Merry Christmas

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
クリスマスですネ!
我が家のクリスマスケーキはシンプルなクラシックバターケーキ、幼少期を思い出しますが最近はもっぱら生クリームのケーキが主流ですね。
cake.jpg

みなさんはクリスマスをどのようにお過ごしでしょうか!
年末にかけて寒さが増すようです。
私の周りでもインフルエンザでダウンされている方がチラホラ、手洗い、うがいはマメに行いましょうネ!

さて、今年も残すところ、あと3日、
現在進行中の現場3物件も予定通り進んでいます。
E様邸は大工工事が進行中、
Tr様邸は基礎工事が完了し、先行で給排水管の工事を行っています、写真撮り忘れた、汗
で、Ak様邸は断熱工事を行いました。
断熱はいつものアイシネンです。
ご覧のように柱よりも内側に膨れ上がっていますがこの状態では石膏ボードを貼ることが出来ず、柱の面までそぎ落とします。
L1310326-1_600.jpg

こんな風にね、、、!
これで外部の断熱材と合わせてダブル断熱の完成、窓を閉め切ると一段と静かになります。
断熱効果も抜群、あとは気密測定を行い、断熱気密に関する全ての作業が設計通りに行われているかを確かめます。
L1310327_600.jpg

さて、昨日はPCの調子が悪くてブログアップも出来ませんでした。
一日遅れですが、お客様からいただいたレインボーラムネ、最近生駒方面に行かないので中々手に入らなかったので久しぶりに頂きました。
Mさま、いつも手ぶらでお越しになることがなく、何かしらお届けして下さいます。
今回も有難うございます。
マタオネガイシマス
いやいや、ほんとうに次回からはお気遣いなくお越しくださいね!
mo181224.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

本物の家づくりを!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
二日間ブログ更新が出来ませんでした。
楽しみにされている方には大変申し訳ございませんm(_ _)m
さて、Kino-izmの三連休、昨日も今日も打合せ等で慌ただしい毎日を過ごしています。
現場管理、プランの打合せ、資金計画、購入予定物件の現地調査、そして新規のお問い合わせの対応と、もう何が何だか(@。@)
Kino-izmにお声を掛けて下さる皆さん、耐震性能の高さはもちろんのこと、やはり暖かい家、涼しい家、を求めておられます。
快適に直結するフレーズを広告やホームページで表記した工務店・ビルダーも増えてきました。建売会社もそうですね。
でも・・・どこまで本当なのか?それとも集客のためにテキトーに云っているのか?その会社の建築する性能を見れば解るのですが、テキトーな会社ほど自社の性能を数値で公表していない(表せない、表すことが出来ない)会社が大半です。
本当に自信のある会社は惜しみなく自社の性能値を公表するでしょう。
先ずソコを尋ねてみましょう♪
C値・Q値・Ua値というような基本中の基本を説明できない業者は論外です。

Kino-izmでは「夏涼しくて、冬暖かい」という性能の殻を破りさらにその上を行く「夏暑さを感じなくて、冬は寒さを感じない」という高性能な住まいをご提供できるように日々研鑽しています。
本来の住まいは暑さ寒さから身体を守れなくてはならないはずですが、残念ながら日本の住宅の性能は世界的に見ても非常に低く、未だに1999年に決められた「次世代省エネ基準」という性能がトップクラスのように謳われています。この性能では暑さ寒さを凌ぐこともできず、光熱費がバカほど高く健康を阻害する家なのです。
こういったところにもっと視点を当て、業界と癒着するのではなくて国民の事を真っ先に考え国も法改正して欲しいものです。
いや、そう願っても期待にはとても応えれくれそうにありませんから、各自シッカリと家づくりについて勉強し、正しい家づくりをする工務店・ビルダーを選ぶことだと思います。
くれぐれもナンチャッテ○○というような会社に依頼されませんように(^^)v

で、現場は・・・
橿原市・Ak様邸、
この現場より外壁の透過防湿シートはデュポン社のタイベックを採用することとしました。
コスト面では少々アップしますが、やはり耐久性のことを考えるとコレを使わないと高性能な家づくりの仲間から外れてしまいそうな予感がするくらい重要な項目かも知れません。周辺の工事中の現場を見て頂くとまだまだあまり見掛けませんね。
ということで今後のKino-izmの透過防湿シートはタイベックが標準です!
L1310288-1_600.jpg

屋根も綺麗に張り終えました。
L1310302-1-1_600.jpg

明日は三連休最終日、朝から資金計画打合せのご来場があります。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

いよいよ竣工

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁
今日は少し暖かい一日でしたネ!
桜井市・Aa様邸ではいよいよ竣工です。
今日は和室建具の吊り込み、、網戸や畳など搬入、そして明日は玄関収納(下駄箱)を設置して完了となります。
IMG_7496_600.jpg

リビング階段の登り口には3現場連続のロボット掃除機待機場所をつくりました。
蹴込み板一枚を取り除いただけのように見えますが、実は階段板の据付や奥行きなど、簡単に出来るものでは無いんですヨ!
IMG_7502_600.jpg

23日日曜日に引渡しの立会い予定です。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
いよいよ年の瀬が迫ってきました。
今日も金融機関の方が2行来社して下さいましたが、そのうちの1行の担当者が「良いお年を!」とご挨拶して下さったのです。
ちょっと早いのでは?と思ったのですが今年も残すところあと13日、2週間切りましたね、汗
やり残したことはないのか?自問しながら答えを探しています、、、

さて、今日はAk様邸で外壁に断熱材を張る作業を行いました。
これだけの作業を行うのに2人で丸1日かかります。
今日も完了したのが17時、日暮れ前でした。
L1310265_600.jpg

L1310264-1-1_600.jpg

ピッカピカのシルバー、、、近所のおばさんが散歩途中に見て、「これはガッチリしたるな~」と言うてはりました(^^)
良くお解りですねぇ!
断熱材は完成してしまうと見ることが出来ません。
だからといって蔑ろに出来ないのも断熱材なのです。いやいや隠れたところを蔑ろにしているというわけではございませんので、、、笑
快適な住まいの為、光熱費を抑え家計に優しい住まい、そして結露という建物の天敵から守り、建物の寿命を延ばすとともにそこで暮らす家族の健康も維持してくれるという大変重要なモノなのです!
ワッカルカナー???

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は橿原市・Ak様邸で確認検査機関の中間検査、およびハウスプラス住宅保証による躯体検査を行いました。
構造に使用する金物、耐力壁の取り付け方、釘のピッチなどを中心にチェックします、もちろん一発合格!
L1310235-1_600.jpg
この後、外壁に断熱材を張って行く工程、そして壁体内にも断熱材を充填する工事に進んで行きます。
断熱工事が完了すると、建物の中は一気に暖かくなるでしょう(^^)

さて、E様邸では気密測定を行いました。
IMG_7486_600.jpg
Kino-izmでは全棟気密測定を行い、何か僅かな問題でも見過ごさず手を加えて少しでも隙間の無い住まいをつくっています。
その理由は・・・やはり断熱効果でしょう。いくら高価な断熱材、ぶ厚い断熱材を採用しても少しでも隙間があるとそこから熱の出入りという空気の動きをつくってしまい、そこに結露が生じます。結露は構造体を濡らし腐れせるとともにカビが発生する原因ともなります。また発生したカビをこのんでダニが湧きダニの死骸や糞が家の中で飛散することで人の身体に入り、アレルギー性疾患を誘発する原因となるのです。
せっかく手に入れたマイホームで病気になるようなことでは楽しく幸せに暮らせないですからネ!
何のためのマイホームなのか本末転倒とならぬように!

で、測定結果は・・・
第一回目(左の表)・・・何とかKino-izmの責任施工最低ラインのC値0.5cm2/m2
最低ラインですが納得いかず、立ち会っている者皆で隙間を探し、隙間があればシーリングで隙間を埋めて再度測定しました。
第二回目(真ん中の表)・・・測定数値は僅かに良くなりC値0.4cm2/m2
ここで気になったのが隙間特性値(n値)赤いラインのところをご覧ください。
一回目・・・1.61、二回目・・・1.65
隙間特性値(n値)は家中にある無数の隙間の中で際立って大きな隙間(穴)があるときにこの数値が大きくなります。
数値の表記は1.0~2.0の間で隙間(穴)が小さい場合は1.0に近づき、大きい場合は2.0に近づきます。
今回の1.6台の数値はKino-izmではありえない数値、こんなにレベルの低い工事はしていないという自負も有、りまたまた皆で探しました。すると、、、原因が判ったのです。
その原因は、トイレの排水パイプの塞いでいたキャップが斜めになって外れていたのです。
原因が判ったので気を取り直して・・・
第三回目・・・C値は満足のいく0.3cm2/m2、さらに隙間特性値(n値)も1.32とまずまずの数値となりました。
L1310240-1_600.jpg
今回の測定で解った事・・・トイレの排水管は完成時には塞がりますので問題は有りませんでした。しかしこれがどこか建物の隅で見えないところで起こっていたと考えると背筋がゾーッとするのです。
高気密高断熱と言いながらそんなに大きな隙間を見逃して工事を完成させてしまっていたら結露で大変なことになっていたと思います。だからそのようなことの無いように毎回測定しているのです!
測定する機械は正直だなと思いました。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ