全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は先日よりも少し暖かく感じましたが、やはり夜になると結構寒くなってきているようです。
といいましても外断熱で建てた我が家のリビングは、22時現在、エアコン無しでも20℃をキープしています。
暖房は蓄熱暖房機と昼間の日射取得に頼っているのですが、夜になっても室温が下がりにくいのは断熱の性能と気密性能が良いからだ!ということはKino-izmの住まいでは当然の事実なのです。

さて、、、今日は会社について・・・
Kino-izmは小さな会社です。
口コミが半分以上を占めており、コマーシャルなんて一切行いませんので、知名度は「大手住宅メーカー」や「中堅ビルダー」、さらには「有名な建築家」には到底及びません。
でもそのようなメーカー、中堅ビルダーも含め、建築家の建てる家と比較してみて下さい。
到底足元には及ばない会社の規模・知名度と言うものは何んとも出来ませんが、小さい会社だからこそ出来る(可能な)こともあるのです。
例えば、弊社でしか出来ないご提案をしてみたり、、、ほとんどの会社では着工前に全ての仕様を決め、工事が始まると完成までノンストップというところが大半ですが、Kino-izmでは工事の途中で施主様と議論しながら修正を加えたり。。。なんてことも行っています。

本来、注文建築・注文住宅とは、、、?
出来る限り自由に、自分の思うような家づくりが出来ることを言うのではないかと思います。
大手や、コンサル会社の指導の元、マニュアル通りに進めるのが合理的でしょうけどそれでは、本来主役である「施主」の立場をないがしろにして、企業の利益追求ばかりに意識が行ってしまっているように思えてならないのです。
有名な建築家にしましても、高額な設計料を取り、月に1、2度現場へ顔を出せば良いところ、現場へ新幹線を乗り・・・とかカッコよく言っている人もいますが、そんなことってもってのほかだと思う。
それでは現場の管理すら出来ないし、図面には記載出来ないディテール(と言うのでしょうか?)を指示することも出来ません。ましてやお客様の家を「作品」呼ばわりする姿も何とも言いようがありません。
本当の意味の注文建築は地元の小さな工務店が施主と向き合って二人三脚でじっくりと時間をかけ、一緒に考え、一緒に悩み、つくりあげるものではないでしょうか。
皆さんはどう思われますか???
Kino-izmはそんなことを考えて家づくりを行っています。

写真は1年前に完成のIw様邸、リビング
リビングには大空間の吹抜けを備え、南側から太陽の光をたくさん取り込み、室内の暖房の手助けをしています。
階段から2階ホール&ローカは圧迫感の無いように吹抜けを介してオリジナルアイアン製の手摺を設置し視覚的開放感を持たせました。
L1120752-1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

キノラー宅の訪問

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
寒い日が続いています。
昨日と一昨日は期待通り、天気予報が外れてKino-izm地方は雪が積もりませんでした。

さて、今日は、、、
朝から昨年夏完成の大淀町・H様邸へ、
当初よりLIXILの便器のリコールで代替品と取り換えた時にできたクッションフロアの押型について再度工事を行って新しいフロアを張るための確認。
外は大変寒かったですが、玄関へ入るとやっぱり温いですね~。他にも簡単な点検をしておきました。

その後、高取町・N様、Nm様、その他予定の合間を縫って築3年~5年になるKino-izmの住まいを5件訪問、
それぞれ、久しぶりにお会いする方ばかりで、「何か住まいの不具合などございませんか?」とお聞きしましたが、どちらのお宅も、「何にもなし~」
「久しぶりですね、何か用事つくっておきます(笑)」と仰ったお宅もありました。
「ほんとうに些細なことでも良いですよ~、何だったらお茶飲みに来て~と呼んで頂いても良いですよー笑」
とお返事しておきました(爆)
「小さい時に始めたピアノを今でも続けてる」とか、
「書道を始めたんですよ」、
中には
「木野さんわたしのここ(お腹)見て下さい、3人目出来たんですよ~」って教えて下さる方も(嬉)
私も「頑張りはってんね~笑」とお返ししておきました(汗)
「お茶飲んで行って~」と誘って下さることもしばしばです(^^)
Kino-izmではこのように時々、普段お会いしない方々のお顔も拝見し、住まいについて何か心配事など無いかをお聞きし、さらにはご家族の近況を世間話と一緒にお聞きしています。
定期点検という名の四角四面に定められた点検時しか訪問しない工務店・ハウスメーカーが大半ですが、Kino-izmではこうして突然ですが訪問させていただいて色々とお聞きしています。
いつまでもずっと、キノラーと呼ばれる施主様とこんな関係が続けられたら、良いと思いませんか?
私はそのように願い、歩を止めず、毎日毎日日進月歩、コツコツとKino-izmを育てて行き、業界のベンチマーク的な存在になれたらイイなと思っています。

写真は、昨年夏完成のH様邸キッチン
カップボードはオリジナルです。
規格品では手に入れることが出来ないサイズもオリジナルであればミリ単位でオーダー出来ます。
白いカップボードも可愛いですね!
IMG_1232_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

百聞は一見に如かず

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは(寒)
只今の外気温、-1℃ですが、我が家のリビングは20℃をキープ、もう少し残業したいので今夜はもしかしたらエアコン要かも知れません。

さて、今日は建替え検討中のご夫婦に私の住まいを内覧していただきました。
というのも弊社店舗が改装中で打合せが出来ないうえ、Kino-izmの実例をご覧いただくには、自宅をご覧いただくのが一番なのです。
工務店の代表者が自分自身でお勧めする住まいの性能を体感するにはこれほど参考になるものは他にはないと思います。
自分が住んでみて良いところ・悪いところを体感し、施主様にご提案の際に経験を基にアドバイスすることも重要だと思う。
他社では木造の家を勧めておきながら社長は鉄骨の家に住んでいたり、天然素材と言いながら自分の家は新建材だらけ、あるいはマンション住まいという工務店も多々あります。住宅展示場は延べ床面積が100坪というものも当たり前で夢を売るだけで、実例とはお世辞にも言い難いです。
やはり体感してみてこそ良さも解るしその良さを伝えるにも真実味があると思う。

で、午後3時半にお越しいただき、帰られたのが5時半を過ぎていました。
玄関ドアを開け、中に入ると同時に温かさを体感していただきました。
リビングのソファーに座られ壁に掛かったエアコンを見て「エアコンついていない」と。。。
私の住まいの断熱性能は現在お勧めしているダブル断熱の住まいよりも劣る外断熱なのです。
それでもシッカリと断熱し、シッカリと気密性能を高め、温まった室内の空気を逃がさないようにしています。
さらに、南側からの太陽の温かい日差しを精一杯受けとめて室内の温度上昇の手助けをしてもらっているのです。
だからエアコンなしでも十分快適に過ごせる室温をキープできるのです。
百聞は一見に如かず・・・ですね!
お話ししていると時間が過ぎるのが大変早く、あっという間の2時間でした。
プランニングのお約束をしました。
バッチリなプランを考えますのでしばらくのご猶予を下さいませd(^_^o)

さて、、、写真は昨年のお正月に完成のNm様邸、
南面から生涯無料の太陽の恵みを受け室内を明るくするとともに暖房の手助けをしてくれます。
バルコニーの手摺壁、このようにルーバー型にすることで圧迫感がなくなると同時に風通しも良くなります。
もちろんダブル断熱の住まいです。
DSC_3469_1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今週末はこの冬一番の寒さらしいです。
土曜日も日曜日も予定が有るのに、、、天気予報が外れますように(願)

さて、、、kino-izmの店舗改装工事もようやく大工工事が完了しました。
築35年のマンションで店舗内の工事はテキトーなことが多すぎて、壁面解体後の状況を見て呆気にとられるような事が多く、その上から如何にして綺麗に仕上げて行くか・・・島津棟梁も結構頭を抱えながら仕上げてくれました。
完成が楽しみです。。。

さてさて、、、
年明けから問い合わせが急に増えてきています。
昨日も県内のお問い合わせの方3件に資料をお届けし、県外からの2件のお問い合わせの方に資料をお送りしました。
資料請求時に「暖かい家をつくりたい」と書き綴って下さって居られる方もチラホラ。
今は店舗も改装工事中ということで自宅の一室をオフィス代わりにし、こうしてデスクワークを行っているのですが、外の寒さが良くわからないことが多々有ります。
今日も職人から連絡が有り、慌てて玄関ドアを開けたものの、上着を忘れていて戻りました(寒)
暑さ寒さのストレスから解放されることは本当に大切なことで、家中どこに居ても温度差を感じない住まいがどれほど快適で病気のリスクがどれほど低くなることか。
室温が15℃を下回ると体調に変化がでるリスクが急激に上がると言われています。
トイレや浴室ではヒートショックの危険性が高くなります。
欧州では室温は18℃以上、20℃以上が理想と基準を設けています。
しかし日本はこのあたりの基準がまだまだ決められておらず、最低限の基準も低すぎて基準と言うには呆れるばかりです。
この最低基準をクリアしているだけで○○基準をクリアと大々的に宣伝する業者もいるので勘違いしないように注意しないといけません。
断熱性能・気密性能を上げることで温度差の少ない住まいを手に入れ、特に高齢者は冬場に多いヒートショックから身体を守ることのできるようにしなくてはいけません。
そしてその性能はどのようにしてつくられているのか、キチンと説明できなくてはいけないし見よう見まねで行ってもナンチャッテ断熱になり、本当の快適さは得られるはずが有りません。
家づくりの際はこうしたところに眼を向けて、自分たちが住む家はどのようにしてその性能を提案しているかを良く考えられる事をお勧めします。
こんなことを言っているKino-izmではダブル断熱をお勧めしています。
私と一緒に快適に過ごせるダブル断熱の住まいを建てませんか!

写真は一昨年完成の大和高田市・Ma様邸玄関、正面の飾棚壁面はエコカラットを張り、間接照明で演出しました。
リビングに出入りする引戸はオーダーした2.4mの高さのある縦格子戸、写真には写っていませんが玄関右側にはウォークスルーもシューズクロークもあります。
_K6A3103_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

十日戎

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
今日は比較的暖かい一日でした。今夜から明日は再び寒くなるとの予報です。
皆さん、お身体の調子を崩さないように・・・

さて、今日は毎年恒例の今宮戎神社へお参りしてきました。
大阪市内には他にも用事が有ったので、自動車で移動。。。
十日戎だというのに、三連休明けの平日と言うこともあるのか、昼間は比較的空いていました。
しかし参拝時間が丁度正午に差し掛かるところで、一旦特別祈祷が中断されました。
宝恵駕行事を執り行う為ということで結局40分ほど足止めでした。
特別祈祷の待ち時間の間も、脳みそはプランニングでイッパイイッパイ(@@;;
私の場合、こんな風にしてプランを考えることもしばしばです(汗)
でもその分待った甲斐があり恵比寿さまも私のお願いをジックリと聞いてくれたでしょう、いや聞いてくれたはず(^^)v
IMG_5221-1_600.jpg
~えべっさん秘話~
恵比寿様は、大きな福耳なのに耳が悪いとされ、3歳まで足が立たなかったのを理由に船に乗せて捨てられ、たどり着いた先が、兵庫県西宮とされているそうです。また、国家の保護を受けていない格の低い神様とされていますが、そんな庶民的なところが愛されている理由の一つなんでしょうね!

私も福をあやかり、ご縁のある方、皆様に少しでも福をおすそわけ出来ますように(願)、そして皆様に、少しでも喜んでいただけるような家づくりが出来るよう努めてまいりたいと思います。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ