快適に暮らそう

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も爽やかな一日でしたねー!
さて、、、
快適に暮らそうというテーマ。ただ単に最新の住まいを建てて最新の設備を取り入れても快適とは限りません。
快適性や健康性には様々な室内環境要素が影響を与えます。
普段の生活でその影響が最も大きいのが「暑い」「寒い」といった温熱環境です。
また空気が綺麗かどうか・・・?
空気環境には塵やカビ、微生物、花粉、化学物質なども含まれますので充分な換気が必要です。
日照も健康に大きな影響があります。
建築基準法では居室の窓面積(開口面積)が床面積の1/7以上と決められています。
日射には体に大切なドルノ線という紫外線も含まれます。北欧では冬季に日照時間が少なくなり、光を浴びないことで「うつ病」になる可能性が高くなることも指摘されています。ガラス面が多い建築物の多いのも美観的な要素だけでなく光が欲しいと切望しているといえます。
これらが満たされる住まいこそ、住宅の住み心地が良くて精神的にも安定し、ストレスを感じないで健康に暮らすことが出来るのです。
これらを手に入れるためにも断熱性能を高くすること、床、壁面や天井面だけでなく開口部「窓」の性能も忘れてはいけません。
そしてシッカリと断熱された空間の熱が逃げていくような隙間をつくらないこと、これは気密性能を高くする必要があります。そして居室の空気環境をきれいに保つためには換気性能を高くすること、ただ単に窓を開けて換気が出来るのは春5月ごろと秋10月ごろの年間2か月程度です。これ以外の季節は暑くて湿度が高かったり、寒くて外気が氷点下になっていることがあるので安易に窓を開けず、性能の良い機械換気をお勧めします。この換気システムも気密性能が低いといくら良い換気システムでも充分に機能しません。気密性能がいかに大切かということなのです!
こうしたことが全て揃ってこそ快適に暮らせると思うのです。
Kino-izmの住まいはこれらのすべてを兼ね揃えています。
今夜もKino-izmのオーナー様から「快適に過ごしています」というメールや「薄着でも快適ですよ~」というがメールが届きました。

さて今日は朝から、木津川市へ、、、
初夏に施工したウッドデッキ材、無数のひび割れが生じた為、取替作業を行いました。
日頃、肉体労働をしていないので腕と腰が・・・爆
少し余分に用意したのですが、その中にも不良なものが見つかり撤去!
ということで全てを交換出来ませんでしたが、なんとか酷いものは全て取り除けたと思います。
IMG_2838_600.jpg

IMG_2843_600-1.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

2年連続敢闘賞

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
朝晩だけではなく日中も寒さが増してきました。
今朝、郵便物を開けてみると、LIXILより今年度のメンバーズコンテストの審査結果の通知が届いていました。
昨年と同様、敢闘賞!、、、「来年は大賞目指してガンバロー」と言ったものの、残念ながら敢闘賞、といっても敢闘賞を頂けたのだから良しとするかぁ!
快くご協力して下さったOk様、そしてKino-izmの現場に携わって頂いている職人の皆様、どうも有り難うございました。
lixil171105.jpg

リビングはこんな雰囲気ですよ~ん!
20170715-033_600.jpg

さて、先日より並行して進めていましたバスルームとキッチンのリフォーム工事・St様の積算がようやく完了し、本日、見積りをお届けして、正式に工事の発注を頂きました。
年内完工のご希望なのでボチボチ慌ただしくなりそうです。
今日はもう一つ、先日よりプランニングご相談のあった建築地を見てまいりました。
入手できる地積測量図は昭和40年代のもので精度が低く、念のために確認しました。
IMG_2820_600.jpg

さ、脳みそフル回転してプラン考えます。。。

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

知らぬが仏?

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
おはようございます☀
今日は朝からブログ更新(^^)v
ブログタイトルの「知らぬが仏」
この意味は、『事情を知らずに平然としているさま、知らないのをいいことに責任逃れをする意味』というらしい。
そこで、ひとつ、この写真をご覧ください。
某工務店のホームページに掲載されていました。あまりにも酷いと感じましたのでガマンが出来ず、、、
どこにも著作権の事が書いていなかったので拝借しました。(※もしか転載に関して具合が悪ければ御連絡下さい)
kimitusheet.jpg

これは気密シートの様ですが、穴を開けてセルロースファイバー(だとおもいます)を打ちこんでいるようです。
本来気密シートは壁体内に水蒸気が流入しないようにするためのものですが、この現場では知らずなのか?穴を開けていますね。
さらに、留め付近のシートの押え方も非常に甘いです。これでは気密シートの役目が全然果たせていません。
しかも堂々とホームページに掲載されているとは、これこそ「知らぬが仏」というのでしょうか?
この現場の施主様はどのようなお気持ちでしょうか?施主様は素人、ご存知無いのかも知れませんね!
他社の悪口は言いたくありませんが、あまりにも酷い施工だったので呟きました。

これ以外にも時々「知らぬが仏」現象を見ることが有ります。
家づくりは一生で一度か二度と言われます。
一番高価な買い物なのです。
そのようなものに、知らずにか、あるいは知っていてか、こんな酷い施工するとは...止めなくてはいけません。
このようなことが無いよう、日々研鑽しています。

今日は所用で神戸まで出掛けます。渋滞してないかナ?

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

表面波探査法

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は、朝一番、桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸の地盤調査。
住宅を建てる際の地盤調査は、戸建て住宅の場合、表面波探査法、またはSS試験(スウェーデン式サウンディング試験)で行われるのが通常ですが、Kino-izmでは両方の調査方法を現場ごとに使い分けています。
先ず、周辺に車両や人通りの多いところは振動が多少でも発生すると表面波探査法は使えないこともあるのでSS試験(スウェーデン式サウンディング試験)を行います。
で、今回は、閑静な住宅地、ということで表面波探査法を採用しました。
表面波探査法とは地面をゆらして、その"ゆれ"の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。 データの変化から、地層の境界を判別し、各層ごとに支持力がどのくらいあるかを判定する方法です。
hyo171102.jpg

炊飯器くらいの大きさの機材ですが、意外と重いものであり機械的に振動を起こして2箇所のセンサーによって振動を拾っています。
固い地盤の方が振動が伝わりやすく、軟弱な方が振動の伝わり方が遅いので、その伝わり方によって地盤の強度、支持層がどのくらいの深度に有るのかを判定し、最適な地盤の提案を行います。
IMG_2559-1_600.jpg
数日で、判定結果が届く予定です。

さて、今日は午前中、Ts様と設備の打合せ、最終確認を行い、午後は、新しいお客様と約2時間の打合せ。
4ページに理想の住まい像を書き留めて下さいました。
お話しをお聞きしますと、私のブログを過去遡ってズーッとご覧頂いたようです。
この拙いブログもコツコツと積み重ねてきました、今日が930回目、こうしてご拝読頂ける事、大変嬉いです。本当に有り難うございます。
プランニングの出来上がり、楽しみにお待ちくださいませ。

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

新製品歓迎

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
台風22号が去って随分寒くなりました。
Kino-izmの看板犬・桃太郎も散歩に行こうと外に出てブルブル震えています。
もしかしたら高気密・高断熱のKino-izmの住まいが快適で、外の環境を良く知らないからカモ(^^)

さて、昨日も今日も新しい製品の売込みが絶えず、2日間で6業者&4金融機関がKino-izmの事務所に来てくれました。
初対面の業者さんや、取引先でながら担当者の交代など、、、
中でも漆喰や珪藻土の企業が新しい製品を提案してくれました。
従来から、Kino-izmでは珪藻土はあまりお勧めしておりません、それは珪藻土は樹脂や接着剤を混ぜないと壁に塗れないのです。
調湿性を優位に売込みするところもありますが私は信用できません。
さらに漆喰にしましても同じく、なかなか天然の素材だけでは壁材として塗り仕上げが出来ず、どうしても接着剤を混ぜたり、異なる大きさの粒を混ぜたり須佐を混合し、無理無理製品にしているところが大半です。
自然素材を「売り」にしているビルダーでもこういう製品を使っているところは「どうかな~?」と思います。
そのような中で、99%自然素材と自信を持って提案してくれる企業が出て来ました。
ただ、まだまだ私の中では全てを信用しているわけではなく、納得するまで調べなくてはいけないと思っています。
近いうちに、良い商品だと判断できれば今後のKino-izmのオーナーとなられる方々に提案したいなと思っています。

そしてもう一つ、LIXILのタイルです。
「アレルピュア」という住まいのアレルゲンを軽減してくれるタイルの紹介です。
アレルギーとは、本来、体の外から入ってきた細菌やウイルスを排除しようとする免疫反応が、アレルゲンにより過剰に引き起こされることです。
主に食物として摂取することで反応するアレルゲンが有りますが、特に住まいの中に存在し、人が吸入することで体内に侵入する環境アレルゲンが大きく注目されています。
環境アレルゲンは外から入ってくる花粉、室内のチリであるハウスダスト(ダニの死骸や糞など)にも含まれています。これらの環境アレルゲンをタイルの表面にコーティングした抗アレルゲン剤によりその働きを抑制しようというものです。
arerugen171031.jpg
このタイルを使う事で少しでも環境アレルゲンから体を守る事が出来るのであれば僅かにコストアップしますが有効かもしれませんね!

Kino-izmでは今以上に少しでも良い製品があれば積極的に取り入れて行きたいと考えています。
さて、明日から11月、今年も残すところ2ヶ月となりました。
ん~、といっても毎日毎日、日進月歩、特に変わりはありません(^^)v

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ