全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は午前中、三重県名張市、私の住宅建築の礎となった師匠((株)三浦不動産・社長)を訪問しました。
「床下エアコン&基礎断熱の住まいが完成し寒い季節に一度見に来なさい」というお誘いがあったからです。
完成現場に着いたのは10時30分頃、車の外気温センサは3℃でした。
玄関ドアを開けると何とも言えない空気感、ほんのりとしていて身体のどこにも温かさや冷たさを感じません。
性能の低い家の場合、暖房しているリビングなどの方向から温かい空気を感じながら反対の玄関ドアや間取りによっては配置している土間収納の方から冷たい気流を感じるものです。しかしそのような寒暖は全く感じません。
床下に設置しているエアコンも潜って見学、14帖用でした。建物の延べ床面積は37坪です。
背中を向けているのが師匠、今年古希を迎えられました。もっと良い写真撮ればよかったです。。。
IMG_8169_600.jpg
一通り見学させていただき、リビングのテーブルに腰掛けて施工中の写真などを見せていただき説明を受けました。
フローリングは素足でも優しい暖かさ、決して床暖房やホットカーペットのような無駄な暑さは全くありません。
IMG_8172_600.jpg
色々と助言をいただいているとワイシャツ一枚で十分快適。
リビングに設置していた温度計は21.9℃を表示していました。
IMG_8176_600.jpg

結論、、、外気と接する部分(外壁や窓「外皮」と呼びます)の断熱性能を高くすること、そして建物の隅々に隙間が無いこと(気密性能)なのです。
快適な住まいは暑さ寒さを感じるというストレスから解放されます。そして光熱費が少なくなります。
さらに、結露の発生を抑制でき、それは躯体を腐朽から守ることになるとともに、カビやダニの発生を防ぐことが出来てアレルギー性疾患を防いでくれるのです。
そこには家族の健康と笑顔、そして幸せな生活があります。
デメリットなんてどこを探してもありません。。。
Kino-izmも今日の見学を基にまた一段階段を上りたいと強く思いました。
如何ですか!
こんな工務店と一緒に家づくりしませんか!

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

現場管理は・・・

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
寒い寒い寒波が押し寄せています。
関東では平野部で積雪とのこと。
まだ、私たちの住むところでは雪はありませんが、とんでもなく寒いです。
こんな寒い中、今日は大和郡山市で、Nt様邸の地盤調査を行いました。
施主様には予め日時をお知らせしていたところ、奥様とお子様、そしてお母さまの3人でお越し下さいました。
元々畑のような地形のところに土を入れ造成された場所で、造成時に硬化剤を混入されていたので表層50cm程度、すごく固い層がありました。
調査の様子を見ていると測定位置が「アレレ?」と思ったので再度測るとやはり間違っていました。
ほとんどの工務店・ビルダーさんは立会せずに調査会社に任せっきりですが、こういうこともあると想定しているのでいつも立会いしています。
現場をチェックする重要性ってこういう事なんだなと思います。
本当に立会して良かった。オシマイend.....
L1320140_600.jpg

明日は早朝からm名張市の私の師匠のところへ出掛けます。「エアコン1台で快適な住まい」を実践しておられ、「一度見学に来なさい!」とお誘いいただきましたので断る理由がありません。
楽しみですが、雪が降らないか心配です。。。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
週末はすごーく寒くなるようです。
いくら暖房しても足元がスースーして寒いという話を今日、訪問したお宅で聞きました。
つい先日は春のようなポカポカ感があったのに、今度は今季最高の寒波といってますし、家の中の環境も外気に影響を受けていくら性能の良い空調機器があっても調整しにくい状況ですね。
こういう時こそ、建物の外皮性能、ようするに断熱と気密性能が高いほど、外気の影響を受けにくいので空調機器もストレスなく快適な環境となるでしょう。
気密・断熱性能は本当にほんとうにホントウに大切なんですよっ!

さて、大工工事の終わったAk様邸、内装工事に取り掛かりました。
まずはパテ、パテ、ひたすらパテです。。。。。
L1320124-1.jpg

L1320133-1.jpg

外部はバルコニーの手すりバーの取付け
L1320131-1.jpg

3月初旬の完成を目指して各職人さんたち、寒い中、頑張ってくれています。

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
2日間ブログ更新が出来ませんでした。
楽しみにして下さっている方々には申し訳ございませんでしたm(_ _)m

昨日の水曜日は2件の方と打合せ、1件の方はプランが確定、早速見積もりに取り掛かりました。
もう1件の方は色々な工務店・ビルダー等のお話をお聞きになられて、「自分たちの一番理想とする家づくりが出来そう」と仰っていただき大変嬉しかったです。
これから敷地の測量を行い、プランニングと進めていきます。

今日は朝からTr様邸で打合せ
先日、現場の進捗状況を目にして、「ニッチが欲しい」と相談がありました。
で、今日は現場でどのくらいのサイズのニッチをどの高さで設置するか?棟梁を交えて現場で確認。
いつものことなのですが、図面だけで打合せを行うハウスメーカーやビルダーが多いことに大変残念です。
工事が進むとともに、当初描いた家づくりが図面では思い付かなかったようなことも、こうして現場を見ると気づいたり希望が出てきたりするのです。
せっかくの自由設計、注文住宅、少しでも思い描いたようにしたいと思うのは全ての方だと思います。
でも、ほとんどのハウスメーカーやビルダーは着工前に図面上で全て決めてしまい、着工すると変更や追加の希望すら応じてもらえないといいます。これで生涯住む家をつくるのはどうかなと思います。
後悔ばかりの家づくりになってしまうこと間違いありません。
このような事にならないように、Kino-izmでは工事中には何度でも現場を見ていただき、追加の希望や出来る限りの変更などをお聞きできるようにしています。
L1320095_600.jpg

外装の改装工事中のM様のお宅ではようやく大屋根のコロニアル葺きの工事が完了。
明日から下屋へと移ります。

L1320117_600.jpg

そして今日はKino-izmのオーナー様・Nm様がお隣の方をご紹介くださいました。
その内容は、昨年秋の台風後、太陽光工事を行った業者が訪問し、
「屋根の点検をしてあげましょう」ということに。
で、その結果、
「屋根瓦が所々割れているので取り替えないといけない、300万円以上掛かる」と言われてビックリされ、隣に住むNm様に工務店を紹介して欲しいと頼まれたらしいデス。
今日はKino-izmの協力業者の屋根屋さんに点検していただきましたが、「300万円なんてとんでもない話」でした。
屋根はまだまだシッカリしており、確かに一部ではひび割れが確認できましたが太陽光設備を取り外し、屋根の葺き替えなんてするほどのものではありませんでした。
おそらく、色褪せたスチール製の換気棟のペイント、外れている一部のスレートの設置や取り換え、ひび割れにシーリングを施せば大丈夫でしょう。
IMG_8128_600_900.jpg

皆さんも訪問販売には気を付けましょう♪

明日は、橿原市・E様邸の完了検査、そしてKino-izmのオーナー様のご実家リフォームのご相談、そして家づくりをご指名していただいているM様の建設予定地の敷地調査を行います。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
立春、暦の上では今日から春ということのようです。
春一番が吹いたとの気象庁の発表もありましたが、まだまだ寒い日が続くでしょう。
Kino-izmの高気密・高断熱の住まいではオーナーの皆様は快適な毎日を過ごしておられると思います(^^)

さて、今日は橿原市・Tr様邸で気密測定を行いました。
IMG_8097_600.jpg
気密測定は高気密・高断熱には欠かせない測定です。
建物の屋根・壁・床という外気とつながる部分でどのくらいの隙間があるかを測定し、測定結果によっては簡易ウレタンやシーリング材でその隙間を塞ぎ、気密性能を改善します。
測定することで見えない隙間を見つけることができ、それが将来、結露の原因となるヒートブリッジ(熱橋)を抑えることとなり、快適な住空間を維持してくれるのはもちろんのこと、建物の骨組(躯体・柱や土台といった構造材)を腐朽による劣化を防ぎ建物寿命も延ばしてくれるのです。
さらに、気密測定は本来の目的以外でも役に立つことがあります。
今日はこの役に立つ経験をしました。
測定1回目、C値...0.5cm2/m2
Kino-izmが最低目標とする数値をクリアしました。しかし、もう少し良い数値を測定できてもいいのではないかとの思いで隙間を点検。
それは隙間特性値という数値に眼を向けているからなのです。
1回目のn=1.75、この数値の指す意味は「どこかに大きな穴が開いてますよ」という意味。
大工や測定士、断熱工事を請け負っていただいている会社の担当者、私たち計7名で家中探し廻り、施すべきところを塞ぎ、改めて測定開始!
2回目、C値0.5cm2/m2と1回目と変わらず、わずかに隙間特性値が上がりました。
でもおかしい、何故???
納得できず、家中いろいろと探すが見つからず、、、
L1320039-1_600.jpg

そこで、違うところに眼を向けました。
サッシの締め合わせ部分です。
通常サッシは規格品で高気密型の樹脂サッシ、わずかな隙間はあろうとも、さほど大きく影響はしません。
しかし、今回はあまりにも隙間特性値が低かったので通常できる隙間以外のところを探しました。
すると、、、2階の横長の辷り出し窓の本体と窓枠との間に外が見えるほどの隙間を発見しました。
サッシは完成品でメーカー工場から出荷されていますがシッカリとチェックされていなかったようです。
幸い、ねじ回し1本で調整が出来るところだったため胸をなでおろしました。
誰もが気づかないところ、まさかこのようなところで想定外の隙間があったとは・・・と思うと、気密測定をすべての建物で実施していて良かったと思いました。
で、気を取り直して3回目の測定結果は...期待通りのC値0.3cm2/m2という良い数値が測定出来ました。
L1320035-2_600.jpg

このようなところに気づかないで工事を進めている工務店も多いのではないでしょうか。
これは気密測定を行わないと見けることは出来ないでしょう。
改めて、気密測定を実施していて良かったデス!

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ