全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
高気密高断熱住宅を建てるキノハウジングです!
今日で11月も終わり、いよいよ今年も残すところ1ヶ月となりました。
寒くなってくると、家の中でどれほど快適に暮らせるのか、はたまたどれだけ寒さを我慢できるか(笑)
そんなことが巷では話題になっていたりします。
また、快適に暮らしているとしてもそれは家そのものの性能なのか、或いは暖房器具によるものなのか、、、
2020年に建築基準法が改正され省エネ基準が義務化される予定です。
たとえ義務化されたレベルの省エネ基準で有ってもそれは建築基準法上の確認申請が受理される「最低ライン」であり、決して快適な省エネの水準では無い事を知って欲しいと思います。
ゼロ・エネルギー化住宅という如何にもエネルギーが不要な住宅という風に間違った解釈されがちな住まいで例えると、どれだけ消費エネルギーの多い住宅(光熱費が高くつく家)でも消費する分だけ太陽光発電などでエネルギーを創り出せば差引セロとなるのです。即ちゼロ・エネルギー化住宅といえるのです。
でもね!ゼロ・エネルギーという活字からは省エネで快適な住宅のように思いがちですが、数字上、ゼロといってもそれだけでは住む人が快適さを得ることは無いといっても過言ではありません。
特にこれから冬本番をむかえます。
ゼロエネルギー化住宅といっても、居間から廊下に出て洗面所やトイレに行くと寒くて我慢しなくてはいけない家はたくさんあります。
しかしその我慢がいずれはヒートショックを起こすことにもなりかねないのです。
やはりゼロ・エネルギーという言葉だけに騙されること無く、家のどこに居てもそれ程温度差を感じない住宅、これこそが快適なのです。
その為には建物の躯体性能(断熱性能・気密性能)を高くしてやらないと温度差を感じない住宅にはなりません。
「夏、暑くない、冬、寒くない」という言い方をされる高断熱・高気密住宅の専門家も居られますがまさしくその通りだと思います。
Kino-izmでは断熱性能と気密性能については家づくりには最優先と考え、ご提案しています。
「夏、涼しく、冬、暖かい」という言い方よりも「夏、暑くない、冬、寒くない」という言い方が正解なのでしょう。
私の住まいはゼロエネ住宅では無いものの、築7年半を過ぎましたが「夏、暑くない、冬、寒くない」住まいです(^^)v

さて、、、
桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸・・・本物のゼロエネ住宅ですよ!
昨日はベースコンクリートを打設しました。
天気予報では午後から天候が悪くなるという事でしたが、鉄管と歩み板を渡し、シートでシッカリと養生しておいたので雨にも影響が全くありませんでした。
写真は、昨日のベースコンクリートを打設した直後の様子、

L1230400_600.jpg

で、今日は立ち上り壁の型枠を組みました。
ホールダウンアンカーの位置と鉄筋の通り(被り厚)のチェックを行いました。
L1230435_600.jpg

L1230424_1.jpg

水廻りリフォームのS様邸は来週明けのシステムバス設置の為の準備工事、不要な大引きをカットしたり、根太を追加して補強したり、給排水管を仕込んだり、、、
L1230421_600.jpg

明日は橿原市・I様邸、いよいよ地盤改良工事に着手します。

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は暖かかったですね~
今日は桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸で基礎配筋検査。
検査はハウスプラス住宅保証のよるものですが、朝一番、ハウスプラスの検査を引き受けている地元の検査機関「プラン21」よりTELが、、、
その内容は、「今朝の配筋検査、未だハウスプラス住宅保証より検査業務の指示が届いていない」とのこと。
あれれっ?
既に相当の日数の余裕を見て検査予約しておりましたので、プラン21より検査時間の確認の連絡も入っていましたが、ハウスプラスの引受が無い状態では検査できないという。
慌ててハウスプラス担当者の携帯へ連絡をすると、既に本社へ手配済みとのこと、しかし調べてもらったところハウスプラスの社内での手配ミスが判明し、これではいつまで経っても検査官が到着せず。
ということで無理をお願いしてプラン21の検査担当の方に現場へ来て頂きました。
ハウスプラスもシッカリしてもらわないと、今日、検査が出来なかったらベースコンクリートの打設を延期しなくてはいけない状態でしたので焦りました。。。
慌てて現場に駆けつけて下さった検査官もヘルメット忘れる失態、汗
でも細かいピッチの鉄筋で歩きやすそうでした、笑
もちろん検査はどこにも不備は無く、一発合格でした。
L1230377_600.jpg

水廻りリフォーム・S様の現場ではシステムバス据付の為のベースコンクリートの準備
この部分も隠れてしまうところで、コンクリートブロックをポンと置いて設置する手抜き業者も居りますが、そんなことは出来るはずが有りません。
ガッチリとしたベースコンクリートを打設しますよ!
IMG_3128_600.jpg

事務所に戻るとTs様邸で候補にあがっているフローリングのサンプルが届いていました。
オークと栗の二種類、どちらもオイル仕上げで、なかなかエエです。
TSさま、次回お会いした時にご覧頂けそうです。
IMG_2656-1_600.jpg

今日は他の業務で広陵町・K様のお宅を訪問しましたがまたまた手土産を頂きました。しかも愛子さんの手作り焼き菓子
これもシットリとしていて何とも言えない美味しさでした(^^)
K様、有り難うございました。愛子さん、今回の菓子も絶品でしたよ!
IMG_2665-1_600.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

手土産万歳

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
奈良で高気密・高断熱の住まいを建てる工務店、キノハウジングです!
今日は午前6時起床、私の生活の中では結構早く起きた方です。

で、朝一番、水廻りリフォーム・S様のお宅へ、大工・基礎・設備・建材の各担当者と工事工程について再確認と作業の仕方、資材搬入、発注納品日、等を打合せしました。
帰社し、桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸の配筋のチェック、明日朝一番、検査デス。
どうですかこの写真、配筋ピッチは基礎のほぼ半分が150mmという相当細かいピッチです。
ただ単に「丈夫にする為に細かくしよう」という事ではなくて、シッカリと構造計算した上での仕様決定です。
IMG_2647-1_600.jpg

橿原市・I様邸、12月1日より着工ですが、いくつかの確認をする為に現場に足を運びました。
L1230362_600.jpg

今日はこの他、打合せが2件、
オリジナルキッチンを提供して頂いておりますキッチンハウスより新商品の案内が有りました。
ダイニングテーブル用の椅子と対面キッチン用ハイチェア、どちらもリーズナブルなお値段です。
1000セット限定のドイツ高級住設メーカー・ミーレとのコラボ商品、他にもキッチンハウスで売れ筋のカラーを新規導入、、、詳しくはお問い合わせ下さい。
担当のNさん、いつも手土産持参で来社して下さいます。
今日は私の好きな、家内も好きですが、、、阿舎利餅(^^)/、有り難うございます!
IMG_2653-1_600.jpg

夜には久しぶりに寿司屋の店長が、火災保険の更新にお越し下さいました。
完成して来月でもう5年です。月日の経過、早いですね~。
休日を利用して浜松に行かれたとのことでお土産と、巻きずし(こちらはお約束見たいになってきました、嬉)デッカイ出し巻き卵が入ってました!こんなデッカイ出し巻き卵入り、観た事無いですが、これって私の為のKino-izmオリジナル?
店長、いつもありがとうございます!早速ヤッつけました。残業の空腹にはバッチリのお品でした。
感謝御礼!
IMG_3120_600.jpg

さ、ぼちぼち帰ろか~

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今夜も現場日記

朝一番、高取町・S様邸、キッチンと浴室の設置工事現場へ、、、
今日は既存内装の解体、先ず周辺の調度品を移動、そして埃が被らないように養生。
L1230319_600.jpg
職人たちに詳細を指示し、作業開始、途中TS様の打合せの為に事務所に戻り、再度現場へ、、、そして他の用事を済ませまたまた現場へ、今日は3度現場に出向きました。
天井には大きな鉄骨トラス(梁)が、、、
実はこちらのお宅、以前は1階部分は仕切りの無いワンフロアー、空手道場として使っておられ、2階で生活をされていました。
今はまだ足腰も元気なご夫婦ですが、これからの高齢化とともに毎日の階段上り下りが辛くなってきてからでは手遅れになるとの考えと既設の2階にある浴室の床から水漏れが生じており修理をするのであれば1階の空きスペースにキッチンと浴室を設置して欲しいとのことで、今回ご依頼が有りました。
L1230341_600.jpg

L1230333_600.jpg

床下の状況が心配でしたが、予想外にも綺麗な状態でした。
しかも大引きが何かの古材を再利用されており、奥さまにお尋ねしたところ、当時、近所で解体された小学校に使われていた構造材を頂いたとのこと。
こちらの住まいは築40年ほどになるので、その当時に解体ということは、、、大正時代のもの・・・?あるいは明治時代のモノかも知れません。
大引きの寸法もバラバラですが150mm~210mm程度の大変太い構造材でした。
L1230337_600.jpg

週明けから本格的な工事が始まります。。。

解体工事完了を確認し、桜井市・TS様邸へ、、、既に日没寸前
基礎配筋工事が完了、建築確認票の横に労災加入番号の掲示も完了しました。
28日に配筋検査です。
L1230349_600.jpg

帰社後、突然、高取町・Ni様が今年も(ここ大事v^^;)美味しい柿をお届け下さいました。
既に築4年になろうかというKino-izmのオーナー様です。
丁度数日前、家内と「今年は持って来ゃらへんのかな~?」と噂をしていたところでした。(聞こえたのかなー、笑)
いつもいつも何年経っても忘れずにこうしてお届けして下さって本当に嬉しいです。
IMG_2644-1_600.jpg
N様、今年もありがとうございましたm(_ _)m
また来年もオネガイシマス、爆
完成当時のアンケート「生の声」を掲載させて頂きます。
是非ご覧ください。
ご主人様
namakoe_ni_a140126_800_2.jpg

奥さまの長文も嬉しかったです(^^)
namakoe_ni_y140126_800_2.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

基礎配筋工事

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
奈良県で高気密・高断熱・高耐震で自由設計住宅を建てるKino-izm・キノハウジングです。

今日は早朝より現場へ、、、
桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸の配筋工事
鉄筋を等間隔に並べて結束線で結束します、これはコンクリートの骨格部分となります。
こちらの現場の場合、等間隔の寸法は200mmと150mmの箇所が有ります。
150mmといいますと木造建築では相当細かいピッチですよ~!
コンクリートで包まれてしまうと隠れてしまう部分、だからこそより一層丁寧に、、、そして基礎は住まいの文字通り基礎となる部分、そこが強硬・頑丈でなくてはいくら建物が頑丈なものでも維持できないですからね!
念には念を、入念にチェックしながら進めています。
L1230305_600.jpg

L1230311_600.jpg

明日は、キッチンと浴室の改装工事の解体作業にかかります。
そしてTS様とも上棟の打合せ等行います。

かなり寒くなってきました、私も昨日から外出の際はダウンのベストを着込んでいます。
皆様、ご自愛ください!!!
ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ