日々研鑽しています

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
奈良県、今日は28℃あったでー!と事務所の前を行く近所のおっちゃん談
ほんとうに汗ばむ一日でしたネ!

今日はKino-izmの住まい手のお家を3軒廻りました。
隣接地との境界線上の土留めブロックから雨水(地下水)が隣接地に流れるので何とかならないかという相談や、購入しようと検討している土地を見に行ったり、金融機関との手続き、、、
こういう事って全て何かしら知識が必要です。
もちろんのことですがKino-izmでおススメする高断熱、高気密、耐震性についても同じです。
完成後に見えるところではないので非常に地味ですが、知識のない人が見よう見まねで行っても良い結果が残りません。
暑くて寒い家になってしまいます。

現在、自宅近くで大改装されている御宅が有ります。
いつもその前を通るのですが職人さんたちは挨拶も気持ち良くして下さるしゴミも落ちていません。
一日の仕事の終わりには綺麗に片づけられており気持ちがいいです。
でも、、、
悲しいですが断熱、気密の知識については???なのです。
折角、内部を全面改装しているのに、そしてサッシまで新しいものに取り換えられているのに取付方法は至って簡単(汗)
サッシの性能はこの際問わないとしても、真壁(外部に柱がむき出しになっている工法)の柱に外から留めているだけ、留めた部分を端材で覆って隠しているだけというお粗末なもの。
これって知らずにやっているのか?
それとも
知っていてやっているのか?
その場合、予算の都合上であっても施主にアドバイスして予算を組まなくてはならないと思うのは私だけ?
色んな思いが頭の中を駆け回りますがおせっかいな事を言うわけにはいきません(>_<)
恐らくこれからの老後のことを考慮して改装されていると思うのです。
でも、これでは快適になる可能性は低いと思うし、今まで通り暑くて寒い家のままかも知れません。
お知り合いの建築業者さんなのでしょうけど、、、
「知らぬが仏」ということでしょうか?
あー、喉元まで出てきているのですがガマンガマン(汗)

写真は昨年秋に竣工したM&H様邸、2階ホールに設置したワークスペース
リビングからの吹抜けで家族の息を感じながら読書をしたり、デスクワークをしたり、、、
様々な使い方が出来るスペースですね!
当然ですがダブル断熱の家で快適ですよぉ~~~!
151117_034_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

休暇のご案内

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今週末からゴールデンウィークに突入ですね!
Kino-izmでも5月3日から5日までの3日間、休暇をいただきます。
休暇の間に頂きましたお問い合わせにつきましては6日
以降、順番に対応させて頂きます。

さて、現場は、、、
生駒市・Ok様邸、
基礎工事の終盤、立ち上がり部分にコンクリートを打設し、レベラーというトロリとしたスープ状の液剤を流し込みました。
レベラーは基礎の天端を均一にするためのものです。
L1160349_600.jpg

L1160342_600.jpg
この後、ジックリと養生し5月
2日に型枠を外す予定です。
通常、この季節では打設から型枠解体まで中4日と言われますので、中6日となる工程だと十分でしょう。

大淀町・H様邸は、大工工事も終盤です。
2階壁の石膏ボード張りをほぼ完了、天井地も済ませ断熱材210ミリを充填して天井のボードを張る工程に移って行きます。
L1160321_600.jpg

外部では壁面の下地桟、通気胴縁を施工し、今日から外壁下地材を張り出しています。
L1160316_600.jpg

さて、、、
最近「坪単価はいくらですか?」という問い合わせが急激に増えてきました。
正直なところ、この問い合わせに返答するには大変困るのです。
なぜかというと、完全自由設計のご提案をしているKino-izmにとっては坪単価を定めておりません。
というか坪単価は決めることが出来ないのです。
私の知っている限り坪単価を定めている工務店、ビルダー、ハウスメーカーはほぼ全社、企画プランを持っていて注文住宅と言いながらそのプランを一部アレンジして提案していたり、自由度が限られていたり、又は価格の安さを売りにしているところばかりです。

一方、Kino-izmでは、完全自由設計で各々仕様も建築する立地も違います。
坪単価を問い合わせしただけで「建てる」のか「建てない」のかを決めてしまうのも結論が早すぎると思うし、一生で一度か二度と言われる家づくりなので、ジックリとKino-izmの良さを知って欲しいのです。
特に、断熱性能、気密性能と耐震性能、これらの性能が如何に高性能なのかを坪単価だけで解るわけがないし、Kino-izmの中身を知ることも出来ないですからね!
どうしても坪単価を知りたいという方には今までの実績値で大まかにお伝えしていますがそれだけで判断はして欲しくはありません。
是非一度、Kino-izmがどんな工務店なのか、どんなスタッフなのかをよく見ていただき、判断して欲しいです。
スタッフとの相性も重要だし、構造見学会に足を運び、完成内覧会でどんな住まいが出来たかをご自身で見て欲しいです。

ん~、この2、3日、そんな事を思っています。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

今日も現場ブログですぞ!
生駒市・Ok様邸
今日は基礎工事の型枠組みの作業を行いました。
L1160265_600.jpg

L1160266_etc600.jpg

週明けにコンクリートを打設の予定・・・雨降らないでね!

さて、、、
築3年を過ぎましたNi様、お子様の春休みにTDLと東京都内へ行かれ、お土産を届けて下さいました。
「早く届けないと・・・と思いながらいつもお留守だったので、、、」と奥さま、
いつもどこかへ旅行に出かけられたらこうしてお土産を届けて下さいます。
このようにいつまでも忘れないでいて下さることが大変嬉しいです。
Ni様、ありがとうございました。
マタオネガイシマス(爆)
IMG_1122-2_600.jpg

ゼロエネ住宅のZEHや断熱、気密、耐震性の話など、色々書きたいことはあるのですが、今日も現場ブログと相成りましたm(_ _)m

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

気密測定

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は暑い一日でした。
そろそろ上着も必要ないのかも・・・と甘く見ているとまた寒い日があるのでしょう(汗)

さて、、、
生駒市・Ok様邸
今日はベースコンクリートの打設を行いました。
L1160237_600.jpg
明日には墨出しを行い、型枠を施します、そして週明けはコンクリートを打設という工程

大淀町・H様邸は、、、
今日は気密測定の日です。
ホールダウンアンカーの隙間や羽子板ボルトの気密処理などをチェックして、いざ測定!
L1160258-1_600.jpg

あれれっ???
測定器がおかしいのか、どうもいつもと様子が違います。
その原因は・・・24h換気システムの吸排気ダクトの処理が不十分でした。
吸排気口はベランダの天井部にあり、天井板を張った後で気付かなかったのです。
しっかりと内側から気密処理をして、、、
L1160257_600.jpg

気を取り直して再度計測・・・
すると、やはり先程とは違う機械の動き、測定が早いのです。
聞くところによりますと、気密性能が高い現場の方が測定時間も短時間で済むらしいです。
あっという間に測定が完了し、その数値を確認して皆でニッコリなのでした。
その数値は・・・【C値】0.3cm2/m2
Kino-izmのC値目標は0.5以下なのですが、最近施工している現場は軒並み0.5を上回っている性能を測定しています。
これも現場に携わる職人たちが自分がするべき仕事を丁寧に行うことで達成出来るものであり、何故測定するのかという理由も知っておく必要があると思います。
L1160259-1_600.jpg

隙間が無いということは次のようなメリットがあります。
kimitsu160325.jpg

「高断熱+高気密=快適な住まい」
Kino-izmは住まいの隠れたところに拘って家づくりをしています。

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

一発合格!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☔
今日は雨の一日でした。
熊本地方の被災された方々の現状をテレビで見ていますが何もできない自分がもどかしいです。
わずかなことでも自分にできることを行動にして少しでも手助けになればと思っています。

さて、今日は生駒市・Ok様邸で基礎配筋検査をハウスプラス住宅保証にて行いました。
L1160203_600.jpg
検査では鉄筋のピッチ、設計基準の確認、補強すべきところの補強方法などのチェックはもちろんの事、敷地に対する配置もチェックして頂きました。
検査開始と同時に雨がパラパラ降ってきて検査官も傘を挿しながら図面とニラメッコ、図面も濡れてシナシナヨレヨレでした(汗)
検査状況はもちろん一発合格、指摘事項無しでした。
L1160195_600.jpg

L1160202_600.jpg
このような貫通スリーブ周辺の補強状況を公開する工務店も少ないようです。
隣の敷地でも同じように工事が進行中、思わず比較して、ニンマリなのでした。

さて、熊本地震ではたくさんの住宅が倒壊していますが築年の古いものや瓦の下地に土を載せた重い屋根のものなどが多く見られます。
でも築年数が浅いものでも倒れているというケースがあります。
そのような住宅では壁面と窓の配置のバランスの悪いものが倒れているようです。
多くの木造2階建て住宅は、建築基準法上の4号建築物という分類に入り、同法上の仕様規定を最低限満足させて建てないといけない義務などがあります。しかし、「4号建築物の特例」というものがあり、建築基準法上の仕様規定を満たして設計されているかどうかは、設計者判断に委ねられていて、確認申請などの審査機関でチェックを要しません。
その為、設計者の意識が低いと、経験則で間取りを考えて、仕様規定を満たしているかどうかを検討するための、壁量計算、4分割法、N値計算などを検討していないケースも見られます。
一般の人から見ると「え!」と思うようなことですが、既存の住宅の場合、図面などがある場合は構造検討資料が残っているのかも確認してみましょう。またこれから新築をされる場合は、確実に構造検討資料を出せるのかどうかを工事業者にお尋ねすることも重要です。
ちなみにKino-izmでは全ての新築工事で地盤調査を行い地盤の補強から基礎設計と連動して躯体の構造計算(許容応力度計算)を行っています。
躯体の構造計算は柱一本一本の強度たわみを科学的に計算し、耐震等級が最高等級の3をクリアできているかどうかを数百ページのデータをもとに根拠を示します。
さらに、躯体だけの計算を行うのではなく、地盤調査を行って地盤の強度を把握し、場合によっては地盤改良工事を施し、基礎の設計と躯体の構造計算を一緒に行うことでその根拠を示し、耐震等級3の地震に強い住まいをご提案、お勧めしています。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ