これからの住まい

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは、寒
今日は寒い一日でしたネ!
今朝からTm様邸のウッドデッキの取替、残り作業をしていましたが終始、風があって寒くて手が冷たいままでした。
午後はkino-izmの暖かい事務所でプランの打合せ、楽しかったですよー!
さて、今日のお題は・・・これからの住まいについて
いつも訴えている事なので既にご存知の方はスルーして下さい!

高断熱って何?
家は通常、天井・壁・床・基礎部分などに、断熱材を使ってるんですが、高断熱は断熱材の中でも性能の高いものを使ったり、断熱材の厚みを増したりして、断熱性能を高めた住宅のことをいいます。
高気密って何?
文字の通り気密性が高いという事なんですが、住宅で言うと、隙間を少なくした家を高気密住宅といいます。
そして、その気密の性能を表す単位として、C値という単位があり、この数値が小さい家ほど、気密性が高いという事になります。

これらの高気密高断熱の住まいは魔法瓶と同じように、家の中が暖かい空気は暖かいまま、冷たい空気は冷たいまま長時間維持出来るようになります。
この数年、Kino-izmで建てて頂いたオーナー様達の間から口々に出てくる話で、他のハウスメーカーや工務店から「奈良県では高気密高断熱住宅なんて必要無い、オーバースペックですよ!」と言われたということ。
それ以上に何やらもっともらしい理由をつけて中気密とやらわけのわからない説明をする会社もあります。
高断熱は断熱材を性能の良いものに変えたりそのモノの量(厚み)を増やせばいいのですが、気密性能は見よう見まねだけでは中々高くすることは難しいのです。
何度も申しますが気密性能とは隙間を比較する為の表現です。
暖房する時、窓を開けますか?冷房する時、窓を開けますか?
そんなバカなことするはず無いですよね!
家そのものに隙間があったら・・・?、折角の冷暖房が思うように効かない、快適に過ごすことが出来ない、さらに光熱費が高くつく!
ということになるのです。
今、存在するほとんどの住まいはこれらに該当し、隙間のある住まいなので、冷暖房効率も非常に悪いというのが実情です。

正直申し上げて、これらの性能の住まいをつくるにはそれなりのコストが掛かります。
でも、この性能はその家が存在しつづけている間、ズーッと維持されるものなので、光熱費は少なくて済むのはもちろんの事、夏涼しく、冬暖かい、何より暑さ寒さに対するストレスを感じにくくなります。

建物も結露やカビが発生し難くなり、アレルギーの元とされるダニの発生減も抑えることが出来るのです。
住む人の健康にも良い上に、建物も守る事が出来ると言うことから、初期コストが掛かるとしても十分に元が取れると言っても過言ではありません。
如何ですか?
家づくりの際、断熱・気密を考えることはこれからの家づくりのスタンダードとなって行くことに間違いは有りません。
Kino-izmでは既にこのように高性能な住まいを全てのお客様にご提案させて頂いております。

写真は先日撮影しました、宇陀市・Nm様邸
リビングと和室のつながりです。
_KIT2103-1_600.jpg
Nm様は一昨年建築して下さったNm様の弟で、ご兄弟でKino-izmのオーナーとなって頂きました。
もうひとつ、嬉しい報告ですが、今日は4年前に建築して下さったS様が通われている理容室のオーナー様よりお問い合わせをいただきました。
散髪しながらKino-izmの良いところを語って下さったのかなーと。Sさま、有り難うございます。

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんにちは☂
今日は一日事務所でダラダラ、真面目に労働しております。。。

さて、、、
雨が降るたびに少しづつ気温が下がってきています。
これから本格的な冬に向かい、こうして寒くなって行くのですが、皆さんは部屋を暖房している際、温度計やエアコンの室温センサーなどで見る室温の数値と、実際に身体で感じている温度との間に差が有るように思われる事は有りませんか?
たとえば、真冬にエアコンの設定温度を25℃に設定しても、なかなか暖まりにくい(寒い)と感じる事や、真夏の日に22℃にしても涼しいと感じないことなど。。。
これらは実際に温度計の温度は実際その温度計のセンサー部分の空気の温度を示しており、人の身体は複雑な温度センサー機能を持ち合せており、空気の温度だけを感じているのでは無いので温度計の数値と身体が感じる温度に差が生じるのです。
人の身体って温度計のように単純ではありません。

冬の季節、私たちは家の中に居ると、"壁""天井""床"の温度を感じているのです、これは冷放射といいます。
外気温の影響を受けて内部表面(壁・天井・床)が外気近くまで下がってしまうような低断熱の住まいでは、どれほど室温を上げて(暖房)もこれらの冷放射を感じる為、温かく感じることが少ないです。
例えば室温を25℃として、外気が0℃、この影響で内部表面の温度が8℃だとすると【(25+8)/2=16.5℃】ということになり、私たちは室温25℃でありながら16.5℃と身体が感じてしまいます。つまり寒く感じるのですね!
逆に、夏の場合、内部表面が35℃として、エアコン22℃の設定で運転しても【(35+22)/2=28.5℃】となり、室内では汗ばむことも多くなり、お世辞にも快適とは言えない空間となります。
これらのことから、暖かさ、涼しさを維持する事が出来る住まいとは、外気温の影響を受けにくい住まいであるという事です。
外気が進入してこないように断ち切り、室内の温度を快適な温度に保つためには、"壁""天井""床""基礎周辺"をどのようにして断熱し性能を上げるのかというところが大変重要となります。
断熱性能を上げれば消費エネルギーが少なくなるということはもちろんのことなのですが、内部表面(壁・天井・床)が室温に近づくので室温と体感温度にそれほどの差が出ず、快適性を増してくるのです。
つまり省エネは我慢でもなく快適性を求める事と等しいと言えるのです。
もしもこれから家づくりをされる人たちには是非、将来の人々の為に、是非ともこの省エネを理解し、実践して快適な住まいを手に入れて頂きたい!
エネルギーを浪費しながら、さらに快適ではないというお粗末な住まいにならないように・・・。
ん~、何か纏まりのない文章だなー、、、要するに「家づくりには断熱と気密は大切だよ!」ってことです。

写真は、2012年竣工のMa様邸ダイニングキッチン
キッチン背面にはパインの板を張りカップボードは造作によるオリジナルです。
DSC_5163_600.jpg

ほな、また、、、

↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
急に気温が下がってきました。
天気予報によると今後10日間くらいは平年よりもかなり低くなる確率が30%以上あるらしく「異常天候早期警戒情報」が発表されました。
皆さま、ご注意ください。
ま、高断熱・高気密の住まいに住んでいる人は、快適に暮らせるでしょう。。。
で、あたたかい家について、、、
Kino-izmでは、あたたかい家をつくっています。
昨日、撮影にお邪魔した住まいも、家の中は快適と仰って下さいました、まぁこれからがその性能を本格的に発揮する季節ですけどねー!

それはなぜ???
外気温の影響を受けにくいからなのです。
たとえば衣類でイメージしてみて下さい。
冬、室内でセーターを着ているとあたたかいですよね。
でも、それだけで外に出ると風を通して寒くないですか?
そこで、その上に風を通さないウィンドブレーカーを着てみて下さい。
熱が逃げないであたたかいでしょ?!

これを家に置き換えると、
セーター...「断熱」、ウィンドブレーカー...「気密」となります。
セーターやウインドブレーカーはファッションとして楽しむ要素もありますが、住まいの「断熱」と「気密」は完成すると目に見えなくなってしまいます。
だからこそ、確かな計画と、精度の高い「断熱」と「気密」の施工が必要なのです。

いくら「断熱と気密」を良いと訴えてもその知識・仕組み・理由を理解したものが施工・管理しなければ施工精度も伴いません。
即ち、見よう見まねでは「なんちゃって●●」を繰り返すばかりなのです。
県内でも「なんちゃって●●」見かけますよー!

2020年に建築基準法に省エネ基準が義務化されます。たったあと2年5ヶ月ほど先の話です。
でもこの法律、「少しは断熱材の事を考えましょう」くらいの優しい、低い基準なのです。
即ちこの基準を無視した「断熱性能を全く考えない住まい」は基準法違反とされ建てられなくなります。
「じゃあ、ギリギリ守ればいいんですよね?」というツワモノもたくさん現れることだと思う。
たいした底上げじゃありませんから。。。
でもこれではあたたかい家になりません!
問題なのは、一般の消費者がそれらの事実を一切知らされていない、いや、知ることの出来ない状況です。
建築会社の中には、自分たちの建物がそういう建物であることに気付いていない会社もある。
そういう状態で、気付いている会社だけが、キチンとしたものを作るために、キチンとかけるべきところに予算をかけて、キチンと目的に合った建物をつくっています。
作り手も買い手も無自覚。
でも断熱性が低い事実は変わらない。
しかも違法な建物ではない。
だから規制もできない。
営業妨害になるといけないので、声を大にして指摘もできない。
これが現実です!

せめて私のブログをご拝読下さった人には、見極めるだけの知識を得る勉強をして欲しい。
家は、一生で一番高価な買い物、簡単に買い替えできるものでは無いのだから。。。
切にそう思います。
断熱だけじゃありません、耐震性、耐久性等多方面にこういった事が業界ではたくさんあります。。。

写真はY様邸、リビングの一角にインターホン&携帯充電用のニッチを造り、その周辺を黒板ボードに施したものです。
施工年は2010年だったので既に7年目をむかえています。
久しぶりに住まい手の顔を見に行こうかなー。。。
IMG_2928-2_600.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

撮影の日 in 宇陀市

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も日中は良い天気でしたネ~☀

宇陀市で今秋完成しましたNm様邸、住宅雑誌に掲載の為、プロのカメラマンさんにライターさん同伴の下、撮影をして頂きました。
外構工事はシンプルにコンクリートを基本に緑の草花でと赤いポストのアクセント。
アメリカンフェンスもバッチリ(^^)b
表札はオーダーしたステンレス製のものをコンクリート壁に埋め込まれ、引き締まって仕上がりました。
素敵な表札、プライバシーの関係でアップでお見せできないのが残念。。。
IMG_2567-1_600.jpg

室内も整理整頓されており撮影もし易かったです。
データが届きましたらホームページでご紹介させて頂く予定です。
IMG_2574-1_600.jpg

撮影にご協力して下さったNm様ご夫妻、快くご協力して頂き、有り難うございました。
また、若干2歳(えーっと!3歳になりましたっけ?)の現場総監督も昼寝時間返上で、最初寝不足の顔でしたが、徐々に馴染んできて終盤には我々取材班に愛想を振りまいてくれました、笑
総監督、どうもありがと~ございました~~~

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

断熱性能は大切です

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
自分の書き記した過去のブログを読み返していて、もう一度皆さんに読んでいただこうと思ったので再度書き記します。

私の住まいは、新築後、7年7か月が経過しました。皆さんにお勧めしている家と同じ性能です。
いや、現時点で施工させていただいている住まいは私の住まいよりはるかに高性能です。
このような住まいで暮らすことで、自分自身も体感し、良いところとそうでないところを改善しながら皆さんにより一層良いものをご提案しています。
さて、その住まいですが数日前、ようやく蓄熱暖房機のスイッチをONにしました。
例年、蓄熱暖房機だけで冬場を快適に過ごしています。余程気温の低い日の夜半には少しだけエアコンで暖房しますがそれも年間を通じて5~10日程度で暖房したとしても1日2時間程度、いちばん室内の温度が低下する午後11時から深夜にかけてのことで、早朝、昼間、ゴールデンタイムは全く暖房しなくても快適な温度を保っています。
蓄熱暖房機で少しのエネルギーを使うだけでこのような快適な住まいを手に入れることが出来るのです。
それは、何故か...?建物本体の断熱性能が良いからなのです。
大手ハウスメーカーや建売住宅会社などが"ZEH住宅"という言葉を良く使います。
たしかに機械で制御され家中を快適に出来るので大変高性能な住まいだといえます。
しかし考えてみて下さい。
エアコンをガンガン使って快適にするのは簡単なことです。
太陽光発電システムやエネファームでエネルギーをたくさんつくり、そのエネルギーをたくさん使用するのです。
これではたして高性能と言えるでしょうか?
さらにこれらの設備はそのうち故障・寿命が来るのです。
そうすると買い替えなくてはなりません。
下のイラストをご覧ください。
今お話した事柄を浴槽に例えてみると・・・
dannetsu_high.jpg

お湯を溜めた浴槽の温度を一定に保とうとすると、、、
少しのお湯を足し湯することで一定の温度を保つことが出来ます。
まるで魔法びんのように。

そして逆に断熱性能の低い場合は・・・
dannetsu_low.jpg

同じ条件を維持しようとするとたくさんの足し湯が必要となります。
光熱費もバカにならないでしょう。。。
すると、ケチケチしなくてはならないし、それが精神的ストレスにもなります。
気持ちに余裕が無くなりますネ!

如何ですか?
ご理解いただけたでしょうか?

このように住まいに対する断熱性能は大変重要な要素で、快適に住みたいと思われる方は断熱性能には妥協してはいけません。
デザイン、住宅設備にコストを掛けるのもいいでしょう、しかし断熱性能を妥協してまで住宅設備やデザインを優先させると、たいへん住みにくい家になるのです。

ん、如何でしょうか?
なかなかブログだけでは私が伝えたいこと全てを伝えることは難しいと思います。
「もうちょっと話を聞いてみよう!」と思われた方、いつでもご連絡ください。

さて、今日は午前中「幸せ家族計画」の家、奥様とKino-izmの事務所でワイワイと楽しく打合せ、あっという間の2時間でした。
遠方のところ電車に乗ってお越しいただきました。
Kino-izmでは打合せは全ての方に事務所にお越しいただいております。
そうすることで私自身も移動する時間を省くことが出来、時間を隙間なく使えますしカタログ類をご覧いただくにも都合が良いのです。
経費も省くことが出来、これらが最終的にはコスト削減に繋がると考えています。
Tさま、本当にありがとうございました。
次回のご提案まで楽しみにお待ちくださいね!

で、午後は農地の売却のご相談で県内某所を訪れました。
どういうご提案をすれば良いか・・・脳みそに汗掻いて考えますっ!
IMG_2879_600.jpg

明日は住宅雑誌掲載住まいの撮影です。

只今23時30分、自宅リビングで半袖・半ズボンでこのブログ書いています(^^)v

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ