全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は日中、半袖では肌寒い一日でした。
こんなことを言っているうちに寒い季節がやってくるのでしょうね。

さて、、、
とある工務店の話、お客様には耐震等級は最高等級の3は要らない、2で十分だ!と説明しているようです。
何を根拠に等級2で十分なのでしょうか?
これほど各地で地震が起きているというのに、、、私にはまったく理解できません。
まさか、、、自分の住まいを建てる時も耐震等級2なのでしょうか?いやいや、こういう人に限って自分の家は耐震等級3で建てているに違いありません。
あるコラムに「自宅をギリギリで建てる専門家は居ない」と書かれてました。
建築基準法では耐震基準で震度6強~震度7程度の地震に対して、倒壊・崩壊しないことを目標に掲げています。
耐震等級が1や2だと、命は守られても震災後に建てなおす必要がある住まいとなります。
そんなことで良いのでしょうか?
ほとんどのご家庭が数千万円の住宅ローンを35年間という長期に渡って借入しています。
住宅ローンの返済中に建替えなんて到底出来ないでしょう。
もしか・・・最高等級3の設計をするために数百万円もの差が出るのであったとしても、命・住まいには代えがたいものがあると思いませんか?
数百万円の差と申しましたが、これは住宅業界で一般的に言われている差額ですが、本当はそんなに掛ることはありません。
Kino-izmでは百万円も差が出ないでしょう。

それでも、、、耐震等級3は不要でしょうか?
ご自身が、大切な家族が安心して数十年と暮らしていく住まいです。
良く考えて建築業者を選びましょう。

写真は、明日、上棟の桜井市・Aa様邸
先行足場を架設し、足場の上から眺めました。
一昨日からの雨天でもシッカリとブルーシートでガードしているので大丈夫でした。
IMG_6937_600.jpg

天気予報もはれのちくもり、上棟日和になりそうです。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

週末は完成内覧会

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂

ノーベル経済学賞は「炭素税」提唱者!
ZEHの追い風となる話題です。
(ZEH推進協議会代表理事の小山さんの記事を抜粋)
二酸化炭素等の温暖化ガス排出に課税する「炭素税(カーボンプライシング)」を科学的に提唱した研究者が今年のノーベル経済学賞を授賞しました。(10/8)
炭素税は、地球温暖化対策の切り札として世界各国で積極的な導入および税率の大幅な引上げが検討されています。
要は商品やサービスの提供プロセスにおいて排出する二酸化炭素等の量に対して課税することにより、経済合理性の観点からより排出の少ない商品やサービスが選択されることになり、結果的に社会全体として排出削減が進むというわけです。
日本でも環境省の「炭素税(カーボンプライシング)の活用に関する小委員会」で議論が進んでいます。しかし議論は、毎度のことですが、環境派の有識者や企業が必要性を訴え、大企業が中枢の経団連や電事連が産業の国際競争力低下のリスクを訴えて反対すると言う構図です。
何かの減税とセットで炭素税の実質的な税率引上げを行うしか方法はないのでは?!
住宅業界の私たちは、将来の炭素税導入の可能性に備えて、二酸化炭素を排出しない暮らしを住まい手に勧めていく責任があると思います。
電気を使うにしても火力発電所で作られた電気で暮らすよりも、ZEHの我が家でカーボンフリーな電気で暮らす方が益々お得な時代が来ると考えられます。
メカメカZEHではなく躯体性能優先のZEHをもっと訴えていかなくては、、、
さて、木津川市・Tb様邸、美装工事も完了し、網戸や畳を搬入し、あとは細かな傷などをリペアする作業。
写真はキッチンをパチリと、、、
L1290161-1.jpg
なお、週末の完成内覧会は全て予約が埋まりました。
是非とも見たい、、、と思われている方、午前11時はKino-izmのオーナー様が来て下さいます。
よろしければご案内致しますよ~♪
さて、、、
今週明けから色々な商品の売り込みが続いております。
フローリングやスウェーデン製木製ドア、タイルや金物など、、、
IMG_6906_600.jpg
色々カタログを見るのも楽しいですよね!!!


ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

上棟準備

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんにちは☂
先週末発表の今週の天気予報は雨マーク無かったのに、現場で大工さんが土台を敷き始めると天候が悪くなる。
毎度のことです、たぶん島津棟梁が雨男なんやろうと勝手に思ってます。
今朝も構造材の先行取り込みに早朝現場に行くと、「ワシが仕事し出したら雨やな~、ま台風よりましやろ~~~」と。
現場では昨日までに床合板敷きまでの工程が終わり、今日は構造材を取り込みまくばりといって上棟当日、手際良く柱を建てて行けるように材料を広げて養生しておく作業。
L1290156-1_600.jpg
ブルーシートをめくって準備していると材木屋さんのトラック到着
IMG_6911_600.jpg
これで1階の柱、2階床組の梁(胴)、間柱も他社(27mmが大半です)より太い45mm、付加断熱には必須の材料等
週末に上棟し、11月初旬には構造見学会を行う予定です。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

連休最終日は・・・

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も暑い一日でした。
地元では先週から延期になっていた運動会が小学校で行われていたようです。
市民体育大会も開催されたり、、、良い天気でよかったですネ!
道路は激混みだったようですが、、、

でKino-izmでは、、、
朝から今週末に上棟のAa様、御幣飾りを一緒に作りました。
業者が作るところも多々ありますが、Kino-izmでは施主様と一緒に作っています、そして語弊本体への挿字は施主様に書いていいただいております。
Aa様の住まいが建ち続けている間、小屋裏に永遠に残されるものなので、、、これでこそ家づくりの1ページだと思います。
先陣はご主人様、
L1290132-1_600.jpg

次に奥様、
L1290141-1_600.jpg

そしてお譲ちゃんも、、、
L1290139-2_600.jpg

家族3人の共同作業です。
上棟まで、天候が崩れませんように、願

さて、、、
Aa様と入れ替わりで土地購入を検討されているご夫婦が来店、
お話をお聞きしてみると、どうも一般の古家付の仲介物件ですが、紹介した中堅ビルダーの建築条件付きらしい。
おそらく正式には建築条件付きと言うよりも勝手に建築条件付きと言っているだけだと思いますが、、、
その営業マンと打合せを重ねる度に、ひとつふたつと前回との話が変わったり不信感が高まるばかり、、、
何とか土地だけ手に入れることが出来ないかなという相談でした。
この類いの話は難しいですが、そこに住むのは自分たちなのです。
営業マンが家を建てるわけでもないし、その前に毎回話がコロコロ変わること自体、理解できません。
キッパリと断ることが自分たちの将来の為だと思います。
良い方向に進みますように願っています。

午後は着工に向けて構造の打合せ中のH様にご来店頂きました。一級建築士・しかも業界では相当有名なお方、、、
「数々の工務店の家を見てきて、自分の家は木野さんに頼もう」と依頼して下さいました。
何度も構造体をチェックしてこれで構造計算に取り掛かれそうです。

今日はこんな祝日でした。
さ、帰って呑もーっと!

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
間もなくMidnight☆
今日もKino-izmは充実した一日でした。
午前中は久しぶりに宅地建物取引業の業務、売却相談のあった土地の確認とその周辺の取引事例など情報収集。。。
半年ほど前にも地元町内で査定依頼があり、売り出し価格を提示しましたが結局、地元に営業所を構える某不動産会社が2割程度高く媒介契約を結びました。
その価格は元々所有者が希望していた金額、弊社で査定した金額が安かったのでしょう。
そこそこ名前の通った業者に期待を込めて依頼したのでしょうけど、全く売れない、、、
不動産業界は後出し何でもアリ業界のようで「A社が○○○○万円であればB社は□□□□万円」というように後で査定する業者のほうが何だかんだ言いながら高い売り出し価格を提示します。
過去にもこういう事、記憶にあるだけで3回ありました。
でもね、過去3回共、私が査定した価格に落ち着きました。地元業者がそんなに調子の良いこと言っておれません。
ちなみに売れなくて私のところに再度依頼に来た強者、1件だけ居られましたが当然ながら低調にお断りしました。
私もチョッと変わりモンなので、笑
本当に売れる金額を提示しないと、、、それが査定というものです、、、
今回は、少し離れたエリアなのでまた違う動きがあるかも知れませんが。

さて、某FC系のローコスト住宅本部が全館空調システムを自社の住宅だけに限らず、グループの断熱材とセットで一般工務店にも売り出しを始めました。
そこでタイムリーな情報が、、、
空調システムはそのご家庭にとっては、たまたまサービスだったものの、「良いシステム」と言われて取り入れたが、空調の音が煩くて眠れない、夏も冬も思ったほど空調が機能しない、ダクトから噴き出す気流の移動が身体で感じられ落ち着かない、etc
結構深刻な問題を抱えておられる人が居られるようで自分のブログに書かれています。
そのブログはここでは伏せておきますが、、、
実はこのシステム、初めて目にしたときは「あれれ?」と疑問を感じました。
そもそも、全館空調をする前に断熱・気密の性能を最低限確保しないと、いくら高性能な設備をとりいれても屁の突っ張りにもならないということなのです。
例えば、性能の良い断熱材を取り入れても隙間あれば、、、冷暖房は効きません、、、保温ポットの蓋を開けているようなものなのです。
やはり、、、シッカリと躯体性能は高くしないといけないです。
こうすることで光熱費も少なく済むし、何よりも「暑さ、寒さ」から解放され精神的なストレスがなくなります!
これから家づくりをされる方へ、、、まやかしの設備に騙されませんように!
営業マンは隠れる性能よりもビジュアル重視ですからね!

写真は確か5年前に完成のS様邸、ブルーとシルバーのガルバの外壁、ベランダからの夕日がきれいだったのを覚えています。
181007_sa_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ