気密測定

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は暑い一日でした。
そろそろ上着も必要ないのかも・・・と甘く見ているとまた寒い日があるのでしょう(汗)

さて、、、
生駒市・Ok様邸
今日はベースコンクリートの打設を行いました。
L1160237_600.jpg
明日には墨出しを行い、型枠を施します、そして週明けはコンクリートを打設という工程

大淀町・H様邸は、、、
今日は気密測定の日です。
ホールダウンアンカーの隙間や羽子板ボルトの気密処理などをチェックして、いざ測定!
L1160258-1_600.jpg

あれれっ???
測定器がおかしいのか、どうもいつもと様子が違います。
その原因は・・・24h換気システムの吸排気ダクトの処理が不十分でした。
吸排気口はベランダの天井部にあり、天井板を張った後で気付かなかったのです。
しっかりと内側から気密処理をして、、、
L1160257_600.jpg

気を取り直して再度計測・・・
すると、やはり先程とは違う機械の動き、測定が早いのです。
聞くところによりますと、気密性能が高い現場の方が測定時間も短時間で済むらしいです。
あっという間に測定が完了し、その数値を確認して皆でニッコリなのでした。
その数値は・・・【C値】0.3cm2/m2
Kino-izmのC値目標は0.5以下なのですが、最近施工している現場は軒並み0.5を上回っている性能を測定しています。
これも現場に携わる職人たちが自分がするべき仕事を丁寧に行うことで達成出来るものであり、何故測定するのかという理由も知っておく必要があると思います。
L1160259-1_600.jpg

隙間が無いということは次のようなメリットがあります。
kimitsu160325.jpg

「高断熱+高気密=快適な住まい」
Kino-izmは住まいの隠れたところに拘って家づくりをしています。

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

一発合格!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☔
今日は雨の一日でした。
熊本地方の被災された方々の現状をテレビで見ていますが何もできない自分がもどかしいです。
わずかなことでも自分にできることを行動にして少しでも手助けになればと思っています。

さて、今日は生駒市・Ok様邸で基礎配筋検査をハウスプラス住宅保証にて行いました。
L1160203_600.jpg
検査では鉄筋のピッチ、設計基準の確認、補強すべきところの補強方法などのチェックはもちろんの事、敷地に対する配置もチェックして頂きました。
検査開始と同時に雨がパラパラ降ってきて検査官も傘を挿しながら図面とニラメッコ、図面も濡れてシナシナヨレヨレでした(汗)
検査状況はもちろん一発合格、指摘事項無しでした。
L1160195_600.jpg

L1160202_600.jpg
このような貫通スリーブ周辺の補強状況を公開する工務店も少ないようです。
隣の敷地でも同じように工事が進行中、思わず比較して、ニンマリなのでした。

さて、熊本地震ではたくさんの住宅が倒壊していますが築年の古いものや瓦の下地に土を載せた重い屋根のものなどが多く見られます。
でも築年数が浅いものでも倒れているというケースがあります。
そのような住宅では壁面と窓の配置のバランスの悪いものが倒れているようです。
多くの木造2階建て住宅は、建築基準法上の4号建築物という分類に入り、同法上の仕様規定を最低限満足させて建てないといけない義務などがあります。しかし、「4号建築物の特例」というものがあり、建築基準法上の仕様規定を満たして設計されているかどうかは、設計者判断に委ねられていて、確認申請などの審査機関でチェックを要しません。
その為、設計者の意識が低いと、経験則で間取りを考えて、仕様規定を満たしているかどうかを検討するための、壁量計算、4分割法、N値計算などを検討していないケースも見られます。
一般の人から見ると「え!」と思うようなことですが、既存の住宅の場合、図面などがある場合は構造検討資料が残っているのかも確認してみましょう。またこれから新築をされる場合は、確実に構造検討資料を出せるのかどうかを工事業者にお尋ねすることも重要です。
ちなみにKino-izmでは全ての新築工事で地盤調査を行い地盤の補強から基礎設計と連動して躯体の構造計算(許容応力度計算)を行っています。
躯体の構造計算は柱一本一本の強度たわみを科学的に計算し、耐震等級が最高等級の3をクリアできているかどうかを数百ページのデータをもとに根拠を示します。
さらに、躯体だけの計算を行うのではなく、地盤調査を行って地盤の強度を把握し、場合によっては地盤改良工事を施し、基礎の設計と躯体の構造計算を一緒に行うことでその根拠を示し、耐震等級3の地震に強い住まいをご提案、お勧めしています。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

Good Living Forum

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

今日は大阪市内でLIXIL主催のGood Living Forum2016に出席してきました。
IMG_2130_600.jpg
基調講演では「日本の建築を変えた50人+α」の中の一人である伊礼智先生のお話しを約80分、ジックリと居眠りせずに(汗)聴きました。
講演の中でビックリしたのはご自身の設計された手法、実例を1000人以上は参加されていたであろう会場に映し出されたスクリーンで惜しみも無く公開されていたことでした。
普通の(並みの)建築家であれば絶対隠したいところだと思う。
やはりもっと日本の建築を良くしようと本心から願っておられるからこそ出来ることなのでしょう。
さて、その内容は・・・
注文住宅、自由設計と言いながら、出来る限りコスト削減を図り(俗に言うローコスト住宅ではありません)最小限のコストで最大限に敷地を生かし、また周辺の町並みや緑を借景として取り込み、如何にして快適な空間を演出するかということに眼を向けられているところです。
今まで、天井が高い事がゆとり有る空間をつくると思っていましたが、窓や窓から見える外の空間を取り込むことで天井高2.1mでもゆったりとした室内を手に入れておられるところにも驚きました。
また数々の実績の中で手掛けられた造作家具を標準化してコストダウンを図る手法も真似してみたいなと思った。
他にも「ん、なるほどナ!」と感じるところもあり、無い時間をつくって出席して良かったです。
IMG_2127_600.jpg

今後の住まいのご提案に活かすことが出来るようもっと学ばなければならないと感じました。
さ、帰って呑もっ(爆)

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

基礎工事着工

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

生駒市・Ok様邸、
基礎工事に取り掛かりました。
先ずは掘り方から、、、
L1160170-1_600.jpg

先週施工済の地盤補強用の杭頭もカッチコチの状態。
このような杭がこちらの現場では34本!
この上に基礎のベースが載ります。
L1160172_600.jpg

予定では、ゴールデンウィーク中に基礎工事完成の予定。

明日は、大阪市に「性能の先の心地よさ」というテーマの基調講演を聞きに行ってきますっ!
もっともっと勉強せんといかんからね!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

ショールーム見学

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
熊本地方の地震では大変な被害が出ています。
今、自分に何かできることはないのか・・・自問しています。
それは阪神大震災の時も思ったし、東日本大震災の時の方が強く感じたし、そして今回の方がもっと強いです。
どんな些細なことでもいいと思います。
皆さんも何か出来ることを行動に起こしましょう。

さて、今日は、、、
先日着工しましたOk様と一緒に弊社採用のキッチンのショールームを訪問しました。
今まで東大阪市に拠点を設けていましたが、さらなる仕様変更、バリエーション増強の為により広いスペースが必要となり、大阪市内のキッチンハウスショールームのワンフロアを確保したというわけです。
L1160091-1_600.jpg
実は弊社採用のキッチンはキッチンハウスの工場で受注生産しているもので部材は全く同じものを採用しています。
その良さを一人でも多くの方に知っていただきたいのですが、何せキッチンハウスと言えばが付くほど高級キッチンなので、一般的には住宅機器メーカーの商品に比べるとあまり認知されていません。
しかし知る人ぞ知るキッチンなのです。
詳細は個別にご説明させていただきますが先ずはショールームの写真をご覧ください。
L1160098-1_600.jpg

L1160102-1_600.jpg

L1160106-1_600.jpg

L1160119-1_600.jpg

ここまでは比較的手に入れやすい価格でご提供が可能です。
しかーし、、、
次の写真のものは本家キッチンハウスの製品で価格も強烈です。
正面のキッチンと左右の収納キャビネットで、何と2000万円オーバー
L1160137-1_600.jpg
他にも、ダイニングテーブルだけで60万円以上、天板はユーカリの突板、
L1160122-1_600.jpg
扉を「トン」と叩くと引き出しがスライドして出てくるものもあったり、
L1160127-1_600.jpg
オーク材を使ったナチュラル系のもの、
L1160129-1_600.jpg

L1160148-1_600.jpg
どういう仕上げ方だったか忘れましたがコンロや混合水栓は世界的に超一流のものを採用していたり、、、
L1160146-1_600.jpg
弊社Kino-izmのキッチンと同じカラーもありました。
L1160160-1_600.jpg
個人的にはこちらのキッチンが気に入りました(^^)
L1160168-1_600.jpg
これらのキッチンと同じ性能のものの中からバリエーションを限定することで、手に入りやすいものとしています。

住まいを建てると毎日使うキッチンです。
是非機能的で長持ちするものを選んでほしいと思います。
これ以上詳しい説明は、是非ショールームで!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ