家づくりの大切さ

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今夕も少し涼しく感じます。
台風10号が過ぎたらまた夏に後戻りしそうですがなんとなく秋の気配を感じます。
今夜のブログは写真掲載は無く、ダラダラと文字ばかりですが最後までお読みくださいネ!

さて、、、
一昨日、自宅リビングのエアコンから大量の水が噴き出しました。
その量、バケツに3分の1くらい、、、
エアコンの設置位置はテレビの真上なので「ピチャピチャ」と音がした時は、慌ててテレビを移動し、バケツとタオルで床に落ちた水を拭き取るのに焦りました。
直ぐにメーカーのサービスへ連絡して状況を伝え(この季節良くあるらしい)、1台しかないエアコンが故障なので出来る限り早く来て欲しいと伝えましたが、「今日は部品が手配できないから明日になる」と言われました(ま、しゃーないか)。

幸い、Kino-izmの住まいの断熱性能は高いのと少し涼しい一日だったのでエアコンなしでも僅かに汗は出るものの何とかなりました。
これが世間でたくさん建てられている一般の家をはじめ、省エネと言えども次世代省エネ基準レベルだとどうなっているかと思うと恐ろしいです(汗)
熱中症になったかも知れないです!!!

そして翌日、サービスの人が来てくれましたが何も部品は持ってきておらず、10年間お掃除要らずというキャッチコピーでしたが、フィルターは真っ黒で洗わなければいけない状態でした。
「10年お掃除不要と言われますけど6年もったから良い方ですよ!」ですって(>_<)
ということは10年不要は嘘なのか?!
ドレインからは水が出ていましたが、後からよーく考えてみると少し少なかったように思いました。詰まっていたのかも。。。
原因は解りませんが経年による埃等が排水側の管付近に溜まり、設計通りに水が流れず噴き出し口からこぼれおちたようです。
フィルター掃除ついでにエアコンの埃も取れる限り取ってやりましたところ、以前よりエアコンの効きが良くなりました(^^)v

さてここからが本題です。
最近は5年10年前とは比にならないほど急速にネットで情報を集める社会になってきました。
今回のエアコントラブルでもスマホで調べてみました。
調べてみると何とも様々な情報が氾濫しています。
どれが本当でどれが間違いなのか分からなくなります。

今回のトラブルがエアコンじゃなくて住宅だったらどうでしょうか?
住宅にはトラブルはつきものだし、Kino-izmでも建具の調整や、固定部分のガタツキ等が時々あり、私が出向いて修理したり、大工他、専門職のスタッフを修理訪問させています。
今のところ大したトラブルは無いけれどもこれから先、もしかしたら大きなトラブルに出会うかもしれません。
でもその時に、どのようにして対処するか...だと思うのです。

各会社が自社のホームページ、ブログをはじめ、FacebookやTwitter、Instagramなどで自社をアピールをしています。
良い事ばかりを列記していますが「トラブルが有った」とかそういうマイナス面はどこも公開しませんね。
でもネットでの口コミってそのうち出てくるものなのです。
どの世界でも良い事も悪い事もあるのが自然だし、住宅業界だって然り。
100点満点なんてありえないですが、如何にして減点部分を補っていくか???
家づくりは完成すると終わりではありません。
「入居してからどれだけ長い年月、確かなお付き合いが出来るか=信頼関係が築けるかに掛かっています。
情報化社会だからと言って、家づくりの場合「どんな家を建てているか?」を調べる人が殆どですが、そうじゃなくて(それも大事だけれど)「どんな家づくりをしているか?」と言うところに眼を向けて欲しいものです。

2020年に建築基準法が改正され省エネ基準(平成11年につくられた基準)が義務化されます。
でも義務化といってもそれで省エネ基準は十分ということではなくて「最低このレベルまで省エネの仕様を上げましょうね」というレベルということなのです。
そんな古い省エネ基準で良いのでしょうか???
私はとても良いとは言えません!!!
そういったところもシッカリと考えながら、どんな家づくりをしているかを知るべきだと思います。

明日は、私が勤めていた時に家を買って下さった方のお宅を訪問します。
所有される不動産の処分の相談ですが、このお客様は既に27~28年前のお客様なのです。
覚えて頂いていることが嬉しい。
明日、お会いするのが楽しみです。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
8月末に近づいて日没も早くなりましたネ。

奈良市・Nc様邸
施主のNc様とは上棟の日に現場で打合せを行いましたが、今日も再度確認して頂きたいところがあり、現場にお越し頂きました。
コンセントの位置、カウンターや棚の高さなど図面上でも打合せを行うのですが、こうして実際に立ち上がった御自身の住まいの中でその場に立って実寸大で打合せすることがいちばん解りやすく大事だと考え、どの現場でもこのように打合せを行います。
間違い、勘違いが有ってはいけませんから。。。
写真は屋根、コロニアルグラッサ・ミッドナイトブルー、棟に配置する換気部材も容量以上のものをシッカリと取付けました。
L1170970_1_600.jpg

外壁部分は断熱材を張り、継ぎ目を気密ジョイントテープでキッチリと貼り隙間を無くしています。
完成すると隠れてしまう部分ですが、こうした断熱材によって快適な住空間を手に入れることが出来るのです。
L1170961-1_1_600.jpg

昨日作業していたベランダのFRP防水も完了しました。
L1170974-1_1_600.jpg

橿原市・Wa様邸は・・・
外壁塗装が3面完了、残すは1面の防汚トップコートのみです。
外壁色は何の混ざりも無い純白、真っ白、ホワイトです。
この外壁は拙宅でも採用しているものと同じ、真っ白っていいね~!と思うのです(^^)v
L1170980-1_600.jpg

内装工事も完了、外部は未だ養生ネットが張ったままですが、吹抜けからの採光はバッチリです。
L1170984-1_600.jpg


ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

現場ブログです。

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
まだまだ暑い日が続いています。
皆さん、体調管理は大丈夫ですか???

さて、、、
今日も現場ブログです。
橿原市・Wa様邸、
外壁工事も終盤で、下吹きの次に行うのは仕上げの模様付け(というのでしょうか)、
骨材を混合した塗料をガンで吹き付け、木鏝で押さえて均していく作業です。
この作業は複数人で行えば早いのですが、職人それぞれの持つ押さえ方の強さや癖が仕上げムラを起こすため、すべてを一人の職人が行います。
特に今のような暑い季節は大変な労力のいる作業なのです。
その分、仕上がりが楽しみですネ!
IMG_3863_1_600-1.jpg

この後、乾燥させて汚れのつきにくくなるトップコートを塗布して完了です。

奈良市・Nc様邸
今日はハウスプラス住宅保証による躯体検査と確認検査機関の中間検査を行いました。
検査はどちらも一発合格、指摘事項はありませんでした。
L1170941-1_600.jpg

検査が終わると同時に、外壁面に断熱材を張り出しました。
Kino-izmの標準仕様は付加断熱キューワンボード36mmの厚みのものを四方全部に張ります。
壁面の断熱仕様はこれ以外に壁体内に高性能グラスウール105mmをパンパンに充填し、ダブル断熱としています。
これらのものは全て完成すると見えなくなる部分です。
工事中のこの状態を、是非見て欲しいと思う。
因みに、こちらの住まいでは構造見学会を9月10日(土)、11日(日)の二日間、開催する予定です。
詳しくは、、、もう少しお待ちくださいね!
L1170944-1_600.jpg

ベランダではFRP防水の作業中
L1170943-1_600.jpg

順調に進んでいます

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

ZEHって???

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
ライオンロックがやってくるのか・・・?
台風10号のことですが、、、先日まで近海をうろうろしていたと思ったら今度はUターンして日本列島を直撃らしい。
まぁ水不足は幾分か解消されるとは思いますが、それ以上に被害が心配です。
出来れば来ないことを願うしかありません(>_<)

さて、、、
ZEHビルダーの認定を受けたということでちらほらエンドユーザーさんからの問い合わせが入り始めています。
また、ZEH関連の設備や建材メーカーからは毎日のように様々な売込みがあります。
今日もY社が、来週にはP社も来社して下さいます。
そんな中で耳に入ることは「とりあえずZEH登録しとこかー!」というやる気の無いビルダーの多い事。
ゼロエネ住宅の実績も無く、ZEHのコトを知らないビルダーも居るようで、エンドユーザーには、
「ZEH仕様にするとかなりのコストアップにつながり、補助金125万円もらっても、追い金が要ります、だから一般の仕様の家にしましょう」と説明しているようです。
ま、そのようなビルダーは未だに来る2020年に改正される基準法の内容を知らないものです。
だからZEH仕様にするには相当のコストアップになるだろうし適当なイニシャルコストのことしか説明できないなんて本当に情けないものです。
もっと先を見据えて、ランニングコストのことも説明してあげれば、今時点で少しコストが掛かってもZEH仕様に性能を上げようと思うのですが。。。
京都や滋賀、大阪府下ではZEH関連で頑張っている工務店が多いのですが奈良ではまだほとんど無いといっても良いでしょう。
ん~、やはり出会う工務店によって、建てる家の性能まで変わってきます、そして快適な住まいになるか、光熱費のあまり掛からない家になるか、、、将来にわたって快適に暮らせるかということにつながるのです。
家づくりの際には、その辺りをしっかりと見極め工務店を選ぶべきだと思います。

で、今日の現場は、、、
奈良市・Nc様邸
サッシを搬入しました。
この現場は全窓LIXILの高性能樹脂サッシ、エルスターです。
L1170930-1_600.jpg

丁度施主のNc様も現場に来ておられ、早速手にとって見ておられました(^^)
L1170932-1_600.jpg

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

皆さんは家づくりを始めた時に、最初に何に眼を向けられますか?(向けられましたか?)
ある業界専門誌に何も拘らずに家づくりを始める人は全体の80%と記されています。
その80%の中の人は何を基準に依頼する住宅会社を選ぶのか・・・?
家づくりについて何も知らない人たちは最初に足を運ぶのが住宅展示場というのが大半、そこで広々とした夢のような住宅を見て、デザイン性やネームバリューで安心感、そしてブランドステータスを求めるらしい。
でも、入居後の満足度でも低いのがこの層だという。
やはり何かしら強い拘りを持って家づくりをするのが一番自分自身も満足するのであろうと思う。
では、、、
何に着眼して家づくりをすればいいのか?
ここでも過去の業界誌のアンケート調査では、満足度の一番高かったのが断熱・省エネルギー性に着目した人達。
快適、涼しい、温かいというキーワード、性能重視に拘った人の満足度は高い。
逆に満足度の低い(後悔)のが建売、大手ハウスメーカーらしいです。
これもはっきりと頷ける。。。
いくら光熱費削減と言っても高価なメカをたくさん付け、それによって何とか創エネ(発電)し、プラスマイナスの差し引きで何とか光熱費を削減しているだけ、、、というメカメカ省エネ、中途半端なナンチャッテ断熱も叱りなのです。。。
メカが故障したり将来の入れ替え時期が来た時にその負担額を見て驚くことでしょう。
そのようなことにならないためにも、家づくりには躯体性能をできるだけ高くして、イニシャルコストは少し必要ですが、将来その家が存在する限りはその躯体性能を維持できるような住まいを手に入れるべきなのです。
そうすれば僅かな設備で快適な住空間を手に入れることが出来ます。
僅かな設備であれば将来、いざという時の設備入れ替えの時でもさほどコストもかからないことでしょう。
これから(現在)家づくりで住宅会社の選定をしておられる方、このようなところに着眼して欲しいものです。

さて、現場は、、、
奈良市・Nc様邸
外壁の下地となる構造用板を張り終え、躯体を緊結させる金物の取り付けが完了しました。
写真は主寝室とその上のロフトになる部分。
L1170896-1_600.jpg

橿原市・Wa様邸、
外壁塗装の下吹き(ベース色の色付け)を行いました。
この後、中吹き、仕上げ、トップコートの処理をして塗装工事は完了です。
L1170904-906-1_600.jpg

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ