県の今日は一日中雨が降っています。
早朝、H26ゼロ・エネルギー化推進事業のTa様邸へ、、、
実績報告書に添付する写真が少し足らず、写真撮影にお邪魔しました。
その後、三郷町・M&H様邸へ、
今日は気密測定の日。
では、その模様をダイジェストで・・・
外断熱のKino-izmの住まいは外部で予め断熱材を張り詰め、開口部との境目は気密テープやコーキングでシッカリと処理をしているので気密は取りやすいです。
完成すると隠れてしまう部分ですが、この部分には惜しみなく手間暇を掛けています。
しかし屋根と壁との境目だけは隙間が出来やすいので、隙間を無くすため必要最小限の現場発泡ウレタン断熱材を吹付けます。
これ以外に在来工法の場合、羽子板ボルトの木材貫通部分やホールダウン金物の周辺が隙間が出来やすいです。
ちょっとピンぼけ(^^;;
L1100766_600.jpg

そして気密測定器を据え、いよいよ測定開始。
測定器のファンを廻し、内部の空気を強制的に外部へ送り出します。
この時、隙間が有ると内部が負圧になりませんが、今回は・・・
L1100741_600.jpg

雨天という事もあり、湿度も高く、養生テープで留めていたフィルムがバリバリと剥がれ出しました。
「おいおい、こりゃ剥がれるかも知れないから押えていないといけないナ!」と言いながらテープを押えながら測定は進みます。
L1100748_600.jpg

床下収納庫の切り込み部分もシッカリと密閉しましたが、
L1100750_600.jpg

測定が進むと内部が負圧になるため、フィルムが膨れてきました。
下の写真でフィルムの膨れ具合が解るでしょうか?
L1100754_600.jpg

結局1回目の測定で、テープが少し剥がれてしまい隙間特性値が予想以上に悪かったので、再度測定をし直しました。
二度目もご覧の通り、フィルムが内側に膨れているのが解るでしょうか?
建物に隙間が有るとその隙間から外気が入ってくるのでこういう現象は起りません。
L1100758_600.jpg

で、測定結果は・・・
C値0.5cm2/m2(厳密に計算すると0.46cm2/m2)という大変気密性能の高い測定結果でした。
L1100763_600.jpg
測定士の小野寺さんは、Kino-izmの現場で安定して0.5cm2/m2というかなり高い性能数値が出ていることに関して、如何に丁寧な施工をしているかということが明確に解ると説明してくれました。

Kino-izmでは、全棟気密測定を行い、それぞれ個々のC値を測定しています。
こうすることで、万一、相当以上の隙間が見つかった場合は、その場で改善し、隙間を少しでも無くすよう施工しています。
完成してからでは修正のきかない部分、そしてこれは快適な住まいを手に入れるには一番大切な作業のひとつなのです。
高断熱と言っていくら性能の良い断熱材を使っても、気密性能が優れていなければ、折角の冷暖房熱を逃がしてしまい、快適な住まいになりませんし、光熱費も高くなります。
快適な住まい=「高断熱+高気密」なのです!!!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

また台風?

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
梅雨も明けて湿度も低くなってきました。
ジメジメはほんとうに嫌です。
さてさて、台風12号が温帯低気圧になったのにまた復活し、日本へ近づいてきています。
ってことで、現場足場の養生シートはもう少し括っておこうと。。。

三郷町・M&H様邸の様子は・・・
L1100721-1_600.jpg

こちらは丘陵地で風通しも良く、しかも通る風が街中より冷たくて気持ちイイです。
とはいっても、職人たちはシャツを汗で濡らしながら作業に励んでくれています。
ほんとうにご苦労様デス!
L1100722-1_600.jpg

明日はこちらの現場で気密測定を行います。
高断熱といっても気密性能が低いすまいは断熱性能を上げても隙間から熱(エネルギー)が出入りし、快適ではなくなります。
光熱費もそれなりに膨らむでしょう。
熱が出入りすると言う事はその道筋周辺で結露が生じると言う事、
結露が生じるとカビが発生しダニがわく、、、
アレルギー体質の方は体調に現れるでしょう。。。
そんな住まいを高断熱、中には超高性能住宅と謳っている工務店もあります。
「断熱性能は30年後、50年後も変わりません。」なんて良く言えたものだと呆れてしまうともに「嘘はアカンがな!」と怒りさえ感じます。
結露が生じると間違いなく断熱材も傷み朽ちて行き初期性能を維持できなくなります。
断熱性能だけでは快適にはならない。
気密性能を高くしてこそ、断熱性能の将来も約束され快適な住まいを長い年月維持できると思うのです。
断熱性能と気密性能はセットで考えるべきです。
文才のない私ですが、精一杯脳みそをフル回転させて、こんなブログを書いていますが、これから住まいを建てようと考えておられる方々には、ご自身でシッカリと正しい知識を身につけて、工務店の選択を誤らないようにして欲しいと願っています。
これからもこういう事をもっともっと発信していきたいデス。

さて、今回の気密測定はどのくらいの数値が出るのでしょうか?!
楽しみなのダ!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ