完成内覧会のご案内

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
梅雨空、ジトジト湿度も高く不快な日が続きますね!

さて、、、
橿原市・M様邸、
本日より内装工事に取り掛かりました。
L1270746-1_600.jpg

L1270744-1_1_600.jpg

工程が予定通りに進みますと、月末には完成の予定、
で、6月30日(土)、7月1日(日)の2日間、完全予約制による完成内覧会を開催致します。
施主様の御厚意に感謝ですm(_ _)m
申し込み順にご予約を承ります。
Kino-izmの住まいに興味を持っておられる方、是非ご覧になりたいと思われる方、下記のお問合せフォームよりご予約下さい。
※都合によりご希望の日時に添えない時が有りますことを予めご承知おき下さい。
お問合せフォーム

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
今日は日曜日、午前9時半より夕方7時前まで4組の打合せ、、、
一日で4組のお客様と打合せするのも久しぶりでした。。。
で、その内容は、、、
2世帯住宅のプランニング、ある程度プランも固まってきました。
2世帯なので子世帯のみでは前向いて進むことが出来ません。
ここはご両親にも詳細をご案内し、親子で進めるしか無いですね!

次の方は土地探し、、、
どうやって土地を探すのか、またはどんな土地が家づくりには最適か、そして評価も含めてお話ししました。

その次の方、
プランも確定し、見積もりもご覧頂き、Kino-izmで家づくりのスタート地点に立つことが出来そうです。

4組目の方はどの工務店に依頼をするのか???
いちばん悩むところですが、工務店のそれぞれの良さ、そして如何に自分たちの家づくりに合っているかを見定めなくてはいけません。
ファーストプランのご提案約束をしました。

工務店も様々です。
得手不得手の分野もあるでしょう。
でもどのような状況であれ、耐震性能と温熱環境は基本です。
ココを疎かにされる工務店では、知らず知らず素人さんでは解らない他の部分でも同じような判断をされているかもしれません。
家は建てただけで終わりではありません。
これから先、50年、70年と住み続けるためにも最初にしておかないと行けないことがあります。
それを出来るかどうかで、
住むのが楽、
家計にも楽、
身体が楽、という後々では買えないものを手に入れることが出来ると思います。

今日、お客様から聞かされましたが今も尚、耐震性能が最高等級の「耐震等級3」は必要ない、「等級2」で十分と言っている工務店があることに驚きました。
おそらく元々最低ラインの建築確認が受理されるギリギリのラインでコストを掛けずに家づくりをしているのでしょう。
そうなると「等級3」へ性能を上げるにあたり、相当のコストが掛かるのかも知れません。
でも、そんな選択肢有ってはいけないと思うのです。
阪神淡路大震災でも熊本地震でも多くの住まいが倒壊しています。
でもシッカリと構造計算(許容応力度計算)を行った、まともな「耐震等級3」の住まいは倒壊を免れています。
自動車を購入するとき、「ブレーキはどうされますか?付けますか?」なんて聞かれないでしょう。
それと同じことを言っているように思うのです。
耐震等級3は絶対必要です。
選択肢はありません。
家づくりをするに際し、こんな工務店と出会わないことを祈ります。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

一歩成長

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂☁
蒸し蒸しする夜ですね。

今日は大阪南港・インテックス大阪で開催されているKENTENという建築部材の展示会に行ってきました。
新商品を中心に外部で使うものから室内で使うものまで、大きさもデッカイものから手のひらに載るような小物まで、西日本最大級の展示会ということもあり、会場は人、人、人で溢れかえっていました。
kenten1.jpg

kenten2.jpg

kenten3.jpg

kenten4.jpg

多くの出展材料の中でいくつかKino-izmの住まいでも取り入れることを前提として、来週には4社のメーカー担当者とお会いする約束も出来ました。
少しでも良い住まいをつくって行かないといけないと毎日感じており、今日はそういう意味でたくさんのメーカーの方とお会い出来ました。
名刺も20枚ほど使いました。

さて、午前中は展示会会場をウロウロし、売店でお昼の唐揚げ弁当をヤッつけ、午後はあるセミナーに参加しました。
講師は構造の第一人者、佐藤さん、温熱環境の第一人者、松尾さん、そして劣化対策の第一人者、神戸さんと、錚々たる講師陣で「この講師陣のセミナーを見逃すなんて何て勿体ないことだろう」と思わせるほど業界では知る人ぞ知る凄いメンバー!
内容はあえて記しませんが、講演内容の中にはギリギリトークと言われるほど聞くと大変恐ろし業界のありさまも見え隠れしていました。
中でも地盤改良については驚きというか、「やはりそうだったのか」という内容。
県内でも採用しているビルダーも多いですが、「真面目に家のことを考えている工務店」には私の知る限り採用している工務店は見当たりません。弊社にも数回売り込みに来ましたが全て断っています。
利益を第一に追求すると、あんな風になるんだなというように感じました。
お聞きになりたい人には、面談しながらお話しさせていただきます。

兎に角、「今日は一歩、成長したな!」と自分自身で感じました。
今後の家づくりに思う存分活かしていきます。
kenten5.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

入梅

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂☁
昨日、近畿地方も入梅と発表されましたね。
これから7月中~下旬まで、ジメジメ、ジトジトとした本格的な梅雨の季節、
洗濯物は乾きにくく、気温の上昇とともにカビの発生しやすい時期です。
たとえ雨が降り続いた後のつかの間の晴天があったとしても「
布団を干そう」とか「換気しよう」なんてことは絶対に思わないでください。
そんなことすると、布団が湿気をたくさん含んでしまい、今以上に重くなるでしょう、さらに換気をすると家の中にたくさん水蒸気を含んだ外気が浸入し、布団や座布団はもちろん、家具の裏側の壁や押入の中に入り込んでしまい、カビの発生源となります。
この辺りを良く勘違いされている方が多いです。
梅雨の季節は出来る限り窓を開けないこと、室温や湿度はエアコンでコントロールする方法が一番望ましいです。
十分に、いや十二分にご注意ください。

で、橿原市・M様邸の現場は、、、
内装の木部の塗装を行いました。
今回も自然塗料を使っています。
L1270726-1_600.jpg

明日は、インテックス大阪で開催されるKENTENの新製品展示会と耐震を専門分野とする第一人者・佐藤さん、温熱環境の第一人者・松尾さん、それから耐久性のハウゼコ・神戸さんのセミナーを受講してきます。
セミナー時間帯の午後1時~午後4時まではTELに出る事が出来ませんのであしからずご了承ください(^^)v

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆熱
今日は今年一番の暑さ?だったのではないでしょうか!
幸い、私は一日打合せ三昧で事務所から一歩も出ず、、、ってことでそれほど汗は掻かなかったですヨ。。。
皆さんの住まいは如何ですか?
私の近所でも既にエアコンで冷房されているところもあるようです。
これから断熱&気密性能の高い住まいは、より一層その実力を発揮出来る絶好の季節となって行きます。

さて、温熱環境の第一人者である松尾設計代表・松尾先生が大手ハウスメーカーの断熱気密性能を一覧表にし、公開されています。
d_k_t_180530.jpg
表を見てみるとC値を実測していないメーカーが多いことが読みとれます。さらに窓結露はほとんどのメーカーで有り。しかもこのスペックでこの値段!
ちなみに、、、Kino-izmの施工実績の平均スペックは
「UA値・0.43、C値・0.3、概算Q値・1.43」となり、実質的な熱損失は1.46、耐震等級は3、窓結露は有りません!

表の中で出てくるUA値、これは現行省エネ基準で断熱性を表す指標(外皮平均熱貫流率・数値が小さいほど優れている)を数値で表しています。
一般のメーカーや建売住宅会社が次世代省エネ基準という19年前の基準を使って如何にも自社の性能が良いと錯覚するような表記をしていますが奈良県周辺(山間部を除く平坦地)ではその基準によると0.87という低い数値です。
そして国が推進するZEH住宅の最低基準は0.6とされていて、各メーカーZEH対応の為、ある程度性能を上げてきているようです(ギリギリのところが多いですね)。
そのような中で、きちんと「夏は暑くなく、冬は寒くない」住まいにするためには奈良県周辺(山間部を除く平坦地)では0.4前後が必要と温熱環境に詳しい専門家の中では提案しています。
ちなみにKino-izmの施工実績平均値は0.43です。
また、気密性能を表すC値(小さいほど優れています、現場ごとに実測しないと解りません)は1.0未満でないと換気システムが計画したように機能しません。
そうすると室内の汚れた空気がうまく排出されず、湿気も排出されにくくなります。
その結果、カビが発生しダニが生息しやすくなるのです。アレルギーや喘息の原因ともなり、小さなお子様やお年寄りの方が居られる住まいでは要注意です!
こういった内容を踏まえますと、大半の大手ハウスメーカーの建物は「性能面では物足りない」ということが良く解って頂けると思います。
Kino-izmのC値の実測値は0.3です。
もちろん、住まいは断熱・気密の性能だけで優劣を付けるものではないし、それぞれ建てる人の目的にあった家づくりが必要なことは当然のことでありますが、何よりも最初に、住まいの躯体性能(完成すると見えない部分)はシッカリと確保した上で検討しないといけないと思います。
それが出来てこそ、住んでみて
「朝起きる時に身体が楽だ」
「暑さ寒さをあまり感じなくなり家中動きやすくなった」
「家事がしやすい」
「家族が体調を崩すことが少なくなった=健康になった」
などが実感できる家づくりに繋がって行くのだろうと思います。

写真は、今日の現場
キッチンの据付工事が完了
IMG_5172_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ