打合せは楽し♪

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
あと10日で平成が終わり、新しい年号へと切り替わります。
不動産売買の契約書でも契約日は平成、でも残金決済の日付は令和と記して契約を結びました。
新鮮な感じがあるとともに、もうひとつシックリこない契約書の作成。。。
平成の時もそうでしたが、すぐに慣れてしまうものなのでしょう。

さて、今日は新規のお客様にご来店いただき、Kino-izmの家づくりについて2時間ジックリとお話しさせていただきました。
未だどちらの工務店で家を建てるのか?検討中ということで他社で聞いてきた情報、ご自身で調べられた事柄など、色々とお聞かせいただき、その上で、お尋ねになられた工法・仕様材料等の良し悪しを私の考えの中で述べさせていただきました。

帰り際、「素人目線で解り易かった」とお褒め頂き、恐縮いたしました、汗
午後は、先日着工したばかりのY様と設備仕様内容などを打合せ、こちらもあっという間に2時間半、やっぱり楽しい時間って過ぎるのが早いですよねー!

さて現場は、、、
Y様邸で基礎配筋検査を行いました。
もちろん一発合格、そして大和郡山市・Nt様邸ではベースコンクリートを打設し、立上りの型枠を組みました。
週明けにコンクリートを打設します。
L1330255_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は奈良市の方より「築35年を経過した住まいのLDKやホールのフロアを張って欲しい」という依頼がありました。
インターネットでKino-izmを見つけ、サイトの中で見た写真で「ここならきれいに仕事してくれそうだ」と感じられたらしいデス。
どの写真を見てこのように思われたのか?お会いした時にお聞きしないといけないですね、笑
さて、もう少し詳しくお聞きするとキッチンも入れ替えるらしい、でもその業者は決まっているようで、フロアも張替して欲しいと依頼したところ、「うちで工事すると他社より高くつきますよ」と言われたらしいです。
変だと思いませんか?
私だったら、すべて一緒にした方が安くつくと思うのですが・・・
是非見積もりして欲しいと依頼されたので、対応は5月中旬位になりますよとお伝えし、お待ちいただくことになりました。
色々な問い合わせがありますねぇー!

さて、、、
Kino-izmの住まいは全棟長期優良住宅、耐震等級3(最高等級です)、断熱性能はUa値でこちらも全棟表記しており概ね0.4前後と表記できると思います。
省エネ性能を比較するための共通した物差しであるBELS評価についてもまだまだ普及が遅れていますがKino-izmでは取得しています。
ゼロエネルギー住宅、所謂ZEHも然り、、、
でもこのZEH、時として数字のからくりのように都合の良いZEH住宅を造っているビルダーが多いことにも驚きます。
ま、違法ではないのですが、、、
というのもZEHの認定には消費するエネルギー分をその家庭で補って(発電=創エネ)やればそれでOK、でもね、躯体性能がスカスカの従来の家で、快適に過ごそうとするとたくさんのエネルギーが必要なのです。その住まいの消費エネルギーをこれまた大容量の太陽光設備を屋根の上に載せ、時にはカーポートの屋根にも載せながら、発電したエネルギーを使い切り(浪費)、ZEHといっているビルダー、ハウスメーカーも多いです。
そこにはイニシャルコストが半端ないほど高く、そして10年、20年先に設備の更新の際、またまた相当なコストが必要であるということも解らないまま「うちの家はZEHだよ」と満足している人も多いです。確かに間違いではないでしょうけど!
設備が故障した時にかかるコストがどれほど莫大なのかをよく理解しないと将来のライフ設計が崩壊してしまいます。
「10kW搭載」とかいうようなバカげたZEHはもう止めて欲しいと思います。
「知らぬが仏」では済まされなくなります。
設備には故障がつきものです、そのようなモノよりも建物の躯体性能にコストをかけてやることで、僅かな設備で快適な暮らしを手に入れることが出来る上、僅かな設備なので消費するエネルギーも少なく光熱費も安くつきます、そしてそのエネルギーを創り出す太陽光設備も小さいものでカバーできるようになるのでイニシャルコストも少なくて済むでしょう。
設備は故障や取り換えが必要な時期が必ずやってきますが、建物の躯体性能はほとんどの場合その建物が建ち続けている間はその性能が維持されるのです。だから先ず建物の性能を高くして躯体性能の高さで快適な住まいを手に入れて欲しいと思う。
ん~、うまく説明できたカナ~~~???、解っていただけましたか???
ZEHといってもすべて同じ性能のZEHではないということを良く理解してくださいネ!
本物の性能の住まいを手に入れましょう♪

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日はずいぶん温かくて、現場では職人達、半袖シャツで作業する姿も見ました。
これからアッという間に暑い夏に向かっていくのかと思うと、、、汗

さて、今日は、、、
大和郡山市・Nt様邸で基礎配筋検査をハウスプラス住宅保証にて受けました。
もちろんいつものように一発合格!
L1330103_600.jpg
検査員の方の一言が突き刺さりました。
「最近、捨てコンを打設しない工務店が増えてきました。捨てコンを打設しないと防湿シートにスペーサーとなるコンクリートブロックや鉄筋がめり込んでコンクリートのかぶり厚が確保できません。
※捨てコンとは・・・上の写真でいうと基礎配筋(格子状に組まれた鉄筋)の下に打設しているコンクリートの事。
コストダウンを考えると仕方がないのかもしれないがここで住む人のことを考えるとねぇ。。。」ということでした。
捨てコンを打設することで基礎の並び(立上り)の墨出しもしやすい上に、配筋工事の際、職人が歩きやすい、そして一番重要ですがコンクリートのかぶり厚を確保できます。かぶり厚・・・コンクリートの表面から鉄筋までの距離、酸化して錆が発生するまで1センチ10年と言われています。
この部分はベースコンクリートを打設してしまうと全く目に見えません。隠れてしまう部分なのです。
こんなところでコストダウンを図ったところで大してコストは下がりません、というかその家に住む人のことをどこまで考えているのか?!ということに行きつきます。手抜きともとらえてもイイのではないかと思います。
Kino-izmでは決してこういうところは惜しみません。
良い住まいを建てたいという思いは人より強いと思っていますから!!!

さて、宇陀市・Ha様邸ではアイシネン断熱工事3日目、建物が大きいと3日ビッシリと掛かります。
同じアイシネンや或いはウレタン系の吹き付け発泡ウレタン断熱を取り入れている工務店もたくさん在りますが、比較して特に判るところは壁面の吹き付け厚ですね。
Kino-izmでは柱面まで隙間なく吹き付けしています。柱面より膨らんだ部分をブラッドナイフのようなもので切り取るのですが、他社のそれは場合によって切り取った後の無い施工もあります。それは設計厚みが薄いためなのですね。こういうところも比較して欲しいと思います。
IMG_4375-1_600.jpg

IMG_4377-1_600.jpg

浴室床下も部屋と同じ環境にしないと寒いお風呂になってしまいます。だからこうして基礎の周りにはキューワンボードを貼り、その隙間をアイシネンでシッカリと被覆しています。これで温かいお風呂になること間違いなし!
IMG_4380-1-1_600.jpg

小屋裏もこのとおり。
IMG_4382-1_600.jpg

アイシネン断熱工事が終わると、途端に家の中がシーンと静かになります。防音効果もあるということでしょう。
屋根ではガルバリウム鋼板・たてひら葺きの作業中。ガルバの厚みも他社とは一線を画しています。見ても判らないところですが少しでも良いものをという精神はずーっと持ち続けたいですね。

明日は換気棟の取り付け。。。
L1330181-1_600.jpg

Kino-izmではこのように隠れた部分や目視しても判らない部分でも拘った家づくりを行っています。
如何ですか!
一生に一度か二度と言われる家づくり、私たちと一緒に拘った家づくりをしませんか!!!

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

基礎配筋

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
熊本県の阿蘇山が噴火したと報じられています。
3年前の地震から復興が進んでいる矢先、被害がないことを願うばかりで、私には何もできません(T_T)

さて、今日は大和郡山市・Nt様邸で基礎配筋工事を行いました。
どうですか、ビシーッと並んだ綺麗な配筋!
明後日、ハウスプラス住宅保証の配筋検査を受ける予定で、検査前のチェックも済ませました。
IMG_4369-1_600.jpg

今週末には宇陀市・Ha様邸で構造見学会を開催致します。
限られた時間の中、限られた方々へのご案内です。
平成から令和へ、史上初の10連休前にやるべきことをシッカリと行い、Kino-izmを支持して下さる方々へご期待に応えたいです。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
ダイワハウスが建築基準法違反と大々的に報じられています。
先日のレオパレスの件もそうですし、大きな会社だから安心とは言えない時代、間違いなくまだまだ知られていないところでもこういった違反がありそうに思うのは私だけでしょうか?
如何にして信頼できる会社に依頼するか?将来が掛かっていますからね。

さて、先週末より始まりました水廻りリフォームのK様邸、
給排水管の変更作業にあたり、浴室の床下に潜っていた鉄管が錆びており、チョッと無理にねじろうとすると破損してしまいそうです。
当初の施工は1本の給水管を浴室下に潜らせ、そこから隣のトイレに分岐、さらに2階のトイレ・洗面所に分岐させているので、今回触ろうとすると破損する恐れがあることと、たとえ破損しなくても近い将来何かしら不具合が起きそうな予感がするのでそのことを説明させて頂き、露出しているところは出来る限り樹脂製の管に交換することとしました。
施主のご主人様は、「基礎も砕いてくれてもいいから全部入れ替えて欲しい」と言われましたが基礎を砕いても全部交換することは無理であること、そして万一構造に支障が出てしまったら取り返しのつかないこととなるので、今回は出来る限りの範囲で留めておき、その代わりにもしか鉄管が破損して漏水するようなことが起きた場合にでも簡単に止水できるように建物のお外側で分岐し、それぞれ給水できるような工夫をして納めることにしました。

隠れたところは何が起こっているのか判りませんが、このようなことはある程度今までの経験上でおおよその予想はしていました。
L1330043-1_600.jpg

洗面所の床板配管もシッカリとチェック!
L1330037-1_600.jpg

さて、21日(日)、宇陀市・Ha様邸で構造見学会をひっそりと開催しようと計画しています(遅すぎですが、汗)
Kino-izmのこだわる家づくり、特に気密・断熱・耐震の様子がご自身の目で見ることが出来ます。
今回は10連休のゴールデンウィーク前の見学会で他の予定との調整を行いながらの見学会です、3~4件の限られた方のみご覧頂こうと思っていますが、もしか案内して欲しいと思われている方はお問合せ下さい。ご要望にお応えできるかどうかはお約束できませんが、出来る限り調整させて頂きます(^^)v

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ