結露の悩み

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
益々朝晩冷え込みを感じる季節になりました。

今日はこれから訪れる寒い季節に付きものの結露に付いて、あるフリーペーパーの記者さんからTELでインタビュー(っていうのか?)を受けました。
その方の住まいのご近所に築浅の注文住宅(一応と言っておきます)が2軒建ち並んでおり、その2軒とも結露で悩んでおられるとのこと。
建物の向きは北向き、即ち北玄関で玄関ホールが吹抜けとのこと。
ここまで聞いて「そりゃ結露するで!」と思ったのです。
結露がひどい為、建築した業者に
「提案してもらった結果、結露で悩まされているので何か改善策を取って欲しい」
と依頼したところ、
「結露の度合いまで保証はできないので、壁紙を張り替える業者を紹介するのでそちらで張り替えて欲しい」と言われたそうだ。
このようなケースは時々耳にします。
今回も良くある相談とほぼ同じでした。
結論は「何度張り替えても改善されません」としか言いようがありません。
壁紙を張り替えると一時的に表面上は綺麗に見えるでしょう。
でも壁体内の結露は全く無くならないし、既に結露によって壁体内が劣化している可能性大です。
またそのうち結露で表面が汚れて来ると断言できます。
建物の性能が低いのに、特に北側の結露の生じやすいところに吹抜けをつくる(提案)なんて、結露のメカニズムを知らないから出来ることなのだろう。
吹抜けに設置していると思われるFIXガラスにLow-Eペアガラスを追加するなどして、結露を少なくすることは可能です。
でも壁体内の断熱性能を上げようとすると壁面を捲り、断熱材を付加しなくてはいけないし、それなりのコストもかかり、現実的にそこまで出来る御宅は少ないと思います。
それに建物の断熱性能が次世代省エネ基準程度(平成11年に定められた基準)であればどの家でも結露は起ります。
熟知していない工務店が大半ですが、結露のメカニズムをシッカリと理解し、結露が起き難いプランニングも必要だと思う。
Kino-izmでは平成25年省エネ基準でいうところの北海道地域の基準と同等の高断熱・高気密の住まいを建てていますが、それでも結露に関しては100%防ぐのは中々困難なことです。
「うちの住宅は結露はしません!」と話す工務店があるとしたら、それは嘘っぱちと考えても過言ではありません。
さて、今日のインタビュー、どんな記事になるのでしょうか?

現場は、、、
奈良市・Iw様邸
天井地を取り付けたところ、このあと石膏ボードを張って行きます。
L1120033_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

キッチン見学

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日はオリジナルキッチンのショールームにNi様と出掛けました。
このキッチンは表面がメラミンで出来ており、非常に傷や熱に強い素材です。
天板だけではなく、扉まで同じ素材なのです。
一般的に天板はステンレスか人造大理石というものが大半です。
もちろんKino-izmでも大手住設メーカーの設備を取り扱っており、実際に殆どの住まいで納入してきました。
ステンレスの場合はヘヤライン傷が付きやすいし、人造大理石は素材が樹脂のため、汚れが少しづつ内部に浸透して行き、表面が変色するという事が当たり前のようにあります。
我が家の人造大理石天板も同じくです。
もっともっと良いものが無いかと探し始めたのが昨年の春、ちょうどタイミング良くキッチン製造メーカーからお誘いがあり取り扱いを始めました。
どのようにして紹介して行けば良いか、、、少し遠回りして1年半が経過しましたがこれから建築される方には、全ての方に紹介したいなと考えております。
Niさま、如何でしたか・・・?
近日中に見積りを作成しますので、しばらくお待ちくださいませ!
L1110992-1_600.jpg

さてさて、、、
奈良市・Iw様邸
大工工事も終盤、吹抜け部分の足場板も取り外しました。
完成が楽しみです。
L1120016-1_600.jpg

今日も日常の日記をブログに記しました。
拙いブログですが、毎日ご覧下さってありがとうございます。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☀
今日は良い天気でした\(^^)/

現場は休み、
でも、チェックしないといけない事があって高取町・Nm様邸現場へ、、、
アンカーボルトの位置もOK、給排水のヘッダー管も確認できました。
L1110982_600.jpg

さて、、、
先日、ホームページよりお問合せ頂きましたご夫婦が初めて来店して下さいました。
Momotaroも愛想を振りまき、一応看板犬としての任務を果たしていました(笑)
IMG_6565_600.jpg
現在土地探しをされているようで、良い土地があってもその分譲会社の建築条件付きがほとんど、しかも建物との総額にたいして、それだけの価格の価値があるのかと疑問を感じておられます。
奈良県の住宅業界は不動産会社の分譲が多くて土地と建物をセットで建てる建築条件付きの分譲が非常に多いです。
その不動産会社もシッカリと建築の事を熟知し、建てる方(施主さん)に的確なアドバイス・ご提案が出来れば良いのですが、営業マンの知っている事といえば、坪○○万円です、とかキッチンは○○製、システムバスは○○製というような見える所の話ばかりで、いざ建物の躯体性能「耐震性」「断熱性」の話になると素人同然です。
さらに、「弊社は建築請け負ってます」といっても、下請けに丸投げっていうところがほとんどです。
このようなところで一生に一度か二度といわれる家づくりを依頼したところで、末永く快適に満足する家が手に入るとは到底思えません。
やはり住宅は住宅会社で建てないと、、、さらに下請けに投げるんじゃなくて完全に自社施工出来るところが望ましいと思います。
そしてある工務店の「実際に建築したものです」という提案書を拝見させて頂きましたが、
間取りを見ると収納が無く、玄関土間、ホールも狭く、とても注文住宅というには???でした。
割安感をもたせるにかどうすれば良いか・・・と、施主様の立場ではなく自分たち工務店の立場で提案しているように見えました。
断熱性能についても、自社のこだわりをシッカリと説明できないようです。
んー、これ以上ここでは申し上げることはできませんが、、、
断言できる事は
住まいを建てた後で、
後悔しないでほしい・・・本当にそう思います。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

気密測定

| コメント(0)

全国のkino-izmファンの皆様
こんばんは☆
昨夜は爆弾低気圧で我が家の周辺も突風が吹きビックリしました。
予めベランダの椅子テーブルや、植木を仕舞っておいたので事なきを得ました。
ただ、雷の稲光や突風の音にはMomotaroがすごくビビってしまい中々寝る事が出来ませんでした。
っちゅーことで今日は少し寝不足気味(^^;;

で、現場は、、、
奈良市・Iw様邸、外壁の工事も残りわずかです。
L1110965-1_600.jpg

今日は気密測定の日、
ある工務店の社長は「全棟測定しなくていもわが社のC値は把握している」とか、
「全棟やらなくても同じ仕様なんだから、そんなに性能が変わる事ないでしょ!」とか、、

おいおい、そんなことは無いですゼ!
いくら同じ仕様で建てていてもそれぞれ間取りも違えば、床面積も違う。
真四角な家もあれば凸凹の多い住まいも有るのです。
同じ仕様で建てていてもそれぞれ測定してみると異なる場合があって当然のことです。
住宅は工業製品じゃありませんからね!

ということで、Kino-izmでは全棟、その都度、気密測定を行っています。
今回は、3度の測定を行いました。
その理由は、1回目の測定値があまりにも悪くC値
1.5、
悪いと言いましても、一般の住まいよりは遥かに良いのですが、通常0.8~0.4あたり、目標値を0.5としているKino-izmにとっては大変なことです。
ましてや1.0が切れていないなんて!というような思いで、皆で、どこから空気が漏れているか確かめたところ、キッチン用の換気扇ダクトに塞がれていたシールが外れてしまっていました(汗)
測定士の小野寺さんの言葉をお借りすると
「通常、ダクトのシールが剥がれていたら測定不能となるケースがあります」とのこと。
つづけて、、、
「そんな状況で測定できるとはすごく気密が高いと言えます」と。

改めて測定し直しましたところ、数値は0.8、
再度ダクトやスリーブの貫通部分を見て回り、3度目の測定で0.7という数値が出ました。
日ごろ、目標値0.5としているKino-izmでは少し課題の残る結果となりましたが、改善策を考える必要がありそうです。
0.7という数値は決して低い数値ではありません。
むしろ高気密住宅といわれる部類に入るもので、全国的にもトップグループの仲間入りが出来る数値なのです。
1.0も0.5も五十歩百歩という人も居ますが、私は「そんなことはない」と思う。
やはり築後、長い年月でここに住まう人にとって、快適な空間を永遠に維持するためにも、工事中に我々がシッカリと汗を流し少しでも良い住まいを建てないといけないと思う。
L1110977-1_600.jpg

L1110980-1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

10月初日

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日から10月、今年もあと3ヶ月(気が早いゾ)

さて、、、
現在進んでいる現場は、
奈良市・Iw様邸
壁面の石膏ボードの大半を張り終え、天井裏の断熱材を仕込む手前です。
天井裏には高性能グラスウール105mmを2枚重ねて210mm厚としています。
ん、隠れてしまうところですが、快適な住まいを手に入れるには欠かせない作業です。
大工工事も終盤に差し掛かってきました。
L1110931-1_600.jpg

高取町・Nm様邸は、、、
基礎工事が完了し、給排水管の仕込みに取り掛かりました。
作業担当は橋本設備の橋本クン!
ブログに載ると子供さんが喜ぶらしい(^^)v
橋本クン、丁寧な仕事、いつもありがとうございます。
どうもこの写真はカメラを意識しているようです(笑)
L1110925-1_600.jpg

明日は、奈良市・Iw様邸で気密測定を行います。
これも大変大事なのです。
Kino-izmでは全棟気密測定(C値測定)を行っています。
C値とは・・・床面積1.0m2当たりどれ位(何cm2)の隙間が有るかを表した数値
この数値が小さければ小さいほど、隙間が少なくて冷暖房効率が上がり、計画換気効率も高くなります。
一般的な木造住宅(県内の建売住宅など)・・・5.0cm2/m2
高気密住宅・・・1.0cm2/m2と言われています。
Kino-izmでは、今までの最高値はC値0.4(目標値は0.5)
今回はどうなるでしょうか?

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ