拘りの住まい

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は久しぶりに雨の降らない一日でした。

よく「坪単価いくらですか?」と聞かれます。
坪単価は比較する上で目安となるように思われる方が大半です。
でもそれは大きな間違いなのです!!!
Kino-izmが創る住まいは工場で作られる製品や簡単に通信販売で購入できるものではありません。
価格.comのように同じ製品を値段で比較することも出来ません。
Kino-izmの住まいは職人たちが知恵と力を合わせて作り上げるもので、見えないところにも職人の技・魂が注ぎ込まれています。
もちろん建材メーカーなどのつくる規格品を使うこともありますがその規格品を単独で使うのではなく現場でそれを加工しながら適材適所、使いやすく住みやすい快適な住まいに創り上げていくのです。
これは職人の仕事の集合体であり、ハウスメーカーの工業化住宅や建売住宅会社の規格住宅とは全く異なるものなのです。
だから価格だけで比較されることには非常に悲しみを感じます。
予算の都合もあるでしょう。でも、どういう職人たちがどのようにして建てていくのか、完成すると隠れてしまう部分はどうやってどのような施工がされているのか。そういったところを見て欲しいのです。
Kino-izmが拘る、気密性能や断熱性能、これらはどのようにしてその性能を担保しているのか、ただ単に指示されたことを行っているだけではなくてその理由も理解して仕事をしています。
完成すると見えなくなる床下や壁体内、屋根裏に至るまで、価格優先というのであればこの部分のコストを抑えないと見えるところでは中々コストを抑えることが出来ず、快適な住まいとなるような仕事をするのも難しくなります。
職人の惜しみない汗と手間を是非理解した上でKino-izmの住まいを見て欲しいと思います。

さて現場は、、、
大和郡山市・Nt様邸、
キッチンの据付工事も完了し内装工事に取り掛かりました。
内装工事の最初はボードの継ぎ目にシッカリとパテを打ち込み表面を均す作業。上を向いて行う作業、これもけっこうしんどいです(>_<)
こういった職人たちのおかげでこだわりのある住まいを建てるという私の仕事も成り立っています!
職人たちに感謝!感謝!感謝!
L1340809-1_600.jpg

L1340800-1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

梅雨の合間に・・・

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
今朝は雨が降っていて今日も工事が止まるナ~と思っていましたが何とか天候も崩れず、ゼロエネ住宅・T様邸の掘方も半分ほど進みました。
地盤が軟弱でしかも粘土質、ダンプを搬入しようとしてもタイヤがめり込むくらい弱く、急遽鉄板を敷き対処しました。。。
明日は、残り半分、不要な土を搬出し、捨てコンまで進めることが出来ればと思いますが、天気予報は雨☂雨☂雨☂。
昼まで持ってくれれば・・・梅雨の季節、現場はもう段取りが狂いっぱなしデス!
L1340728_600.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

HEAT20にG3グレード

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
雨天続きで今日から基礎工事に掛かろうと予定していたゼロエネ住宅・T様の現場も見送りました。
Kino-izmでは他に工事中の現場が3件ありますが外部の作業はどの現場も足踏み状態で予定がズレてズレて、、、泣
そんな状況下で大和郡山市・Nt様邸は外部も雨樋を掛けてしまえば足場の解体も出来る状態。
内部は大工工事もあと2日くらいで完了します。
仕上がりはどんな風になるのでしょうか・・・
L1340667-1_600.jpg

さて、Kino-izmでは施工している建物の省エネ性能が数値で解るように(他社と比較できるように)外皮平均熱還流率(Ua値)を公開していますが6月末に凄いニュースが飛び込んできました。
東京大学名誉教授の坂本雄三氏が委員長を務めるHEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)は6月27日、東京都内で2019報告会を開催し、G1、G2を上回る新しい外皮性能グレード「G3」を提示しました。
G1やG2というグレードでも結構高い性能なのですがその上のG3グレードを設けるとは、、、
そもそもHEAT20とは・・・戸建住宅の目指すべき住宅像と推奨する断熱性能水準を2015年にG1、G2という2つの外皮性能グレードを策定し室内温度環境を指標とし最低体感温度が一定の温度以上を保つために必要な外皮性能(断熱性能)の水準を示しました。
住宅内での体感温度が15℃未満となる割合を、私たちのエリアとなる5地域では20%程度と設定したものがG1グレード、15%程度と設定したものがG2グレードとして推奨。また同じように冬場の最低体感温度はG1グレードで概ね10℃を下回らないもの、G2グレードでは13℃を下回らないものという基準を設けています。
水準となるUa値は・・・
G1グレードで0.46、G2グレードで0.34という性能の高さ、Kino-izmの標準仕様ではおおよそ0.40~0.36なのでG1グレードは余裕でクリアしておりますがG2グレードをギリギリクリアできるかどうかというレベル。これでも関西圏ではトップクラスと自負しております。
なのにさらにこの上のグレード「G3」を設けるとは、、、ちなみに5地域で0.23という凄い水準!、少しでも追いつき、置いて行かれないようにKino-izmの基準も上げていかなくてはなりません。。。ちなみに私の周りでHEAT20の話をしても知っている人がほとんど居なくて会話にならないです、汗
このように省エネの水準は高くしようとする民間団体がありますが、、、あ、そうそう、これは公的な機関ではありません。
耐震性能についてもどこかで耐震等級3という最高等級の上をいく耐震等級4とか5が出てきても良いのにナと思うのです。
変ですか?こんなこと思うワタシ。。。

まだまだ日本の住宅業界のレベルは低すぎます。
早く国が最低基準を設けないと、、、いけないと思うのです。

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

今日はおイモ~

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
本格的な梅雨の季節、九州では局地的な大雨というニュースも。。。
私たちの地方でも断続的に雨が降っていて明日からのT様邸の基礎工事に少なからず影響が出そうです、汗

昨日は建て替え計画のご家族が来店して下さいました。
ハウスメーカーなどは営業マンが嫌でも訪問するので避けている...とか。
私のブログを細かく読んで頂いているようで大変うれしかったです。
これから本格的に進めていかれることなので、何社もお話しを聞かれたらと生意気にもアドバイスしました。
折角、ご自宅の図面などを持参されたにも関わらず、コピーさせていただき、ファーストプランのご提案だけでもすれば良かったナと反省しております。
このブログを書き終えたらメールにてご連絡してみようと思います。

さて、最近新規のお問い合わせが急激に増えてきました。
昨日も今記したように新規の方のご来店があったし、資料請求による発送も増えています。
「これから行っていいですか?」とTEL頂きましたが、もう土日は予定がパンパンで今週と来週は無理だとお伝えしました。
再来週にはお越しいただけるのだるか・・・この方も名前もお聞きしなかった、少し雑な対応だったと反省、汗

さてさて、そんな慌ただしい日常が続いていて、今日は昨年秋にご入居して下さったTb様のお宅訪問。
というのも元々地元の知り合いである外構業者さんにエクステリアをお任せしようとしておられたのですが、どうもチグハグで意見が合わず、、、
「こんなことなら最初から木野さんに任せておけばよかった!」と嬉しいことをお話しして下さいました。
で、こちらのお宅、いつも何かしらご用意して下さってます。手ぶらで帰ったこと無いかも。。。
今日も実家で採れたおイモ~、と言って紙袋にいれて下さいました。
Tb様、いつもありがとうございます。
ご期待に副えるようにガ・ン・バ・リ・マ・スッ(^^)v
IMG_9572_600.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
少し雨が続くと蒸し暑くなりますね。。。
これからの季節、湿度が高くなるのでエアコンによる調湿が必要になりますがエアコンの能力を十分に発揮させてやるためにも気密・断熱が必要です。
気密・断熱の低い家ではいくらドライ運転で調湿しようとしても躯体の隙間からの外気の流入が多くてエアコンがフル回転しても追いつかなくなります。
その結果、部屋の隅では空気の滞留が起き壁面が湿気でベトベトする場合もあるのです。カビの原因となるもので住まいに良いことは無いですね。
一方、気密・断熱が高い住まいは僅かなドライ運転で快適な室内を維持出来ます。24時間計画換気設備と併せて、家中の空気の循環がスムーズに行えるうえに、隙間が無いので外気の流入も無く、家の隅々まで快適に出来るのです。
機械の持つ能力を十分に発揮できるということはそれだけ家の中も快適に出来るということなのです。
自然素材は調湿すると謳っている工務店も見かけますが、、、もちろん自然素材の持つ調湿性能もわずかな助けになるでしょうけど、気密・断熱が中途半端であれば調湿をすべて仕上げ材である自然素材に頼ることになります。
柱の足元や窓の下部などでジメジメとして水滴が流れ落ちていても自然素材が調湿していると言えるのでしょうか!
全てを自然素材に頼るのも無理があると思うのですが、間違っていますか???
やっぱり第一に建物の躯体性能に眼を向けるべきだと思うのです。

さて、昨日地鎮祭を執り行いましたゼロエネ住宅・T様邸、今日は地盤改良工事を行いました。
明日、明後日は養生し、週明け月曜日から基礎工事着工です。
雨が気になりますね・・・
L1340659_600.jpg

さてさて、もうひとつ。
今日はお客様のご依頼で購入しようと検討されている土地を確認に行ってきました。
閑静な住宅街、日当たりも良いし前面道路も広い、、、擁壁のコンクリートを見てもまだまだ問題無さそうに思えました。
お客様には私の考察をご報告し検討材料にしていただこうと思います。
IMG_9548-1_600.jpg

皆々様、良い家を手に入れましょう♪

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ