全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日も現場でゴソゴソしていると汗が滲むような陽気でした。

橿原市・M様邸、今日は気密測定を行いました。
先日、某同業者の方が「木野さんところはコンスタントに良い測定値が確認出来るのだから、もう測定はしなくても良いんじゃないの?!費用もかかることだし・・・」と言われました。
その考え、大間違いです!!!
毎回どの現場でもKino-izmの職人たちは真面目に丁寧に作業をしています。
だから気密に関しても良い数値が測定出来て当たり前になってきました。現にコンスタントにC値0.3を実測しています。
でも、、、
だからといって測定をしないというわけには行きません。
もしか、、、気づかないところで目立たないところで何かしら不具合があったり、チェックを見落している事だって無いとは言い切れないからです。
実際、測定して良かったと思うような大きな穴(隙間)を見つけた事も有ります。
やはりそこは人間が手作業で行うものですが「ミス」もあるし完璧に行かない時もあるのです。
そういった時に、測定する事でその「ミス」を見つけ出すことが出来ますし、その結果、快適に長持ちする住まいを手に入れることが出来るのです。
気密性能が高いと計画的な換気も可能となり、汚れた空気や「暮らす人・家事」で発生する水蒸気も外部に放出する事が出来ます。
特に冬は「暮らす人・家事」で発生する以外にも加湿器を運転することでたくさんの水蒸気が発生します。
建物に隙間があればあるほどその水蒸気が壁体内に潜り込み、温度差のある外気とぶつかることで結露を起こしてしまいます。
これは壁体内結露と言いますが柱や土台、断熱材も濡らしてしまい、その結果カビが発生し、腐朽し、白蟻の発生源に発展します。
そうなると、折角頑丈な住まいを手に入れたとしても家の寿命は極端に短くなるでしょう。
耐震等級が例え最高等級の3であっても、初期性能を維持できないですからネ!
耐震等級3なのに地震で倒れたという事になりかねません。
そのようなことの無いよう、気密の性能は家づくりでは最重要ポイントの一つなのです。

では、測定の模様と測定結果発表!!!
L1270428_600.jpg

まず、1回目の測定では、
C値・・・0.4cm2/m2、
総相当隙間面積は49cm2(総相当隙間面積というのは家全体の細かい穴のような隙間を集めると全部でどれだけの大きさになるかを示す数値)
49cm2なので家全体で7センチ四方という事になります。
L1270429_600.jpg

この数値でも世間一般的には相当気密性能は高いのですが、測定中、少し隙間を見つけたので、簡易ウレタンボンベやコーキングで隙間を埋め、再度測定しました。
すると、今度は
C値・・・0.3cm2/m2
総相当隙間面積は43cm2
僅かですが隙間の面積も減り、C値も0.3と少し高くなりました。
L1270430_600.jpg

今回も目標の0.3cm2/m2はクリアできましたが、本音を言うと新記録「0.2以下」を目指していたので残念でした。
残念と言っても0.3はとんでもなく良い数値ですよ!
改善点を見つけ出し、今後の家づくりに活かして行きたいです。

あっ!
もう一度言いますが、この数値、相当凄い数値なんですヨ!
毎回コンスタントにこれほど高い数値を測定する工務店、関西では居ないと思います(と自慢させて下さい)。

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
もう22時半を廻りました。。。
時間が進むのが日に日に早く感じる今日この頃・・・汗

で、先程、ようやくZEH+(ゼッチプラス)の提案応募の入力が完了しました。
入力というのもZEHビルダーの専用サイトで必要事項を書き込むのですが、これは昨年度、および一昨年度にそれぞれ1棟以上のZEH住宅の実績が有る工務店に限り、応募が認められている限られた工務店だけの制度なのです。
明日が締め切りなので一日余裕を持ちながら手続きを済ませることが出来ました。
あとは、、、不備が無いかどうか・・・?
補助金は通常のZEHが70万円に対してZEH+は115万円と45万円も多く、これは応募しないわけには行きません。
限られた工務店だけに限られた補助金を振り分けられる制度、5月24日に結果が発表されます。
IMG_4947_600.jpg

さて、、、現場の状況は・・・
橿原市・M様邸、
アイシネンの断熱工事が完了しました。
ベランダ床下部分もガッツリと吹付けました。
L1270372_600.jpg

屋根工事が完了、黒光りが眩しくて綺麗です。
L1270424-1_600.jpg

この週末、土日に構造見学会を開催致します。
既に数件の来場予約を頂いております。
今しか見ることが出来ない構造、壁に隠れてしまう内部、これから家づくりをされる方にとっては一番重要な部分を惜しみなくご覧頂ける状態です。
是非、ご覧下さい。
「見学会に参加したい」と思われている方は、ホームページよりお問い合わせ下さい。
追って、見学会開催地の地図をお送り致します。

たくさんの方に見て欲しいですね。

ほな、また、、、

ご両親の現場見学

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
しばらく降り続いた雨も午前中に上がり、気持ちいい午後となりました。
で、午後には現在工事中の橿原市・M様邸、施主様のご両親が現場見学にお越し下さいました。
職人たちに飲み物の差入れ、そしてご家庭で栽培されたイチゴを頂きました。
開封するとイチゴの匂いが周囲に気持ちよく広がりました。
明日の朝、ヤッつける予定っす!
IMG_4927_600.jpg
本当に有難うございました。

お義父様は大手ゼネコンのOBで、建物の中をご覧になって開口一番、
「これだけ分厚い梁は見たことないですね、これなら大きな地震が来ても大丈夫やね~」と、、、太鼓判押して頂きました。
Kino-izm自慢の吉野産の構造材のお話もさせていただきました。

今日は断熱工事「アイシネン」の施工の日で、断熱材を吹き付けている様子もご覧頂きました。

それでは工事の状況写真をどうぞ。。。
先ずは、管柱・間柱などアイシネンが付着するといけない部分を養生して、
L1270333-1_600.jpg

L1270336-1_600.jpg

「どうぞ、今なら吹き付けしているところを見れます」と職人が声をかけてくれました。
特に職人さんに頼んでいた訳でもないのですが、我ながら気配りの出来る職人だと思いました。
口下手なんだけどね!
あ、あまり褒めたらいけませんね(^^;
L1270342-1_600.jpg

いつも思いますが、余分な断熱材を切り取って廃棄処分しますが、勿体ないなーと思うのです。
L1270345-1_600.jpg

外部では透過防湿シートを張り、開口部、壁と手摺壁上部の突合せ部分の防水仕舞いを念入りに行います。
L1270346_600.jpg

L1270348_600.jpg

きわめて順調に工事は進んでいます。

今週末「12日、13日」とよく週末「19日、20日」には構造見学会を開催致します。
ご興味のある方、是非ご来場ください。
見学会の詳しい所在地はホームページよりお申し込みくださいました方々にお知らせ致します。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

棟換気は重要な部材

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
降りかけたら嫌なくらいよく降りますね~

橿原市・M様邸
雨が降るまでの間に、屋根の瓦工事を・・・
棟という屋根のいちばん高いところには棟換気を取付けました。
この部材はKino-izmでは必須で取付していますが、壁・屋根の通気層内の気流を放出するためのものです。
この部材が無ければ通気層内の気流が滞留し、室内に向けて熱の移動が進みます。
室内が暑くなる前に熱された空気は上昇気流と共に屋外へ放出してやることが大切です。。。
L1270317_600.jpg

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
長い長いゴールデンウィークが終わりました。といってもKino-izmは2日間でしたけどネ!
皆さん、どのような休日をお過ごしでしたか???
私は、、、というと、5日は仕事も兼ねて木津川市周辺をドライブ・・・現在着工前の準備中のT様のところまで書類をお届けに行ってきました。
帰り際、タケノコをたくさん頂きました(^^)
T様、ありがとうございましたm(_ _)m
綺麗に下処理して下さったものなのでいつでも調理してヤッつける事が出来るらしい(料理の事は全く判りませんので家内に任しておこーっと)
昨日は家でゴロゴロしてました、汗

さて、今日から通常の営業となりました。
で、現場ブログ、、、
橿原市・M様邸、
外周部分の断熱材も張り終わりました。
キラキラキレイでしょ!
L1270276_600.jpg

L1270284_600.jpg

内部は電気工事が完了し、明後日から始まるアイシネン断熱工事に備え、壁内に仕込む下地を確認しました。
L1270311_600.jpg

さてさて、、、
ゴールデンウィーク中にご来店くださったお客様が樹脂サッシは耐久性や耐候性に不安を持っておられました。
YKK-APに尋ねたところ、樹脂サッシの歴史は38年を過ぎています。
そういえばAPW330を採用した時に、私も耐候性や耐久性についてお尋ねしたら、関西支社の責任者が来社して下さってご自身のお住まいの窓は樹脂サッシで築30年を過ぎたが何の問題も無いと仰られていた事を思い出しました。
欧州では既に60年を過ぎています。
これらの状況を見ても、樹脂サッシは耐久性・耐候性は大丈夫と言えるのではないでしょうか!
こんな資料も有りましたので添付しておきます、ご覧下さい。
resin-window180507.jpg


ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ