上棟二日前

| コメント(0)

全国1億3千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは、
奈良の気・大和の住み継ぐ家・No様邸
いよいよ明日から建て方が始まります。
今日は先行足場を組みました。
幸い天気予報も何とか(?)もちそうな様相です。
昨夜の強い雨もシートでバッチリ養生しているので大丈夫でしょう。
L1090930-1_600.jpg

大改造リノベーション・Se様邸、
来週にはご入居です。
外構工事も急ピッチで進んでいます!
se_exteria150618.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

上棟カウントダウン

| コメント(0)

全国1億3千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは!
梅雨のムシムシ蒸し暑い日、今日は朝からSe様邸の掃除、、、
久しぶりにエエ汗掻きました。。。
そうしているうちにNo様邸では上棟の準備に入りました。
土台を敷き、自慢の断熱材をビシーッと張り詰めて気密テープでピッチリと隙間を塞ぎ、床合板を敷きました。
この現場でも気密測定を行います。
どれだけの隙間が有るのか?
というよりも、シッカリと仕事をしていると必然的に隙間は無くなります。
その確認をする上にも気密測定が必要です。
目標値はC値0.5、最低でも0.7は上回りたいと考えています。
L1090907-1_600.jpg

L1090918-1_600.jpg

L1090921-1_600.jpg

明日は、先行足場を組みます。
そして、明後日に宵組み、次の日に上棟と進めて行きます。

お天気さん、ご機嫌を損なわないでくださいね(^^)v

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

牛タンがやってきた

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁

今日はLIXILのGood Living Forum2015に行って来ました。
今年発売された樹脂サッシ「エルスターX」をはじめとする高性能窓のプレゼンが主なのですが、これだけなら多忙な合間に大阪まで出かけなかったのですが、省エネの第一人者、松尾設計の松尾先生の講演が聴けるとのことで、何とか時間をつくって出掛けました(ヤレバデキルのだ!)
LIXILの担当者に「松尾先生の話しやったら聴きに行きたい!」と言っていたので、最前列の席を用意して下さいました。
松尾先生の話は、大変わかりやすく、自分がKino-izmとして行っている省エネに向けての考え方が正しいと再認識出来る良い機会なのです。
90分の講演ではスクリーンに映し出される説明画像やシートをカメラで撮影する音があちらこちらから煩いくらいパチパチと聞こえてました。
まぁ、それだけ参加者800人以上の同業者の関心が有ったと言えるでしょう。
ただ、これをどこまで実際に現場で実行できるか・・・、恐らく今すぐにという工務店は少ないのではないでしょうか!
ん、エエ勉強が出来ました!
明日からの実務に役立てて行こう。。。そんな決意です!
matsuo150616_600.jpg

さて、夕方、19時をまわったころ、事務所に帰ってきて明日の準備をしかけましたら、東北に単身赴任中のTa様が、来店、、、
今回も牛タン大和煮を届けて下さいました。
いつもいつも帰って来られると何か届けて下さいます。
私の事を気にかけて下さってると思うと大変嬉しい!
Ta様、ありがとうございます。
早速、今晩ヤッつけます!
tan150616_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
蒸し暑い日が続いています。
洗濯物も乾きにくいですね!
こんなときはあまり窓を開けずに、エアコンを軽ぅ~く動かしてあげる方が効果的だし室内も快適です。
でもそのようにするには、家に隙間があっては性能の良いエアコンでもロスが多いと思われます。
やはり、どのようなときでも隙間の無い(気密性能の高い)住まいが良いと言えるでしょう。
ま、この部類の話はまたその内に・・・

で、今日の現場は、
No様邸、給排水設備の配管工事を行いました。
弊社では全棟ヘッダー配管を行っています。
排水設備を床下でひとまとめにして、屋外へ排出します。
ひとまとめにすることで、将来のメンテナンスを容易にすることが出来、また万一の配管の詰まりなどのトラブル時でも不具合箇所を見つけやすいのです。
配管の合流部には点検用の蓋を設置しておりメンテナンスも容易に出来ます。
さらに基礎コンクリートの貫通箇所も少ないため耐震性にも貢献するのですよ!
L1090894-1_600.jpg

今週末には上棟です。
強い雨降らないでくださいね!!!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

今日は一日事務所で見積書やゼロエネの実績報告書作成製本、その他諸々エトセトラな一日でした!
昨日、県内某所へ、施主様と一緒に探している建築候補地を見に行って来ました。
そこは丘陵地で眺めも良い場所でしたが、敷地裏には石積みが施されてました。
ただ、その石積みの高さが敷地より約2m程低かったのです。
恐らく造成された面積から判断して、開発許可を受けた住宅用地だと思いますが、このままだと裏面の傾斜地は有効利用できません。
即ち、その分有効面積が少なくなるという事、何故こんな造成をしたのか、、、?
そこには、石積みの高さと施工する際の石積みの基礎となる部分(ベース、底盤と呼びます)との関係が有り、石積みの高さが○○mの場合は深さ○○m、厚み、奥行き○○mの基礎が必要というルールが有るのです。
そのルールに則って工事を行わなければならないのですが、石積みの高さが高ければ高いほどその基礎もより深く、長くなり、隣地への影響も出てくるため、最大の高さに限界が有ったと思われます。
大地震が来た時のリスクもありますし、やはり生涯で一番高価な買い物をするわけですから、後悔の無いよう、そして僅かな不安も残さないよう、安心して住めるよう、焦らずジックリと探して行こうとお話ししました。
施主様も「きのさんの太鼓判がない土地はやめておこう」と仰って下さいました。
大変厚い信頼をいただき大変うれしく思うとともに、任された責任も重大です。
シッカリと足元固めて、背筋をピンと伸ばし、太鼓判の押せる土地を探して行きたい!そう思いました。

さて、、、
現場の状況は、
M&H様邸
基礎養生中、17日に型枠を取り外す予定です。
L1090880_600.jpg

No様邸は・・・
基礎型枠を取り外し、給排水工事の工程に進んでいます。
来週末の上棟に向け、工程は組み終ってますが天候が気になるところですね!
僅かな雨なら大丈夫ですが、大きな雨が降りませんように!!!
L1090888_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ