全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☀
今日は良い天気でした\(^^)/

現場は休み、
でも、チェックしないといけない事があって高取町・Nm様邸現場へ、、、
アンカーボルトの位置もOK、給排水のヘッダー管も確認できました。
L1110982_600.jpg

さて、、、
先日、ホームページよりお問合せ頂きましたご夫婦が初めて来店して下さいました。
Momotaroも愛想を振りまき、一応看板犬としての任務を果たしていました(笑)
IMG_6565_600.jpg
現在土地探しをされているようで、良い土地があってもその分譲会社の建築条件付きがほとんど、しかも建物との総額にたいして、それだけの価格の価値があるのかと疑問を感じておられます。
奈良県の住宅業界は不動産会社の分譲が多くて土地と建物をセットで建てる建築条件付きの分譲が非常に多いです。
その不動産会社もシッカリと建築の事を熟知し、建てる方(施主さん)に的確なアドバイス・ご提案が出来れば良いのですが、営業マンの知っている事といえば、坪○○万円です、とかキッチンは○○製、システムバスは○○製というような見える所の話ばかりで、いざ建物の躯体性能「耐震性」「断熱性」の話になると素人同然です。
さらに、「弊社は建築請け負ってます」といっても、下請けに丸投げっていうところがほとんどです。
このようなところで一生に一度か二度といわれる家づくりを依頼したところで、末永く快適に満足する家が手に入るとは到底思えません。
やはり住宅は住宅会社で建てないと、、、さらに下請けに投げるんじゃなくて完全に自社施工出来るところが望ましいと思います。
そしてある工務店の「実際に建築したものです」という提案書を拝見させて頂きましたが、
間取りを見ると収納が無く、玄関土間、ホールも狭く、とても注文住宅というには???でした。
割安感をもたせるにかどうすれば良いか・・・と、施主様の立場ではなく自分たち工務店の立場で提案しているように見えました。
断熱性能についても、自社のこだわりをシッカリと説明できないようです。
んー、これ以上ここでは申し上げることはできませんが、、、
断言できる事は
住まいを建てた後で、
後悔しないでほしい・・・本当にそう思います。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

気密測定

| コメント(0)

全国のkino-izmファンの皆様
こんばんは☆
昨夜は爆弾低気圧で我が家の周辺も突風が吹きビックリしました。
予めベランダの椅子テーブルや、植木を仕舞っておいたので事なきを得ました。
ただ、雷の稲光や突風の音にはMomotaroがすごくビビってしまい中々寝る事が出来ませんでした。
っちゅーことで今日は少し寝不足気味(^^;;

で、現場は、、、
奈良市・Iw様邸、外壁の工事も残りわずかです。
L1110965-1_600.jpg

今日は気密測定の日、
ある工務店の社長は「全棟測定しなくていもわが社のC値は把握している」とか、
「全棟やらなくても同じ仕様なんだから、そんなに性能が変わる事ないでしょ!」とか、、

おいおい、そんなことは無いですゼ!
いくら同じ仕様で建てていてもそれぞれ間取りも違えば、床面積も違う。
真四角な家もあれば凸凹の多い住まいも有るのです。
同じ仕様で建てていてもそれぞれ測定してみると異なる場合があって当然のことです。
住宅は工業製品じゃありませんからね!

ということで、Kino-izmでは全棟、その都度、気密測定を行っています。
今回は、3度の測定を行いました。
その理由は、1回目の測定値があまりにも悪くC値
1.5、
悪いと言いましても、一般の住まいよりは遥かに良いのですが、通常0.8~0.4あたり、目標値を0.5としているKino-izmにとっては大変なことです。
ましてや1.0が切れていないなんて!というような思いで、皆で、どこから空気が漏れているか確かめたところ、キッチン用の換気扇ダクトに塞がれていたシールが外れてしまっていました(汗)
測定士の小野寺さんの言葉をお借りすると
「通常、ダクトのシールが剥がれていたら測定不能となるケースがあります」とのこと。
つづけて、、、
「そんな状況で測定できるとはすごく気密が高いと言えます」と。

改めて測定し直しましたところ、数値は0.8、
再度ダクトやスリーブの貫通部分を見て回り、3度目の測定で0.7という数値が出ました。
日ごろ、目標値0.5としているKino-izmでは少し課題の残る結果となりましたが、改善策を考える必要がありそうです。
0.7という数値は決して低い数値ではありません。
むしろ高気密住宅といわれる部類に入るもので、全国的にもトップグループの仲間入りが出来る数値なのです。
1.0も0.5も五十歩百歩という人も居ますが、私は「そんなことはない」と思う。
やはり築後、長い年月でここに住まう人にとって、快適な空間を永遠に維持するためにも、工事中に我々がシッカリと汗を流し少しでも良い住まいを建てないといけないと思う。
L1110977-1_600.jpg

L1110980-1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

10月初日

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日から10月、今年もあと3ヶ月(気が早いゾ)

さて、、、
現在進んでいる現場は、
奈良市・Iw様邸
壁面の石膏ボードの大半を張り終え、天井裏の断熱材を仕込む手前です。
天井裏には高性能グラスウール105mmを2枚重ねて210mm厚としています。
ん、隠れてしまうところですが、快適な住まいを手に入れるには欠かせない作業です。
大工工事も終盤に差し掛かってきました。
L1110931-1_600.jpg

高取町・Nm様邸は、、、
基礎工事が完了し、給排水管の仕込みに取り掛かりました。
作業担当は橋本設備の橋本クン!
ブログに載ると子供さんが喜ぶらしい(^^)v
橋本クン、丁寧な仕事、いつもありがとうございます。
どうもこの写真はカメラを意識しているようです(笑)
L1110925-1_600.jpg

明日は、奈良市・Iw様邸で気密測定を行います。
これも大変大事なのです。
Kino-izmでは全棟気密測定(C値測定)を行っています。
C値とは・・・床面積1.0m2当たりどれ位(何cm2)の隙間が有るかを表した数値
この数値が小さければ小さいほど、隙間が少なくて冷暖房効率が上がり、計画換気効率も高くなります。
一般的な木造住宅(県内の建売住宅など)・・・5.0cm2/m2
高気密住宅・・・1.0cm2/m2と言われています。
Kino-izmでは、今までの最高値はC値0.4(目標値は0.5)
今回はどうなるでしょうか?

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

日々勉強・・・

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

昨日は地域型グリーン化事業で一緒に活動しています工務店の社長さんが事務所に来られました。
「木野さん、ゼロエネ住宅教えて!」というのがその理由。
確かにKino-izmでは過去にゼロエネ住宅の実績があります。
私は、
「たいしてお話しできる事などありません、逆に家づくりに対する考え方など教えて下さい」とご挨拶しました。
で、約束の時間にこられ、約2時間、私の話なんて僅か、、、ほとんど聞き役で工務店としての考え方やこれからの方向、様々なことを教えて頂きました。
家づくりの工法は違えど、共通する点があるとすれば、、、
建てて下さった方が皆さん喜んでおられるという事、
それらの理由で紹介が多いという事、
その理由のひとつに、やはり快適性がありました。

あるアンケート調査で、住まいを新築後1年、2年と経過した人たちに満足度を調査したところ、
断熱に拘った方の満足度が一番高かったというデータがあります。
逆に満足度の低かった人たちが目を向けていたのはコスト、デザインなのです。
良く考えてみれば当たり前のことなのですが、中々家づくりをする際に断熱性能に付いて訴えている工務店が少なく、逆に「価格が安い」とか「見栄えする住宅設備」「デザイナーズ住宅」という風に一般の人が一番解りやすいところにポイントを置いている工務店が多すぎるのです。
まぁ確かにそれがいちばん楽なのかもしれません。
そして高度な知識もほとんど必要ないでしょう。
業績を伸ばすことだけに眼を向けるとこういう風になってしまうのでしょう。
でもそれは自分たちのことを中心に考えるからなのであって、人生で一番高価な買い物をしようとされている人に勧めるものではないと思うのです。
折角の家づくりです、完成をした自分の住まいをみて喜び、そして住んでみて快適に暮らせる事に喜びを感じ、末永く家族全員が幸せに暮らせてこそ良い家づくりと言えるのではないでしょうか!
それを守って行くのが我々工務店の使命でありその姿こそプロフェッショナルだと言えると思います。
日々勉強なのです・・・
ん~、ちょっと偉そうに行ってしまったカモ(^^;;

写真は、太陽光パネルを載せた奈良市・Iw様邸
IMG_4579_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

打合せは楽し~

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☀
今日は汗ばむ陽気でしたね!

で、午前中、奈良市・Iw様邸で、施主様と階段下のピアノ置き場のスペースについて、そしてTVをどのようにして配置するか、、、それから階段袖壁の仕上げ方について打合せを行いました。
階段下に位置するピアノ置き場に少しでも採光がとれるように、こんな風に蹴込板(段板と段板の間に入る白い板)を3枚外しました。
ん、その結果、結構明るくなりました。
こんなことって図面では表現できないし、解らないでしょう。
恥ずかしながら、私も解りませんでした。
でも、こうして現場で確認することで、新しい提案も出来るし、TVボードに至っては、図面上で打合せしお互いが理解していた事にズレがある事もハッキリと確認できました。
本当にワクワクします、出来上がりが楽しみです。
L1110867_600.jpg

あっという間の1時間半の打合せが終わり、事務所へ帰ってきて、問合せのお客様の対応、そして夕方からは地元自治会主催の防災会集会に参加
image_bousai150927.jpg

これで本日の業務は終了です!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ