開口部は大切です!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは、、、
今日は多数の業者さんが新商品や対抗商品の売り込みに来社・・・
例えば、足場架設業者、タイル、建材卸業者、etc.....
先日、このブログでAPWフォーラムの案内がなかったことをボヤいたため、メーカーの担当者が来社してくれました。
でも口から出てくるのは言い訳ばかり・・・そんな話聞きたくありません!
Kino-izmではAPW330を標準採用していますが、LIXILがエルスターを価格抑えて売り込みに来ています。
性能はAPW330よりエルスターの方が良い上に、今までよりも遥かに手頃感が出てきたため、次に着工します奈良市・Nc様邸で全窓に採用します。
このようなことも今日はお話しし、他にも入居後の建付けの垂れの問題などの要望をしっかりと伝えました。
どこまでこの要望がフィードバックされるのかはわかりませんが、対応如何によっては今後の現場でも考えていかなくてはならないと思う。
またAPW330の出荷状況もお聞きしましたが、奈良支店管轄で前年比1.5倍~2倍程度の伸びらしい。
2倍といっても樹脂窓だけに限って比較した場合のことで、これを全体の出荷された窓に対する比に置き換えると10%にも届いていないようですが・・・
樹脂窓に対するメーカーの販売戦略がようやく実を結びかけてきているところなのですが、LIXILも負けてはいません。
このような状況下、対応如何ではLIXILにが逆転、例えばオセロゲームでいうと、ほぼ真っ白で優勢な終盤に4隅を一気に敵に取られ、全部が真っ黒になるというようなどんでん返しという感じ。
そんなことにならないよう今後もいい商品を開発して欲しいとも伝えました。
ん~、伝わったのかナ?
高断熱・高気密の住まいを手に入れようとするときは壁面の断熱材も大切ですが、開口部である窓も見逃すことが出来ません。
開口部って大変重要なのです。だから提供してくれるメーカーには少々辛口でも一生懸命に積極的な意見を言わなくてはいけません。
これが快適な住まいを作り出すためには絶対必要なのです。

さて、、、
奈良市・Nc様邸解体現場も今日で一先ず完了しました。
キリンさん、お疲れちゃん(^^)
L1170258_600.jpg

橿原市・Wa様邸、天候の悪い中、うまい具合にベースコンクリートの打設が出来ました。
夕暮れに現場に行きましたが、キッチリとブルーシートで覆ってくれていました。
これで予定通り進んでいます。
IMG_3021_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

近くはイイ!

| コメント(0)

全国のファンの皆様
こんばんは☔
日中は天候も良かったですが夕暮れから雨が降り出しました。
今夜は所々で荒れるところもあるとのこと。

さて、現場は、、、
橿原市・Wa様邸
今日は基礎配筋検査、コンクリートに隠れてしまう鉄筋が如何に設計通り工事されているかをチェックする検査です。
検査官はハウスプラス住宅保証によるもの。
隅々まで検査を行い、何も問題なく合格でした。
いつも自社でチェックはしているもののこうして第三者機関でチェックを依頼することで安心度が高まります。
L1170237-1_600.jpg
明日はベースコンクリートを打設する予定ですが天候が心配です。

生駒市・Ok様邸
早朝より施主Ok様のお父様から連絡があり、昨日完了していなければならない破風の塗装が完了していませんでした。
その結果雨樋を掛けることが出来ず、お父様には大変ご迷惑をおかけしました。
今後このようなことが無いように職人達には十二分な指示をしなければならないと痛感しました。。。
内部で家具屋さんとTVボードの納め方を打合せ、そして内装仕上げのクロス材が届きましたが、一部商品が欠品、先週確認時には在庫ありだったのに今朝欠品って・・・、再度発注しようとしたら廃盤(>_<)
思うように行きませんガナ(T_T)
慌ててサンプル帳を手配し、施主様のOK様宅にクロネコ便で発送しました(汗)
L1170245-1_600.jpg
うまく行かない時って重なるものなのか・・・よくこんな事を言う人がいますがまさしくそんな心境(>_<)

午後も役所や法務局に奔走しようやく昼食ヤッつけけたのが、何時やったけな?
で、夕方には作業場の増築相談、帰社してデスクワークを片づけて、そろそろ閉店しようかというときに、「キノさん、大変やねん、すぐ来て~~~」という連絡。
お風呂のシャワーの水が止まらないという連絡で、慌ててお邪魔したところ、No problem! 単にシャワーの根元が緩んでいただけでした(汗)
ま、築20年にもなると何かしら不具合も起きて不思議ではありません。
しかし、近くって直ぐに走れます、近くはイイですね。
eji_160627.JPG

こんな慌ただしい一日でした。
さ、帰って呑も!!!

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

週末の現場

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
今日も梅雨空の中、現場に勤しんでおります。

生駒市・Ok様邸、
雨☂とにらめっこ(>_>)
雨が降っていない時に破風とよばれる軒先や軒天などのペイントをして、、、
L1170202-1_600.jpg

雨が降って外部の作業が出来なくなると内部のペイント。。。
L1170203-1_600.jpg

明日は日曜日ですが晴れ間に外部のペイントを行おうと思っています。
ペイントは作業音が出ないので近隣対策もダイジョウブなのダ(`_´)ゞ

さて、、、
奈良市・Nc様邸解体工事は、今日でほぼ完了、
キリンさんも頑張ってましたヨ~
L1170223-1_600.jpg

さてさて、、、
橿原市・Wa様邸は、基礎配筋工事を行いました。
ん、いつ見ても本当に綺麗です。
週明けにハウスプラス住宅保証による配筋検査を受けます。
L1170228-1_600.jpg

梅雨の蒸し暑い日が続いています。
たとえ束の間の晴れ間があっても、ベランダに布団を干したり窓を全開なんてしないようにしましょう!
外は湿度が高いので、折角快適な家の中の湿度を上げてしまい、不快になってしまいます。
このことを知らない人がまだまだ多すぎる。。。
一般の人だけではなくて、建築関係者も。。。
「どうすれば快適な住まい空間が手に入るか・・・?」ってことを学ぶ必要が有ります。
家づくりをするにあたり、断熱・気密はもちろんのこと、こういう知識が有る人と無い人とでは、家づくりの結果が大きく変わるでしょう。
成功or失敗、それは全てその住まいで住む人(施主)が選んだビルダーに掛かっている!と言っても過言ではないと思う。
ビルダー工務店、ハウスメーカーを選ぶときはこういうことも良く考えましょう♪

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
今日は午前中、天候が何とか持ったものの、午後は雨で外部の作業も進みませんでした。

さて、今日はYKKAP主催のAPWフォーラムが大阪市内で開催されました。
残念ながら私のところには案内が来ておらず、Facebookのフィードで知りました。
さらに残念なことに今日のフォーラムの基調講演はパッシブハウスジャパン代表理事を務められている森みわさんの講演だったことです。
チャンスがあれば是非聞いてみたかった人の一人です。
東京や九州なら案内があっても行けなかったと思う。
しかし、大阪市内であれば1時間もあれば会場に行くことが出来る。
私の心の内は、県内のどの工務店よりも先駆けてAPW330を導入し、省エネ・高断熱の住まいを訴えている立場としては案内がなかったことに非常に残念でなりませんでした。
怒りさえ覚えたほどです。
担当者の異動等でうまく案内が出来なかった・・・らしいですが、本当なのかどうなのか、、、
こういうところもL社より一歩遅れているように感じます。
L社の樹脂サッシはY社のそれよりも性能がよく、しかも価格もほどほどにキープされている。
そしてL社であればどのようなものでも兎にも角にも案内があり、営業担当者が訪問してくれます。
多少無駄な時もあるかもしれないですが、そうしてコミュニケーションをとることで私の方も現状をお話しできるし、その内容によっては違うツールの案内や役立つ情報も提供してくれています。
こういうところもしっかりと自分の中で整理し、今後のことも考えていかなくてはいけない時期に来ているのかも知れません。
こういうところにカンパニーの差が出ているのかもしれません。
Y社さん、よろしくお願いしますョ!

写真は、本日点検にお伺いしたIw様のお宅で、奥様の実家から送られてきたじゃーがーいーも
こうしたお気遣いって本当にうれしいです。
明日の食卓に並ぶ予定(^^)v
Iwさま、どうもありがとうございました。
jagaimo160624.JPG

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
梅雨の間の晴れ間とでもいうのでしょうか。。。
橿原市・Wa様邸、いよいよ今日から基礎工事に着手です。
朝方まで雨が降っていましたが、いざ作業に取り掛かるころには雨も上がり、生コンの打設に影響が無くて良かったです。
表層の土は鋤取って処分します。
L1170144_600.jpg

鋤取り後、砕石を敷き均し、捨てコンクリートを打設。
午後6時に現場を見に行った時点では既に硬化が進んでました。
この分だと、明日の朝から墨出し(鉄筋を組む為に基礎の配置を決める作業)が出来そうです。
L1170191_1_600.jpg

奈良市・Nc様邸の解体現場は、、、
キリンさんが一生懸命働いてました(笑)
L1170163_600.jpg

生駒市・Ok様邸はキッチンの据付工事
キッチンはキッチンハウス社のGRAFTEKTというオリジナルブランドです。
L1170182_600.jpg

Kino-izmでは現在3現場が進行中ですが、どの住まいも耐震等級3といい、等級ランクでは最高等級を第3者である建築確認検査機関で取得しています。
4月の熊本地震では
2000年(平成12年)以降に建てられた、現行の耐震基準の築浅な木造住宅でも倒壊した建物が有りました。
しかも耐震等級2の住宅が倒壊したというデータもあるようです。
それらはおそらく建築基準法で「4号特例(木造住宅・300㎡未満などの条件を満たした建物について建築士が設計・工事監理をした場合に、構造関係の審査を省く)という制度」で工事に関わる建築士の耐震に対する知識、責任感の度合いによって十分な耐震性が無かった建物であろうと思われます。
いつまでも4号特例を用いて建築確認を取得しているようでは、なかなか耐震性の高い家が建たないと思う。
いや、我々建築する工事業者も同じで、建築確認が受理されたからそれで良いという最低基準ばかりを見ていても同じで、設計士、工事業者がお互いに高い責任感を持ち、耐震性能の高い建物を供給しなくてはならないと思う。
その為にも、ただ単に耐震等級が2とか3というだけでなく、キチッと柱・梁を1本1本に対して構造計算(許容応力度計算)を行い、化学的にその根拠を示すべきだと考えます。
Kino-izmでは建築する全ての住まいの構造を許容応力度計算という方法で構造計算しており、その計算書を用いて耐震等級3を取得しています。
まだまだこのような構造計算を行っている工務店は少ないと聞いています。
もしか、、、住まいを検討中の方がこのブログをご覧になられていましたら、依頼しようとしている工務店がどのような形で耐震等級を明示しているか聞いてみましょう。
きっと真面目に住む人のことを考えているのか否かっていうことが解ると思います。
目先だけにはごまかされないように!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ