撮影の日 in 宇陀市

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も日中は良い天気でしたネ~☀

宇陀市で今秋完成しましたNm様邸、住宅雑誌に掲載の為、プロのカメラマンさんにライターさん同伴の下、撮影をして頂きました。
外構工事はシンプルにコンクリートを基本に緑の草花でと赤いポストのアクセント。
アメリカンフェンスもバッチリ(^^)b
表札はオーダーしたステンレス製のものをコンクリート壁に埋め込まれ、引き締まって仕上がりました。
素敵な表札、プライバシーの関係でアップでお見せできないのが残念。。。
IMG_2567-1_600.jpg

室内も整理整頓されており撮影もし易かったです。
データが届きましたらホームページでご紹介させて頂く予定です。
IMG_2574-1_600.jpg

撮影にご協力して下さったNm様ご夫妻、快くご協力して頂き、有り難うございました。
また、若干2歳(えーっと!3歳になりましたっけ?)の現場総監督も昼寝時間返上で、最初寝不足の顔でしたが、徐々に馴染んできて終盤には我々取材班に愛想を振りまいてくれました、笑
総監督、どうもありがと~ございました~~~

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

断熱性能は大切です

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
自分の書き記した過去のブログを読み返していて、もう一度皆さんに読んでいただこうと思ったので再度書き記します。

私の住まいは、新築後、7年7か月が経過しました。皆さんにお勧めしている家と同じ性能です。
いや、現時点で施工させていただいている住まいは私の住まいよりはるかに高性能です。
このような住まいで暮らすことで、自分自身も体感し、良いところとそうでないところを改善しながら皆さんにより一層良いものをご提案しています。
さて、その住まいですが数日前、ようやく蓄熱暖房機のスイッチをONにしました。
例年、蓄熱暖房機だけで冬場を快適に過ごしています。余程気温の低い日の夜半には少しだけエアコンで暖房しますがそれも年間を通じて5~10日程度で暖房したとしても1日2時間程度、いちばん室内の温度が低下する午後11時から深夜にかけてのことで、早朝、昼間、ゴールデンタイムは全く暖房しなくても快適な温度を保っています。
蓄熱暖房機で少しのエネルギーを使うだけでこのような快適な住まいを手に入れることが出来るのです。
それは、何故か...?建物本体の断熱性能が良いからなのです。
大手ハウスメーカーや建売住宅会社などが"ZEH住宅"という言葉を良く使います。
たしかに機械で制御され家中を快適に出来るので大変高性能な住まいだといえます。
しかし考えてみて下さい。
エアコンをガンガン使って快適にするのは簡単なことです。
太陽光発電システムやエネファームでエネルギーをたくさんつくり、そのエネルギーをたくさん使用するのです。
これではたして高性能と言えるでしょうか?
さらにこれらの設備はそのうち故障・寿命が来るのです。
そうすると買い替えなくてはなりません。
下のイラストをご覧ください。
今お話した事柄を浴槽に例えてみると・・・
dannetsu_high.jpg

お湯を溜めた浴槽の温度を一定に保とうとすると、、、
少しのお湯を足し湯することで一定の温度を保つことが出来ます。
まるで魔法びんのように。

そして逆に断熱性能の低い場合は・・・
dannetsu_low.jpg

同じ条件を維持しようとするとたくさんの足し湯が必要となります。
光熱費もバカにならないでしょう。。。
すると、ケチケチしなくてはならないし、それが精神的ストレスにもなります。
気持ちに余裕が無くなりますネ!

如何ですか?
ご理解いただけたでしょうか?

このように住まいに対する断熱性能は大変重要な要素で、快適に住みたいと思われる方は断熱性能には妥協してはいけません。
デザイン、住宅設備にコストを掛けるのもいいでしょう、しかし断熱性能を妥協してまで住宅設備やデザインを優先させると、たいへん住みにくい家になるのです。

ん、如何でしょうか?
なかなかブログだけでは私が伝えたいこと全てを伝えることは難しいと思います。
「もうちょっと話を聞いてみよう!」と思われた方、いつでもご連絡ください。

さて、今日は午前中「幸せ家族計画」の家、奥様とKino-izmの事務所でワイワイと楽しく打合せ、あっという間の2時間でした。
遠方のところ電車に乗ってお越しいただきました。
Kino-izmでは打合せは全ての方に事務所にお越しいただいております。
そうすることで私自身も移動する時間を省くことが出来、時間を隙間なく使えますしカタログ類をご覧いただくにも都合が良いのです。
経費も省くことが出来、これらが最終的にはコスト削減に繋がると考えています。
Tさま、本当にありがとうございました。
次回のご提案まで楽しみにお待ちくださいね!

で、午後は農地の売却のご相談で県内某所を訪れました。
どういうご提案をすれば良いか・・・脳みそに汗掻いて考えますっ!
IMG_2879_600.jpg

明日は住宅雑誌掲載住まいの撮影です。

只今23時30分、自宅リビングで半袖・半ズボンでこのブログ書いています(^^)v

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂☁
今日は水曜日、周辺の住宅会社は定休日のところが多いです。
でもKino-izmは色々とやるべき事が有って、中々休んでいられません(>_<)
今日も調べ物をしていて、省エネ・ZEHというキーワードを使った宣伝がとんでもなく多いことに気づきました(今ごろ!)
で、その工務店・ビルダーの仕様を見るとあれれっ???と思う事が多いのです。
流行に乗り遅れないようにキーワードを駆使してお客様の目を引こうとしているのでしょうけど、実際伴ってなかったり、誤った解釈でそのキーワードを使っていることもあります。
省エネなんて今の時代、わざわざ訴えなくてもそれなりの性能の住まいを提供しないとならない時代だと思う。
流行語じゃないですが、「ことば」は独り歩きをしているようです。
それよりも大切な事、自分が一番良いと思うモノを提供しているか?提供できているか?が大切なのではないかなと思います。
一番良いと思うモノ、それは人それぞれ、10人居れば10種類の解答が有るかもしれません。それはその人にとっては性能だったり、コスト面だったり、あるいはデザインかも知れません。
私は「一番良いと思うモノ」を今以上に良いモノに進化させるために、様々な情報を得て、良い部材の提供があればシッカリとその商品の良さを知り、また欠点も確認し、コストとのバランスがどうなのかを検討し、良いモノは積極的に取り入れています。そんな事を考えさせられた日でした。
一生で一番高価な買い物を託されるわけですから、最高のモノを提供できるようにしたいですね!
で、今日も、遮熱シートの売込み(提案)が有りました。
IMG_2848_600.jpg
この遮熱シート、次世代省エネルギー基準程度の断熱性能の低い家ではある程度効果が有るのですがKino-izmのような高断熱・高気密の住まいでは体感出来る差が表れません。
これは高断熱・高気密を手掛ける設計事務所が実験的に同じ建物を建てて、片方には遮熱シートを貼り、完成後、2件の家の室内の温度変化を追跡しレポートにされているのを拝見してそのように思いました。
ということで却下となるのか・・・もう少し調べてみようと思っています。
いつもいつでも最高の住まいを提供できるように・・・

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

快適に暮らそう

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も爽やかな一日でしたねー!
さて、、、
快適に暮らそうというテーマ。ただ単に最新の住まいを建てて最新の設備を取り入れても快適とは限りません。
快適性や健康性には様々な室内環境要素が影響を与えます。
普段の生活でその影響が最も大きいのが「暑い」「寒い」といった温熱環境です。
また空気が綺麗かどうか・・・?
空気環境には塵やカビ、微生物、花粉、化学物質なども含まれますので充分な換気が必要です。
日照も健康に大きな影響があります。
建築基準法では居室の窓面積(開口面積)が床面積の1/7以上と決められています。
日射には体に大切なドルノ線という紫外線も含まれます。北欧では冬季に日照時間が少なくなり、光を浴びないことで「うつ病」になる可能性が高くなることも指摘されています。ガラス面が多い建築物の多いのも美観的な要素だけでなく光が欲しいと切望しているといえます。
これらが満たされる住まいこそ、住宅の住み心地が良くて精神的にも安定し、ストレスを感じないで健康に暮らすことが出来るのです。
これらを手に入れるためにも断熱性能を高くすること、床、壁面や天井面だけでなく開口部「窓」の性能も忘れてはいけません。
そしてシッカリと断熱された空間の熱が逃げていくような隙間をつくらないこと、これは気密性能を高くする必要があります。そして居室の空気環境をきれいに保つためには換気性能を高くすること、ただ単に窓を開けて換気が出来るのは春5月ごろと秋10月ごろの年間2か月程度です。これ以外の季節は暑くて湿度が高かったり、寒くて外気が氷点下になっていることがあるので安易に窓を開けず、性能の良い機械換気をお勧めします。この換気システムも気密性能が低いといくら良い換気システムでも充分に機能しません。気密性能がいかに大切かということなのです!
こうしたことが全て揃ってこそ快適に暮らせると思うのです。
Kino-izmの住まいはこれらのすべてを兼ね揃えています。
今夜もKino-izmのオーナー様から「快適に過ごしています」というメールや「薄着でも快適ですよ~」というがメールが届きました。

さて今日は朝から、木津川市へ、、、
初夏に施工したウッドデッキ材、無数のひび割れが生じた為、取替作業を行いました。
日頃、肉体労働をしていないので腕と腰が・・・爆
少し余分に用意したのですが、その中にも不良なものが見つかり撤去!
ということで全てを交換出来ませんでしたが、なんとか酷いものは全て取り除けたと思います。
IMG_2838_600.jpg

IMG_2843_600-1.jpg

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

2年連続敢闘賞

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
朝晩だけではなく日中も寒さが増してきました。
今朝、郵便物を開けてみると、LIXILより今年度のメンバーズコンテストの審査結果の通知が届いていました。
昨年と同様、敢闘賞!、、、「来年は大賞目指してガンバロー」と言ったものの、残念ながら敢闘賞、といっても敢闘賞を頂けたのだから良しとするかぁ!
快くご協力して下さったOk様、そしてKino-izmの現場に携わって頂いている職人の皆様、どうも有り難うございました。
lixil171105.jpg

リビングはこんな雰囲気ですよ~ん!
20170715-033_600.jpg

さて、先日より並行して進めていましたバスルームとキッチンのリフォーム工事・St様の積算がようやく完了し、本日、見積りをお届けして、正式に工事の発注を頂きました。
年内完工のご希望なのでボチボチ慌ただしくなりそうです。
今日はもう一つ、先日よりプランニングご相談のあった建築地を見てまいりました。
入手できる地積測量図は昭和40年代のもので精度が低く、念のために確認しました。
IMG_2820_600.jpg

さ、脳みそフル回転してプラン考えます。。。

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ