撮影日和

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
風が強い一日でしたネ!

今日は木津川市で今春竣工しましたゼロエネ住宅・Uj様邸で奈良住まいの年鑑の来年号の撮影を行いました。
リビングの吹抜けに配置しました大きなFIX窓から太陽の光があふれるように注ぎ込み、これからの寒い季節には室温を上げるためのコストゼロの暖房設備となるのです(^^)v
青空が大変キレイでした。
IMG_1734-1-2_600.jpg

最後は家族三人で記念撮影
Uj様、ご協力下さり、有り難うございました。
IMG_1745-1-1_600.jpg
ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

日々研鑽

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日もキモチイイー一日でした。
こういう気候が年中続くと過ごしやすいのですが、、、そんなわけには行きません。

さて、今日は私の住宅建築の原点ともいうべき、最初の第一歩から手ほどきを受けた師匠の所へ行ってきました。
久しぶりにお会いした師匠(三浦不動産・社長さん)は少し痩せたのか年のせい(失礼)、でも相変わらず元気の良い兄貴なのです。
電話で年に数回会話するのですが建築の事を始め、生活、子供たちの事等しゃべりだすとお互い話が終わらず、数時間と言う事も・・・笑
で、私自身、以前から基礎断熱には興味を持っていた上に採用したいのですが床下の湿気、カビ、工事中の悪天候などとの闘いもあり、躊躇しているところです。
そのような中で、図面上の世界だけではなく実際の物件で基礎断熱という工法を学びたく、以前から現場があれば見せて欲しいとお願いしていたのでお声を掛けて頂きました。
L1180557-1_600.jpg

こちらの住まいはゼロエネ住宅、UA値0.36ととんでもないほどの高断熱住宅です。
北海道基準が0.46なのでその基準を遥かにクリアしている住宅なのです。
その住まいで基礎断熱を採用しており、施工方法、工事中の対策等詳しく教えて頂きました。
学びも多く、そして何よりもたくさんのパワーを頂きました。。。

また工程の合間に、現場に足を運ばせて頂き学びたいと思っています。

師匠、今日は貴重な時間をありがとうございました!
日々研鑽、コツコツと歩んで行きたい、改めてそう思いました。
無理して時間を空けて良かった(^^;;

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

健康住宅とは・・・

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

健康住宅ってご存じでしょうか?
無垢の床を使った住宅ですか、しっくいや珪藻土の壁、羊毛で作られた断熱材を使った住宅?
これらのような自然素材(天然素材)を存分に使った住宅のことでしょうか?
無垢とか天然というキーワードで惑わされていませんか?
一般の方はココを大きく間違って(勘違い)おられる方が大変多いです。

「健康」とはどういうことなのかということを良く考えてみてください。
折角長期の住宅ローンを組み、数千万円という高額、生涯で一度か二度と言われる住宅を手に入れたのに、その住まいで暮らして家族の誰かが体調を崩すような住宅だったとしたら「健康住宅」と言えるのでしょうか?
「健康住宅」とは、家族が皆、その住まいで体調を崩すことなく、元気に幸せに暮らせてこそ、そのように呼んでもいいのではないでしょうか!
そこには必ずしも自然素材が必要ってことはありません、まぁ無いより有る方がましという程度でしょうか!

欧州では、体調を崩して病院を訪れると、医師は「どんな家に住んでいますか?」と尋ねられます。
如何に住宅の性能が関係しているかということの証なのですが、日本ではまだ住宅業界と医師会との連携が進んでいません。
このような中で家づくりの際によく勘違いを起こし「自然素材を使っているから安心」なんて思っていると、結露やカビに悩まされ大変なことになります。
家族が皆、暑さ寒さにストレスを感じることなく、いつも元気で風邪などひかずに快適に暮らせることが当たり前の生活が出来てこそ、「健康住宅」と謳っても良いのではないでしょうか!
自然素材を使っているから安心と惑わされてはいけませんよ~!!!
きちっと住宅の断熱性能、気密性能を説明できてこそ本来の健康住宅を建てる工務店の姿ではないでしょうか!
自然素材の前に、住まいの性能、即ち断熱と気密の性能を高くすることで健康に暮らせる住まいを手に入れてください。

写真は今夏完成のOk様邸リビング
IMG_1321-1-1_600.jpg

明日は、私の師匠のところに行ってきます。
Kino-izmでは未だ取り入れ居ていない基礎断熱の勉強に。。。
久しぶりに師匠に会うのが楽しみです。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

曽爾高原

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は積算三昧の日、ただ今2棟の住まいの見積りを行っています。
で、夕方、久しぶりに疲れをとりに曽爾高原に在るお亀の湯へ行ってきました。
汗を流した後はソフトクリ~ムをヤッつけて帰ってきました。
IMG_4412-3_600.jpg
身も心も(?)リフレッシュして、今夜も積算三昧、midnight突入必須の様相です。

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
朝晩冷え込む季節になってきました。
この季節になると注意しないといけないのがヒートショックです。

ヒートショックとは、急激な温度の変化により血圧の乱高下や脈拍の変動が起こること。
冬場の入浴時や冷暖房の効いた部屋から外へ出た時などに起こりやすく、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの深刻な疾患につながる危険性があります。
高血圧や動脈硬化の傾向がある人が影響を受けやすく、特に高齢者は注意が必要とされるのです。
入浴中に亡くなるのは全国で年間約1万4000人と推測されていますが、原因の多くはヒートショックである可能性があります。
浴室とトイレは家の北側にあることが多く、冬場の入浴では、暖かい居間から寒い風呂場へ移動するため、熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上がります。
お湯につかると血管が広がって急に血圧が下がり、血圧が何回も変動することになります。
寒いトイレでも似たようなことが起こりえます。
血圧の変動は心臓に負担をかけ、心筋梗塞や脳卒中につながりかねません。
ヒートショックの予防のため、脱衣所やトイレを暖めることが一番良いのですが、従来の日本の住宅建築はヒートショックに対する認識が甘く、居間を温めることが有っても脱衣や浴室、トイレを温めるという工夫は殆どありません。
その為、ヒートショックを起こしやすい環境下で生活しているということになるのです。
Kino-izmのダブル断熱はこれらの心配を軽減し、家中どこに居ても温度差が少なく、お風呂はもちろんのこと、トイレに入る時も不快を感じることなく快適に過ごすことが出来ます。
完成してからでは断熱改修は簡単ではありません。
是非、家を建てる前にこれらの事をシッカリと考え勉強し、快適な、そして身体にも負担のかからない住まいを建てて欲しいと思います。
image_heatshock161024.jpg

さて、現場もひと段落、外壁張替えのO様邸も足場を取り除き、新築のようにりました。
IMG_4399-1_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ