今日は構造見学会

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は暑かったですねー!
いよいよ夏本番というところでしょうか。

さて、今日と明日、田原本町・No様邸で構造見学会を開催させて頂いております。
今日は、初日、
朝から、1件、ようやく良い土地が見つかったというご家族にご来場いただきました。
やっぱり不動産を扱う業者がシッカリしていると土地取得もスムーズに事が運びますね。
現場では、実寸大の断熱材の模型をご覧いただき、「何故断熱に拘るのか、気密の拘るのか」をお話ししました。
現在お住まいのお家は暑くて大変ですとお話しして頂きましたが、「Kino-izmのダブル断熱の住まいは涼しいですよー!」とお話ししました。
明日もこの模型を見学会でご覧いただけますよ!
お時間のある方、興味を持って頂いている方、是非お越し下さい。
場所は磯城郡田原本町三笠地内(詳しくはお問い合わせください)
L1100536-1_600.jpg

さて、、、
先週から、土地探しで興味深い物件を見つけられ、Kino-izmで現地を下見し、その業者と直接物件の状況を確認して欲しいと依頼された案件が有りました。
現在造成中で造成完了時の状況が全く分からないので、完成時の状態を示している図面が欲しいとお願いしました。
造成計画、開発許可申請を担当している設計事務所であれば簡単なことです。
しかし、一向に連絡も無し、こちらから催促の連絡を何度しても音沙汰が有りません。
こういういいかげんな業者では大切なお客様から依頼された案件をお勧めするわけにはいきません。
もう少し誠意をもって対応して欲しいですね。

あ、それから、、、
今日、見学会会場にKino-izmのオーナーさん、Yo様ご家族がお越しになり、結構なお品を頂戴しました。
で、先程、開封しましたところ、、、
おおおおおぅぅぅぅぅ、、、、、
家内も大変喜んでおります。
Yoさま、どうもありがとうございましたm(_ _)m
マタオネガイシマス(爆)
L1100537-2_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
降り続いた雨も一旦小康状態、明日からは曇り、そして晴れ間も見えてきそうです。

今回の上棟作業は強い雨こそ無かったものの、無邪気な天候は雨が降ったり止んだりの繰り返しで、せっかく済ませた作業のあと戻りもありました。
しかし、そこは熟練の大工、島津棟梁が指揮を執り、長年の経験を生かし、作業の中断、工程の変更など要所要所で敏腕ぶりを発揮してくれました。
通常、二日間で行う上棟作業も三日間にずれこみましたが、これで雨に降られても躯体を濡らす事はありません!

手間暇のかかる屋根上への断熱材の敷き込みは一般の住宅で行っているところはほとんどありません。
しかし、高気密・高断熱の住まいを手に入れるにはこういうところで少し手間を掛けることで、将来に渡り、快適性を維持する事が出来るのです。
L1100497_600.jpg

IMG_3378-1_600.jpg

屋根材の下地となるルーフィングも一般の安価なものでなく、改質アスファルトルーフィング(ゴムアスファルトルーフィングと呼びます)を採用しています。
アスファルトの低温性状や高温性状を改良し温度変化に強く、高温ではダレにくく、低温では割れにくい特長を持っています。
また、一般に自己接着性があり伸びや曲げに強く、耐久性もアスファルトルーフィングと比べて高いものです。
収縮性もあるので、屋根の棟部や谷部でも防水性が高く保たれ、タッカー留めや屋根材のクギ打ちの穴からの浸水も最小限に留めることができる優れものなのです。
こういうところも工事が進むと隠れてしまい見えなくなる部分です。
長期に渡って性能を維持しようと考えるとこういうところも大変大切なのです。
L1100510_600.jpg

さて、、、週末「11日(土)、12日(日)」は磯城郡田原本町で構造見学会を開催致します。
高断熱・高気密の家はどのようにしてつくられているのか・・・実際の現場を見ていただければ「ん~なるほどな~!」と感じていただけるはずです。
詳しくはホームページのイベント情報をご覧ください。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

祝、上棟

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは!
今日もほぼ一日雨が降っていました。
んー、こういう日の上棟はあまり好きでは有りません。
構造材は多少濡れてもそのうち乾燥して行きます。
しかし、床合板は濡れ方によっては、一度捲って断熱材の状態を確認する必要が有ります。
出来る事なら延期したかったというのが本音です。
しかし、梅雨という季節柄、台風9号,10号,11号も来ている模様、この先いつになったら晴れの日が来るのだろうかと考えると、安易に延期なんて出来ないのです。梅雨の時期でなかったら延期していたでしょう。
さらに、この秋結婚を控えておられるMさま、Hさま、楽しみにしていた二人の事を思うと尚更なのです。
ということで、今日は昨日の宵組みから上棟という節目まで作業は出来たのですが、屋根仕舞が一日延期、
その為、レッカー車も、ガードマンのおっちゃんも、屋根屋の職人も皆、一日延期なのです。
上棟の作業も終わり、これから夫婦となられる、お二人には御弊飾りに仲良く半分づつ魂を入れて頂きました。
二人の嬉しそうな姿は、横で見ていた私にもその気持ちが伝わってきます(^^)/
L1100470-1_600.jpg

L1100463-1_600.jpg

最後は満面の笑顔で締めくくりました。
L1100485-1_600.jpg

M&Hさま、本日は上棟、おめでとうございました。
幸せな家庭を築き、Kino-izmの住まいで末長く暮らして頂くお二人の新居を完成させることをお約束いたします。
また、職人たちに,そ
して私たちにも、お気遣いを頂戴し、本当にありがとうございました。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

新記録達成

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂☁☂☁☂
スッキリしない天候ですね!
いよいよ三郷町・M&H様邸、
今日から建て方に掛かりました。
Kino-izmの地元、橿原市内は朝からパラパラ、ザザーっと雨が降り放しでしたが、三郷町の山手は道路も濡れておらず、、、
というか殆ど濡れていないという状態。
午前中、打合せに三郷町から取引先の先生が来られましたが、「降ってなかったよー」と仰っておられたほど。。。
で、現場は・・・
L1100345-1_600.jpg

大工さんって、まるで平均台の上をスルスルと簡単に歩くきます。
こういう職人衆に支えてもらってると思うと本当に感謝!感謝!感謝!
L1100354-1_600.jpg

L1100383-1_600.jpg

午後3時にはご覧のように作業も進み、今日は下地の野地板を張り、シートで養生して作業を終えました。
明日は、断熱材を並べ、通気用垂木、そして野地板を張る予定ですが、天候が心配です。。。
雨、降らないでね!
L1100422-1_600.jpg

さて、次の予定が有り現場を離れました。
その予定とは、田原本町・No様邸の気密測定です。
Kino-izmの現場では全棟気密測定を行っています。
大手ハウスメーカーやパワービルダーなどのように、たくさん有る建築物の中から時々検査し、良い性能のデータだけを公表するのではなく、各現場で個々に行っています。
公表する数値はそれぞれの現場で測定しないと意味が無いと思います。
一般的に気密が良いとされるのは、数値に表しますと2.0cm2/m2、
この数値を基準に下回ると高気密と呼ばれています。

では、高気密だと何が良いのでしょうか?

冷暖房熱費の削減
隙間から室内の快適な空気が外部に逃げるのを防ぐことができる為、短時間のエアコン稼動で暖かい部屋は暖かいまま、冷房された部屋は涼しいままの状態が長く持続できます。
光熱費の削減に貢献します。

外部の湿気(過乾燥空気)の侵入防止
梅雨時の湿度の高い空気や、真冬の過剰乾燥した空気、真夏の熱風などの不快な空気の進入を防ぎ、カビやウィルスの繁殖を防ぎ、快適な室内を保ちます。

結露の防止
室内の温度が外気温の影響を受けにくいので、室内だけでなく壁内の結露も抑制します。

計画換気の確立
汚れた空気の「排出口」と、新鮮な空気の「取入口」以外の余計な隙間が無くなるので、換気経路が乱れずに効率良く換気を行う事ができます。
image_kimitsu.jpg

如何ですか、良い事ばかりなのです。

こんな風にして測定します。
筒状の機械に設置されたファンを廻し、室内の空気を外へ押し出します。
この時、室内は負圧となり、外部の気圧との差からどれだけの隙間が有るかを機械で測定します。
L1100457-1_600.jpg
そして、今回の測定値は・・・
なななんと、、、0.4cm2/m2
しかも1回目の測定でいきなりこの数値でした。
Kino-izmの住まいでも新記録となります。
業界でもトップクラスであることは間違いありません。
L1100459-1_600.jpg

高気密の住まいは、快適な住まいの必須条件だと言えます。
Kino-izmでは測定結果も引き渡しの際、証明書を発行しています。
如何ですか、こんな工務店で家づくりをしませんか!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

後悔しない家づくり

| コメント(0)

全国1億2千万人のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂☂☂
梅雨の鬱陶しい雨の日は本当に気分もノリません(>_<)

今日は田原本町・No様邸で内装仕上、棚、カウンターなど造作に付いて打合せを行いました。
Kino-izmの現場では当たり前のことなのですが、まだまだこれを実行していない工務店・ビルダーも大変多いと聞きます。
何故現場で打合せを行うのか?
これはもう当然のことですが、図面では仕上がり具合が理解できない事が多いです。
家づくりって殆どの方が最初で最後なのです。
そんな中で、始めてみる図面で全てを理解してもらおうと思う方がちょっとどうかと思うのです。
だから、、、
Kino-izmでは図面に表記している事はもちろん実際の現場で説明して確認をして頂きます。
さらに、棚、カウンター、本箱、TVボードなど造作で造って行くものは全て現場で、場合によっては実際に鉛筆で線を描いたり、高さも70センチと言うだけではなく、その場に立ってもらって70センチで良いかどうか、もう少し高い方が良いのかどうかなど、細かく確認しています。
こうすることで、完成後「あらまぁ、こんな風になるとは知らなかった!」というような後悔が無くなるのです。
今日もTVボードのイラストをボードに描いて説明させて頂きました。
ご夫婦とも「うんうん、フムフム」とご理解頂いたようです(^^)v
L1100337-2_600.jpg

完成してから後悔しないように・・・
こんな私と家づくりしませんか!
来週末「11日(土)。12日(日)」この現場で構造見学会を行います。
是非来てね!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ