全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も寒い1日でしたネ!
日中日差しのある所でも肌寒かったですが我が家のリビングはポカポカ暖かかったです。
今朝、お越し下さったN様ご家族も我が家の暖かさを体感して下さいました(^^)v
Kino-izmの住まいは日中だけでなくこのブログを書いている今もシャツ一枚で快適です。
昼間はシッカリと日射取得して気密および断熱性能の高い空間で熱を逃がさないようにすれば殆どエアコンも可動しなくて大丈夫!

さて、日本は先進国でどの産業でも世界有数の技術を誇っています。
建設業界も同じく、ビルや架橋にはたくさんのノウハウや技術があります。
しかし建設業界といえども、住宅産業に関してはまだまだ他の先進国には比べものにならないくらい遅れています。
それは何故だと思われますか??
他の産業は世界共通の基準が有ったり、世界各国で競い合うことが出来ますが、住宅に関しては競う国が有りません。
というか競わなくてもよい状態というのが現実であり、
日本の大手ハウスメーカーの大半が、世界の優れた技術を見てみぬふりをしています。
日本は建材の防火認定等、必要な手続きがあり、海外企業が日本市場へ参入する際の障害となっており、その結果、競争原理が働かない原因の一つとして挙げられます。
ドイツの樹脂サッシは最低基準の物でも、日本でいう高性能サッシよりも性能が良く、まったくレベルが違うといわれています。
競争が無いということで技術進歩を抑えているのではないでしょうか。
では国内での競争はどうでしょうか?

大手ハウスメーカーは一部を除き互いに手を繋いでいるのでないかと思うくらい、省エネ技術革新には無頓着です。
ここで言う省エネ技術とは、太陽光発電、エネファーム、蓄電池などの設備の事ではなく、家の基本性能(躯体性能)のことですが、大手ハウスメーカー主導による圧力(政治力)で、国交省も本音を言えない状態ではないかと想像してしまいます。
国はもっと技術基準を高め、住宅の基本性能を上げるべきだと思いながらも、景気を大きく左右する建設業界特有の問題に対して、見て見ぬフリをしているように思えてなりません。
一般ユーザーに届く情報も不足しており、自国に誇りを持った日本国民は、国が推奨する次世代省エネ基準を、「省エネ」であると信じて、今日も日本のどこかで、17年前に改正された基準の家が、次世代省エネ基準として建築されています。
こんな状況下ですが家の基本性能を追求し、より優れた家を提供しているビルダーも居るということも見逃してはいけません。

日本には、先ほど17年前にと説明しました「次世代省エネルギー基準」が平成11年(1999年)に設けられました。
この基準の最大の弱点は、省エネに有効である気密、断熱性能について、努力目標が設けられただけであり、最低基準が設けられていません。
ですので無断熱の住宅を建てようと思えば可能であり、国が最低基準を定めない以上、一般ユーザーは、自己の判断により、高性能住宅を見極めないといけないのです。
人によれば「建築基準法をクリアしているのだから安心だ」と、大きな勘違いを起こしているケースも耳にします。
その他、2009年の改正省エネ法で、住宅の相当すき間面積(C値)の基準が撤廃されたことも大手ハウスメーカーの影響力が見え隠れしています。
C値を良くするためには、手間のかかる気密施工が必要になりますが、その施工は、現場に携わる職人の知識と経験に大きく左右されます。
職人の教育コスト増や製品基準のバラツキを嫌う大手ハウスメーカーは、C値基準の撤廃に胸を撫で下ろしたことでしょう。
最近ではインターネットの普及により、各メーカー&ビルダーの性能比較が容易になり、一部のユーザーは冷静に比較していることと思いますが、多くのユーザーにとって、今の日本では、良い住宅にめぐり合うことは極めて困難だと思います。
こんな状況下ですが高性能住宅を手がけるビルダーやハウスメーカーも僅かながら存在しますので、まずは見極める力を養って欲しいと思います。

写真は2013年完成のNi様邸、リビングの吹抜けおよび2階ホールのデスクスペース、大きな本棚は大容量です。
0Y3A4107_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

間もなく完了

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は夕立のような雨が有り、危うく現場の塗装工事に影響が・・・と思いましたが何とか大丈夫でした。
その大丈夫だったK様邸の外壁塗装工事、明日で本工事が完了しそうです。
下の写真はiPhoneのパノラマ撮影機能で撮ったもの。。。
IMG_4815_4818_600.jpg

現場でチェックしていると某子育て支援フリーペーパーの編集者から、室内の寒さについて、一般の住まいでどのようにすれば少しでも改善できるかという内容の記事を掲載するらしくて、記事作成に協力して欲しいと連絡を受けました。
難しい専門用語を並べたところで、一般の方には難しく理解し難いだろうし、たいへん初歩的な軽ぅ~い記事になるようにお話ししました。
どのような内容になるか・・・?お楽しみ♪

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

現在、事務所のフルリノベーション中です。
仕上げについて、家内とあーだこーだと意見の合わないところもありますが6年前、自分の家を建てた時のように楽しくて仕方が有りません(^^;;
Kino-izmの家づくりを経験された方は声を揃えて「楽しかった」と仰って下さいます。
生涯で一番大きな買い物、そして結婚式や二世誕生というような強く思い出に残るイベント(とでもいのでしょうか)と同様大変重要な1ページなのです。
そんな家づくりで後悔なんてして欲しくありません。
なので、ジックリと仕様内容を決定して頂く時間を設けながらコツコツと工程も進めて行きたい。

今日は、9月に竣工した地元のWa様邸を訪問、住まい給付金の手続きの為だったのですが、ドアを開けると同時に仰った一言が、、、
「暖かいでしょう~~~(^^)」
「今朝来た友人もね、何でこんなに暖かいの?!、と言われたんですよぉ~~~(^^)」
「ほんっとうに大満足です!」
と嬉しそうに満面の笑顔を見せて下さいました。
事前に用意して下さった白菜、大根、ほうれん草をドッサリ貰って帰りましたとさ。。。

そういえば昨日もK様が遊びに来て下さいました。
K様も7年前の家づくりでは、結構楽しんで下さったのではないかなと思います。
事務所がスケルトン状態で、ゆっくりとお話も出来ませんでしたが、少々立ち話を、、、
そして、今回は焼き菓子をお届して下さいました。
いつもお届けしてくださるものは奥さまのご友人である愛子さん手製、超一流のパティシエなので絶対期待は裏切りません。
今回の焼き菓子も大変美味しかったです。
K様、いつもいつも美味しいお菓子をお届して下さって本当にありがとうございます。
一度、愛子さんとお会いしたいな~!
IMG_4803-1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

リノベ三昧

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日はオール電化工事と洋室リフォームの現場
先ずSa様邸、
以前トイレや廊下の手摺取付工事をご依頼頂いたお宅、灯油式給湯器本体付近から水漏れがあり、機種も老朽化、キッチンでは高齢のお母様がガスコンロでの調理も注意が必要ということ。
一層の事、オール電化にしようということになりました。
今日は給湯器交換とコンロ台にIH用のコンセント増設を行いました。
sa01_600.jpg

此方の住まいでは、娘さんのお部屋をリフォーム、
もともとお母様が子供のころから使っておられた部屋で、丁寧にしつらえられた造作家具もまだまだシッカリとしていましたが色目が現在の流行とは言い難く、思い切って家具の扉も造り替えとなりました。
壁・天井、窓枠、入口のドアも交換します。
ta01_600.jpg

ま、こんな感じのリフォーム2件でした。。。
今日はその他、土地の商談がまとまりそうで地主さんと今後のスケジュールを確認しました。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
毎日暖かいですねー、師走とはとても思えません!

さて、、、
大手ハウスメーカーや建売住宅会社などが"ZEH"を勧めています。
もちろんKino-izmでもお勧めしています。
ZEH=高性能な住宅、と思われている人も多いのではないでしょうか?!

たとえ躯体性能が従来の低いスペックでも高性能なエアコンをガンガン可動させれば部屋を快適に出来るでしょう、隙間からエネルギーが外部にダダ漏れですがネ!
その消費するエネルギーを大きな太陽光パネルで発電してやれば消費電力分は賄うことが出来るでしょう。
こうしてメカメカZEHがつくられています。

しかし考えてみて下さい。
エアコンをガンガン使って室内を快適にするのは簡単なことです。
太陽光発電システムやエネファームでエネルギーをたくさんつくり、そのエネルギーをたくさん使用するのです。
これではたして高性能と言えるでしょうか?
さらにこれらの設備はそのうち故障・寿命が来るのです。
そうすると買い替えなくてはなりません。

下のイラストをご覧ください。
今お話した事柄を浴槽に例えてみると・・・但し、下のイラストは気密性能は伴っているという前提のお話です。
dannetsu_high.jpg


お湯を溜めた浴槽の温度を一定に保とうとすると、、、
少しのお湯を足し湯することで一定の温度を保つことが出来ます。
まるで魔法びんのように。

そして逆に断熱性能の低い場合は・・・
dannetsu_low.jpg

同じ条件を維持しようとするとたくさんの足し湯が必要となります。
光熱費もバカにならないでしょう。。。
すると、ケチケチしなくてはならないし、それが精神的ストレスにもなります。
さらに温度変化による体調管理も必要以上に気になる事でしょう。
気持ちに余裕が無くなりますネ!
気密性能が低ければ上記の説明がもっと顕著になることは明らかです。
気密と断熱は二人三脚で初めて良い性能になるのですから。。。

如何ですか?
ご理解いただけたでしょうか?

このように住まいに対する断熱&気密性能は大変重要な要素で、快適に住みたいと思われる方は断熱&気密性能には妥協してはいけません。
デザイン、住宅設備にコストを掛けるのもいいでしょう、しかし断熱&気密性能を妥協してまで住宅設備やデザインを優先させると、たいへん住みにくい家になるのです。
先ず躯体性能を上げ、僅かなエネルギーで快適な住まいを手に入れ、その僅かな消費エネルギーを僅かな太陽光発電で賄う・・・それこそが本当のZEH住宅ではないでしょうか!

なかなかブログだけでは私が伝えたいこと全てを伝えることは難しいのですがお解りいただけましたか?
「もうちょっと話を聞いてみたい!」と思われた方、いつでもご連絡ください。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ