充電完了

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今年の夏休みは例年になく満喫、充電できました、途中3度出勤しましたが(汗)
休暇明けの本日は取引先や金融機関の来客が多く、いきなり慌ただしい一日でした。

さて、、、
休暇明けの現場は・・・
橿原市・Wa様邸
外壁の塗装工事、壁面の下地板の継ぎ目のパテ作業
板の継ぎ目は経年劣化で継ぎ目が見えやすくなったり、クラック(ひび割れ)が生じてくることもあるのでそのようなことが起き難くする為に3度の下地処理を入念に行います。
IMG_1487-1-1_600.jpg

内部では内装クロス工事が始まっています。
IMG_1491-1-1_600.jpg

8月末にはきれいな姿を現すことになるでしょう。。。

奈良市・Nc様邸は、、、
明日の上棟に先駆け、宵組みを行いました。
Nc様、いよいよですね~(^^)
IMG_7654_600.jpg

以上、現場日記でした!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんにちは☀
一週間ぶりのブログ更新ですが、皆さん、夏休みは終わりましたか?
今日から仕事という方も多いと思います。
私は近場の温泉やエキスポシティー等、休日を満喫しております(^^)
で、弊社は明後日17日(木)から通常の営業となります。

さて、、、
住まいの断熱性能について、いつも訴えていることなのですが、休日の間の日中、家に居ると我が家は大変快適です。
先日も親戚が来た際、「エアコンが入ってるような冷房の冷たさがないのに、快適、爽やか・・・」といわれました。
さらに、「うちの家なんかどれだけエアコンつけても冷えへん・・・」と。
その住まいはそれほど築年数の古い住宅ではないと思うのですが・・・
ちなみに我が家は28度設定で24時間エアコンを稼働させています。
この状態で先月と今月の電気代を比べると約700円程度上がっているだけ。
如何に省エネであるかということなのですが、一般の断熱性能の低い家で同じように24時間エアコンつけっぱなしにすると、折角のエアコンによる冷気が家の隙間から外気と入れ替わり中々適温にならないでとんでもないほど電気代も上がると思われます。
そこで次のグラフをご覧ください。
dannetsuseino160816_600.jpg
この資料は専門雑誌の一部なのですが、次世代省エネ基準といわれる平成11年に決められた基準をクリアしている住宅はたった5%なのです。
2020年にようやく日本でも省エネ基準が建築基準法で義務化されますが、その基準もこの次世代省エネ基準レベルといわれています。
でもこの基準レベルの家でいいのでしょうか?
この次世代省エネ基準というものは既に17年も前に決められた基準なのです。
それを2020年に義務化するということなのですが、これは最低基準のことであり、「この基準にすれば快適ですよ」ということとは全く違うということを理解しておかなくてはいけません。

住まいづくりはその人の生涯で一度か二度と言われるビッグイベントです。
それが、数年後に迫る建築基準法改正による省エネ基準義務化を目前として、しかも法改正を知りつつ従来の低レベルの断熱性能の家を提案されるというどうにも悲しい現実に巻き込まれる時が来るであろうと思うと私は残念でなりません。

良心的な工務店であれば数年後に建築基準法以下のレベルのものを勧めるということなど無いと思うし、あってはならないとも思う。
しかし現実問題として、「2020年迄なら今のままで建てれますよ!法改正されると今まで以上に仕様を上げる必要がありコストも上がります。」という如何にも自分が正しいかのようなトークをする営業も出てくるでしょう。
実際、平成15年に24時間計画換気が建築基準法で義務化された際も駆け込み申請で「いまなら24時間換気システムを付けなくても建築確認の取得ができます」と契約を急かした工務店・建売業者が横行していました。。。

そんな悲しい現実を掴まされないためにも家を建てる施主自らがもっともっと勉強する必要があると思います。
業者の言いなりにならないよう、断熱性能と気密性能、そして換気性能は切っても切れない関係であるということを理解する必要があるのです。
少々熱く語りましたがお解り頂けたでしょうか???

今の基準で建てた住まい、2020年以降は基準法以下、ようするに既存不適格となることもお忘れなく!!!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

夏季休暇のご案内

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日もたいへ~ん暑っい一日でした!

暑い夏を楽しむために(?)、弊社も下記のとおり夏季休暇を頂戴致します。
休暇は10日(水)~17日(水)までです。
お墓参りをはじめ、普段出来ないことや家族サービスも含めユックリ・マッタリしたいと考えています。
なお、休暇中でも急を要する案件に関しては都度都度対応させていただきますのでその際は携帯電話にダイレクトにおかけください。
また、休暇といっても15日(月)16日(火)は今のところ予定は未定ですので、この時期しか休みが取れず、是非とも私と会いたいと思われる方はご連絡ください。
その時点で予定が決まってない場合はお会いさせていただきます。
こんなことを言ったら烏滸がましいでしょうか???

では皆さんも楽しい夏休みをお過ごしくださいね!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
Kino-izmでは特に何も申し出が無かったとしても長期優良住宅の認定を取得しています。
さらに耐震等級はすべて最高等級の3を取得しています。
たとえコストを下げることが出来るとしても、施主様からの依頼があっても耐震等級3未満の構造ではお引き受けできません。

阪神大震災をはじめ、大きな地震を経験する度に、今の構造では倒壊してしまうかも知れないという不安に駆られ、どのようにすれば耐震性を引き上げることが出来るのかということを考えてきました。
そんな中で木造建築の建築基準法では省略されている4号特例をそのまま鵜呑みにするのではなく、より一層耐震性を高めることに注力してきました。

ではどのようにすれば良いのか・・・?
現行では構造計算が一番理想的で木造の場合、許容応力度計算というものを行います。
許容応力度計算とは?
建築物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重、及び短期荷重を想定して応力(部材等の内部に生じる抵抗力のこと)を算出し、それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるかどうかを許容応力度(限界点)と比較するというもの。
簡単に言うと、設計された木造建築物の重量を計算し、重力をはじめ地震の際の横からの加重など柱一本一本に重力や加重が掛かった時にどれくらい耐えることが出来るかを科学的に計算します。これは柱だけではなく梁もそのようにして計算します。
こうして計算された結果、定められた耐震等級に達しているかを求めていくのですが、驚いたことにこの構造計算、建築業者の97%は行っていないといわれています。
これは何故かというと、何といっても耐震性に関して未だに興味のない工務店・・・これは論外でしょう、さらにはそれだけのコストを掛けない(かけることが出来ないローコスト住宅)工務店もたくさんあります。
それ以前に国の基準が緩すぎるということが最大の問題ということは間違いないでしょう。

写真はN様邸、チェック時のもの。
これから構造計算に掛かります(^^)v
IMG_1401-1_600.jpg

現場状況は・・・
橿原市・Wa様邸
キッチンを据え付けました。
L1170779-1_600.jpg

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も暑い一日でした。大阪では38度を記録したそうだとか。。。

さて、今日も現場ブログ
外壁を張り終えた橿原市・Wa様邸
今日はコーキング工事、天候が良かったので一安心(^^)
L1170766-1_600.jpg

内部では大工工事もほぼ完了
建替え前の旧家屋では南側が塞がっていたので昼間も照明が必要でしたが、新しい住まいには吹抜けがあるので明るい日差しを取り込むことが出来ます。
このような吹抜けを造ると暖房効率が悪いのではないかと思われる方も多いと思います(リビング階段もそうですね)。
実際、他社で建てられて完成後に後悔されている人も大変多いし(今年も2件相談を受けました)、提案した際に「知人から吹抜けは止めた方がいいよ」とか「リビング階段は寒い」と言われるケースも少なくありません。
が、Kino-izmの住まいはそのような心配はありません。
それは、断熱性能と気密性能がズバ抜けて良いから・・・なのです。
ここまで言っても中々言葉だけでは信じて頂けないこともあります。
Kino-izmでは実際に吹抜けを配置した住まいを何十軒と建てていますが1軒も不満や後悔されたという話を聞いたことがありません。
体感したいと思われる方は是非、お申し出ください。
Kino-izmの住まい手をご案内致します。
ただし、本気の方だけに限定、冷やかしはご遠慮下さいネ!
L1170761-1_600.jpg

Wa様邸は9月中旬の完成の予定、楽しみです。。。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ