省エネ比較の指標

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も名古屋で40度超えという過酷な夏の一日でした。
昨日上棟しました木津川市・Tb様邸では暑い中、島津棟梁はじめ大工達が灼熱の太陽に晒されながら作業を進めてくれており、「下屋が完了」との連絡が入っています。

さて、先日の台風の影響でしょうか、私が勤めていた時代のお客様から「木野さん、瓦が横向いてんねん、一度見てもらえないかしら・・・」という連絡が有りましたので、訪問した来ました。
拝見しましたところ、隅瓦がこけてました(>_<)
いつどのような理由で倒れたのか見当つかないのですが最近の気象からすると、恐らく台風12号の影響かもしれません。
直ぐに手配を掛けましたが屋根屋さん、いちばん忙しいのではないでしょうか?
IMG_5927_600.jpg

さて、今日は住まいの省エネについて、、、
初めて住宅を建てようと思ったとき、ほとんどの人は住宅メーカーのホームページを見たり住宅展示場に行くという行動からスタートされるようです。
しかし住宅展示場で見る住宅メーカーの家は非常に高いということが判ると、地元の工務店や不動産会社が主体の建売に変更していく方も多いようです。
でもどのような指標で人は住宅を選んでいるのでしょうか?
デザイン、価格、メーカーの信頼度等、、、そのような中でどの住宅メーカーが良いのかを検討して行くと、複数のメーカーの性能比較が必要不可欠となります。
中でも耐震性能と省エネ、断熱性能に関しては各社「我が社が一番優れている」といったパンフレットや営業トークが多く聞けば聞くほど、どこの会社が高性能なのかが、購入者側からは分からなくなってくるというのが現状です。

この現状を自動車業界に置き換えてみると、リッター何キロかわからない状態でカタログと営業トークで低燃費かどうかを購入者が判断することと同じです。自動車業界は燃費というひとつの指標を設け、同じ条件で走行した場合の燃費性能を表示しています。
結果として購入者は本当に欲しい低燃費の車を選ぶ為の基準になるわけです。

しかし自動車の10倍以上の価格の住宅購入の際に、購入者のための公平な燃費表示が存在しないという事が実情です。
まだ余り知られていない事実ですが家の断熱性能と健康には深いかかわりがあり、しかるべき断熱性能の暖かい家に住むことで住まい手が健康になるという研究結果が出ています。
室内の温度ムラの少ない暖かい家に住むことで、一世帯あたり27,000円、国家負担分で考えると一世帯あたり59,000円の医療費の削減につながるという研究結果もあります。しかしこれには住宅の高断熱化(すなわち省エネ化)による燃料費の削減分は含まれていないため、実質的な節約金額はこれを大きく上回ります。ここでいう暖かい家と健康の相関性は、現在の住宅メーカーの標準レベルである「次世代省エネ基準」という19年前の基準程度ではまだまだ小さく、それを更に上回る「トップランナー基準」レベルを超えた断熱性能の家で顕著になります(ちなみにEUの省エネ義務基準は日本のトップランナー基準すら大幅に上回ります)。

今現在、人口1億2000万人のうち、約1億人は冬の間暖かい生活ができていないと言われるほど、日本人は世界的に見ても珍しいほど寒さを我慢して暮らしている国民であり、その犠牲の上に現在の家庭のエネルギー消費量の統計があることを忘れてはなりません。
東日本大震災の後、自然エネルギーへのシフトが叫ばれるようになりましたが、基本はなんといってもこれまでのエネルギーの浪費を止めること、すなわち省エネです。しかも本当に必要なのはこれまでのような「我慢の省エネ」ではなく、断熱やパッシブデザインといった「建物の躯体強化」による「健康になれる省エネ」なのです。
省エネ性能や建物内の温熱性能が一目瞭然となれば、購入者側から住宅メーカーに対して、「省エネ性能が高い住宅を選びたい」「同じ省エネ効果ならば太陽光発電よりも断熱強化を選びたい」などという判断基準・意思表示ができます。
これらのことからKino-izmでも住宅購入を予定される一人でも多くの方にこの省エネ&燃費を知っていただき、住宅会社選びのひとつの指標とできるよう表示して行きたいと考え、全ての住宅で建物燃費を明記し、自分の家が実際にどの程度の性能なのかを解るよう取り組んでいます。まだ正式に公開できるところまで導入したソフトを使いこなせていませんが近い将来、全ての建物でその燃費を明記し、そして比較できるよう明確にご提案して行こうと考えております。
このような決意で進めているのですが、たとえ建物燃費を公開しても他社が公開しなければ比較が出来ないというところは残念ながらあります。。。
でも、どの工務店もこれから先、必ず必要となってくるのではないかなと思います。
ま、他社は兎も角、Kino-izmはKino-izm、コツコツと歩んでまいります(^^)v

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

祝・上棟

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は上棟日和、っていうか暑すぎる一日でした。
木津川市・Tb様邸では上棟の作業を行いました。
作業は順調に進みましたが、やはり暑さのせいでしょうか、幾分いつもより作業のスピードもゆっくりだったようです。
一応屋根仕舞い、そして防水のゴムアスファルトルーフィングの作業までは完了。
現場には一日居れなかったのでカメラは職人に預けておきました。
またその時の写真は後日アップします。
では、今日撮影しました写真だけでもアップしておきますね!

建物の躯体にはそれぞれその位置の番号を付けていきます。
昔ながらのいろはにほへと、、、、そして1234567という風に数字とともに位置を平仮名と数字で表します。
で、この柱は「いの1番」(^^)v
IMG_3110-1_600.jpg

2階の床組みが終わった後の部分は、こんな感じ、写真の真ん中あたり、仮の足場をつくっていますがここは吹き抜けとなります。
IMG_3112-1_600.jpg

小屋組みは、、、既に棟(一番高いところ)は上がった状態ですが、ここからKino-izmの住まいは手間がかかります。
というのもこのように垂木を一定間隔に並べてこの上に野地板(コンパネ)を敷き詰め、61mmのキューワンボードという断熱材を並べ、継ぎ目を気密テープでキッチリと留め、そしてまた垂木を同じように並べて最後に仕上げの野地板を張ります。
一般の住宅建築に比べると屋根の作業は二重なんですよ!
でも、仕上がってしまうと誰にも解りません。
でもここって大変重要で屋根上からの日射熱をどれだけシャットアウトできるか?に掛かってるんです。
構造は完成すると見えなくなるますが、こういうところは本当に重要です。
中々ご理解いただくのも難しいのは解っているので、毎回こうして訴えています(^^;
IMG_5942_600.jpg

この後の作業はまた後日にこのブログでお知らせ致します。

Tb様、上棟、おめでとうございます。
今回上棟式は4日に設定しました、というのもこれだけの酷暑、作業時間も読めないまま、間もなくご出産という奥様に、現場でお待ちいただくわけにも行きませんし、職人たちも大変過酷な中での作業でしたので作業完了の時間も含め、何かしらアクシデントがあるといけないと思い、このようなご提案をさせていただきました。
これから本格的な家づくりが進んで行きます。
10月初旬の竣工目指してスケジュールはタイトですが頑張って行きます。
どうぞ宜しくお願い致します。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

明日は上棟!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は平屋を建てたいとのご要望の方へファーストプランのご提案。このプランをご覧頂くことで新たな発見やより一層のご要望をお聞き出来るかなと思っています。
色々と構想を練っておられるようでしたが中々思うように進まず、今日のご提案が一つの基点となり構想が膨らみ良いプランニングが出来ればいいですね!
何よりも楽しい家づくりが出来ますように願っています。

さて、いよいよ明日は木津川市・Tb様邸、上棟の日です。
相変わらず暑く猛暑の一日になりそうで、島津棟梁も予定外で応援を一人増やしたと連絡がありました。
作業を進めることは大切です、しかし体調も考え無理をせず進めて欲しい、そのように伝えました。
もう少し涼しくなってくれないかなー!

写真は先々週、撮影を行った橿原市・K様邸トイレ
造作のカウンターが可愛いでしょ♪
カウンターの描いているカーブ、この部分結構難しかったのですよー!!!
0721-093_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

明後日は上棟!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
7月最終日、
台風が去って少し風もあり、昨日まで僅かですが涼しく感じていましたが、今日はまた暑い一日でした。
今週はまた全国のどこかで40度超えがありそうな様相です。
今日はリフォームの現場下見にお伺いしたら、「木野さん、これど~ぞ!」と缶ビールのケースを頂きました、また木津川市・Tm様からはお中元が届きました。
他にも自家栽培の夏野菜を送ってくださったり、、、「お客さん紹介してあげるから、おいで!」と声が掛かったあり、、、
本当にたくさんの方に恵まれているなーと思う事が多いです。
Kino-izmを応援して下さっている皆様、本当にありがとうございます。

さて、木津川市・Tb様邸、
昨日の土台敷き、その後、断熱材「キューワンボード・100mm」を土台・大引きの間にはめ込む作業、100mmという厚みの断熱材が無いので50mmを2枚重ねて施工しています。
L1280156-1_600.jpg

張り詰めた後、継ぎ目を気密テープで隙間が出来ないようにキッチリと留めて行きます。ここがポイント!この後、床合板を張ってしまうと見えなくなる部分ですがこの部分を怠ると、特に冬の寒い季節、床下からスースーと冷たい風が入ってくるのです、「そんなことないでー」と言う工務店が多いのですが、これは本当の話、
気密性能の低い住まいは、冬暖房すると室内の空気は軽くなり天井方向へ上昇します、屋根裏に隙間があればソコから折角温めた空気が逃げて行きます、すると空気が出て行った分、どこからか入って来ないと家の中の気圧が下がりますね、だから床下から入ってくるのです、床下の空気は外気と同じ、冬場だと0度ということもありますから、このような冷えた空気が足元をスースーと感じさせ、室温を下げてしまうのです。
だから気密についてはこういうところまで精度を高く仕上ておかなくては後悔してしまいますよ~といつも煩く言ってます!
作業の後戻りは出来ませんからね!
L1280159_600.jpg

床合板を張って上棟前の作業は完了、このあと間配り(構造材を上棟時に組み上げやすく予め並べておくこと)を行って、ブルーシートで覆って完了!
L1280164_600.jpg

天気は崩れないと思いますが、もしかの時の為に毎回このようにシートで全体を覆っています。
L1280168_600.jpg

さて、明後日はいよいよ上棟デス。
Tb様、お待たせしました!!!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

土台敷き

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も暑い一日でした!
雨漏りの被害で、弊社でも4件依頼がありました。

さて、台風で延期しました木津川市・Tb様邸、いよいよ上棟カウントダウンです。
先ず今日は土台を敷く作業を行いました。
炎天下の作業、麦わら帽子は必須です!!!
暑さで作業能力も落ちます、休憩と水分をシッカリと補給し安全に進めないといけません。
IMG_5856_600.jpg

これは床下に敷く断熱材Kino-izmのスタンダード「キューワンボード、100mm」です。
予め作業場でそれぞれの寸法にカットし、土台&大引きの間にはめ込み、気密テープでシッカリと留めます。
IMG_5843_600.jpg

この後の作業は島津棟梁としゅうへいクンがPM6:00頃まで頑張って養生まで行ってくれたようです。
やはり酷暑の季節、休憩を十二分にとりながらの作業なので、いつもより時間も掛かりました。あまり無理すると体調を崩してしまいますからね。
ほんとうにご苦労様、現場で頑張ってくれる職人たちのお陰で私の仕事が成り立っています、頭が下がります。

明日は、安全対策の先行足場架設です。
ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ