全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今年も残すところ5日。
弊社の営業も残り2日ですが実質明日までです。
そして明日は今年最後の土地売買の契約があります。

さて、、、
今日は耐震性の話
Kino-izmでは全ての新築建物で構造計算(※許容応力度計算)を行います。
では、許容応力度計算とはどんなものなのか?ということですが。
インターネットで検索してみると・・・
小規模な建築物に用いられる構造計算の方法のこと。 建築物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重、及び短期荷重を想定して応力(部材等の内部に生じる抵抗力のこと)を算出し、それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるかどうかを許容応力度(限界点)と比較するというもの。
・・・ということらしい。
要するに、建物が存在する中で自然にかかる重力や、地震などがあった場合を想定して、個々の材を専門的な計算によって算出するという事なのですが、、、お解りいただけるでしょうか?
解っても解らなくても、住まいにとってこのような計算を行うことは大変重要なことなのです。
Kino-izmの住まいは全て「耐震等級3」という耐震性のランクでは最高等級で対応しておりますが、この基準をクリアするためには基礎コンクリートの立上りの厚み、鉄筋のピッチというような基本仕様をはじめ、構造体に付帯する金物や石膏ボードの使用方法、床合板への釘の打ち方等、大変細かく、そして多くの指定があります。
これも耐震性に拘り「安心」「安全」を優先するためのものなのです。
そして必要な構造計算は、構造材を提供して頂いておりますプレカット工場とLIXI高性能住宅設計センターが2重でチェックを行っており、万一地震により倒壊した時には建替え費用の2分の1の費用を補てんするという仕組みも持っており、耐震補償に関しても補償書を発行しています。
大半の工務店・ビルダー・建売会社等が行う"経験"とか"勘"というものとは比較にはならないですネ!
いえ、比べないでください(@@)

私自身、現在の耐震性能の構造を取り扱うようになって、色々な建築家の話も聞きましたが、大半の建築家(設計士)が口を揃えて「こんなに太い梁が要るの・・・?」とか、耐力壁・筋交の多さに驚かれているのを目の当たりにし、「それだけ耐震性に関してはまだまだ意識が低いなと思うとともにこれは結構重要なことだな!」と感じました。
2011年の東日本大震災以降、特に地震に対する対策に注視される人々が増えて来たと言いますが先の熊本地震では耐震等級2の建物の倒壊も確認されています。
やはり耐震等級は最高等級の3を基本にするべきだと思うし、制震ダンパー等を採用し、万が一の時に強い揺れから耐えることが出来る住まいを提供しなくてはいけないと思う。
更には、その上の等級が有っても良いのではないかとも思うのです。

少しでも耐震性に優れた住まいを提供することがKino-izmの目指すところで自分自身ももっともっと勉強しなくてはいけないと痛感しております。
アナタも家を建てるときは構造計算のされた耐震等級3の住まいを建てて下さいね!

写真はHouzz日本版ユーザーより2016年人気写真ベスト10(廊下部門)に選ばれた大和の家・Ni様邸
違う角度からのものです。
0Y3A4076_1-1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

さて、いきなりですが、建築やインテリアなど住宅デザインに携わる専門家と住宅のことを知りたいユーザーをつなぐ、アメリカ発のオンラインプラットフォーム「Houzz(ハウズ)」というウエブサイトの「2016年ハウズ日本版ユーザーが選んだ人気写真ベスト10:廊下編」に取り上げられました。
その中で10位にという嬉しい連絡が届きましたのでご報告させて頂きます。
施主のNi様のデザインセンスが良かったのだと思います、ありがとうございました(^^)
2016年 ハウズ日本版ユーザーが選んだ人気写真ベスト10:廊下編



来年は9位以上を目指そう~(汗)
ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆☂☆寒☂
今日は、一昨日お問い合わせのありました新規のお客様のところへ資料をお届けし、そのまま木津川市へ、来年早々に着工予定のT様邸のご近所への着工前のご挨拶、、、しかし先日と同じで今日のお留守でした。
年明けに再度訪問してみようと思います。
その帰り、、、T様に外壁材と屋根のカタログを届けて、、、久しぶりのLIXILショールーム
Kino-izm店舗フルリノベーション、そろそろタイルを決めなくては・・・ということで
IMG_4984_600.jpg

ん~、実に楽しい~、あっというまの90分、エントランスの土間と造作洗面台前のタイルがほぼ(?)確定しました。

さて、今日は現場ブログだけじゃなくてチョコッと私の日常感じていることも書いてみようと思う。
外断熱でも十分快適(自分自身の住まいで経験済)だろうけど、やっぱり良いモノを手に入れてしまうと、もっともっと良いモノを手に入れたくなります。
というか、より一層良いものを提案したいという気持ちになります。
そういう流れでKino-izmも今は全ての住宅にダブル断熱を標準採用しています。
それをクライアントにお勧めしています。他に耐震等級3も標準です。
断熱仕様が高くなるので当然のことながら快適性が高くなりそれが光熱費にも反映されます。
所謂省エネ住宅ですね!
光熱費が安くなるといっても、高性能なメカ(設備)に頼る省エネではなくて、建物の躯体性能が高くなることでの省エネ住宅。
ん、これこれ(^^)/

今日のタイトル通り、どこまで出来るんやろ?って思うことがよくある。
それは建築の事だけに限らず、自分自身の日常生活も全てにおいてなんです。
何か壁にぶち当たっても「これは無理」と思ってしまうとそれまで。
でも、「無理や、止めとき」と周りが思っていても進みたい時ってあるんです。
それがキツくてめげそうになっても自分を信じて我慢して、「もうチョッとやってみよう!」て思う。
それがそのうち楽になってきて、結果が出てきて、苦しかったことも平然と出来るようになる。
人生ってまさしくそんなことの連続なんだと50歳を過ぎて(既に53歳)最近つくづく感じています。
頑張って結果を出す人と出ない人の差もこんなことの連続ではないでしょうか!
いつも思うのです。
背伸びするって良く言いますが、かかとをあげてつま先立ちすると直ぐにふくらはぎがつってくるけど、毎日毎日繰り返していると最初キツかったことでも慣れてくるし、もっともっと出来るんと違うだろうかと自信がついてくる。
ん、これこれ(^^)v
私も今年53才
もうそんなに若くない(気持ちは26才くらいで止まってるんですが...汗)
でも、もうチョッと上を目指したいネ!
別にスタッフを増やして会社を大きくしてなんて考えていません。
ただ思っていることは私が拘り、もっと拘りぬいて創り上げてきたKino-izmが世間の人に認知され、生意気ですがベンチマークになれたらいいナと思う(^^;

そんなことを考えているのダ!

さてさて、いよいよ年末、あと1週間もすると年明けです。
年末年始の休みは・・・
28日(水)~新年6日(金)まで
休み中も出来る限りメールは確認し、順番に対応させて頂きます。

さ、年賀状書かなあきまへん、、、

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

結露の無い住まいを

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は冬至、一年で一番日中が短い日です。
ま、特にこの話題については触れませんが(笑)

さて、、、Kino-izmの店舗リノベーション
今日は正面のサッシを搬入しました。
サッシはKino-izm標準の樹脂サッシ、いつもはYKK-APのAPW330というグレードのものを使っていますが今回はサッシのデザインからLIXILのエルスターを採用しました。
店舗にはシャッターを使わないので防犯上、ガラスも防犯ガラスが必要です。
それで、防犯ガラスのLow-Eアルゴンガス入り、樹脂スペーサー仕様を発注したのですが、何とガラスの総厚が22ミリを超える為対応不可との返答が有りました。
困ったなーと考えていたところ、仕入先のサッシ屋さんがYKK-APに交渉してくれて採用する事が出来ました。
但し、防犯ガラスでは空気層が狭くなり、樹脂スペーサーを選択できないということでアルミスペーサーで妥協しました(泣)
これが住宅だったら妥協はしないのですが、店舗やから良いでしょう。。。
これでほぼ結露も無くなると思います。
LIXILとYKK-APのコラボサッシ(笑)
IMG_4956_600.jpg

さて、、、
今日もKino-izmには新規の問い合わせがありました。
結露のしない暖かく安全な家を手に入れたいというメッセージも頂きました。
一般に結露は空気中の水分が温度下降によって空気中で持ち切れなくなり水滴となり壁やサッシ、ガラスなどに付着します。
では、どうすれば結露から解放されるのでしょうか?
簡単に説明しますと家中の部屋の温度を一定に保つこと、温い部屋と寒い部屋という境目を作ってはいけません。
そして、いちばん目に付く結露はサッシですね。
サッシはやはり樹脂サッシ、出来れば木製サッシが良いのでしょうけど、まだまだコスト面で樹脂サッシには及びません。
ただ、樹脂サッシでも「絶対結露はしない」と言うことはありませんので、「結露しない」と説明する工務店は嘘つきだと判断しても間違いはありません。
さらには断熱性能だけが良かっても完全に室内と外気とが出入りする隙間をつくらないこと(気密性能)が最重要ポイントといえるでしょう。
隙間から壁体内に流れ込んだ外気と室内と暖かい空気がぶつかるとそこで結露が生じます。
窓の結露はタオルで拭きとれますが、壁体内の結露は直ぐには判りません。
壁面がカビで黒くなってきて気付いた頃には手遅れとなります。
十分に注意が必要です。
このような結露の発生するメカニズムを理解していない工務店や営業マンが大半なので、家づくりの際はこのようなポイントも見逃さないようシッカリと営業マンやビルダーに聞くことをお勧めします。
家は完成してしまうと断熱や気密の改修が簡単ではありません。
完成後、快適に暮らせるか、暑さ。寒さのストレスから解放された住まいがどれほど快適か・・・住まいが家族の体調管理もしてくれるのです。
Kino-izmの住まいを建てて、「風邪をひかなくなった」、「気管の弱い人も季節の変わり目でもそのような症状が出なくなった」、「朝起きる時が楽だ」、「アレルギー症状が改善された」というような声をたくさん聞いています。
手に入れた家族しか判りませんが、これは一番重要なことなのです。子、孫へと受け継いで行って欲しい住まいだからこそ、最初が大事です。
是非、結露の無い住まいを、、、そして後悔しない家づくりをして欲しいものです。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は比較的暖かい一日でした。

事務所のフルリノベーションも丁度中盤、内装下地を造作しているところです。
色々と決めなければいけないことが有り、島津棟梁と入念な打ち合わせをしながら作業を進めています。
以前の事務所は、俗に言う事務所、でしたが新しい事務所はショールームの要素を兼ねそろえたものになります。
ですので以前の土足のみの事務所から、新しいものは、土間に小さなテーブルを置き、銀行さんや職人たちが出入りする時はそのテーブルで、、、
そして、施主様と長時間の打合せを行う時は靴を脱いでもらって、リビングのようなスペースで寛いでいただけるよう、フローリングを張る事にしました。
フローリングにはドイツ、オスモ&エーデル社のオークフローリングをチョイス。
完成が楽しみです。
L1180794-1_600.jpg

あー、今日は他に書くこと無いなーーー

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ