全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
本日2通目のブログです。
橿原市・I様邸、
今日は構造壁体内への断熱材充填工事
いつもご説明しておりますが充填する断熱材はカナダ発祥の「アイシネン」です。
アイシネンは構造躯体に密着し、追随性があるので将来に渡って躯体と断熱材との間に隙間が出来にくい素材です。
さらに、万一の火災が起きても燃え広がらない特性を持っています。
充填する断熱材にはたくさんの種類がありますが、Kino-izmではこのような理由から「アイシネン」を採用しています。
先ずは養生
L1250327_600.jpg

そして隅から隅まで充填します。
L1250360-1_600.jpg

L1250354-1_600.jpg

次に不要な部分を削ぎ落とします。
L1250348-1_600.jpg

サッシの枠と柱の隙間も見逃してはいけないところです。この作業には簡易ウレタンボンベを使用します。
L1250357-1_600.jpg

こういう所って見逃しがちだし、完成すれば全く見ることが出来なくなります。
L1250363-364_600.jpg

玄関ドアの足元も要注意
L1250359-1_600.jpg
サッシまわりの僅かな隙間は目視しても解らないことが多いです。しかしその隙間こそ安易に考えていると壁体内で結露を起こし、年数を重ねるごとにジワジワと躯体を腐らせ、カビの発生の元となります。ダニもわき易くなりダニの糞や死骸がハウスダストとなってアレルギー性疾患を誘発するのです。
「あれっ?」と気づいた頃には既に手遅れとならないよう、施工時にシッカリと作業しなくてはいけません。
こうして細かな作業の積み重ねが高気密・高断熱という高性能住宅を支える元となるのです。
またこのような作業状況を公開する工務店も皆無に等しいと思われます。インターネットで探しても工務店のサイトでは見ることがほとんどありませんね。
しかしKino-izmでは敢えて、こういった作業も真面目に丁寧に行っているという事を是非伝えたいと思い、写真を掲載しております。
如何でしょうか、こんな工務店で一生に一度と言われる家づくりを楽しみませんか?!?!?!

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は現場別に2部に分けてブログ更新です。

先ずは桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸
今日で大工工事が完了しました。
洗面所には造りつけのカウンター収納と、洗濯機スペース横に洗剤置き場となるニッチを設けました。
L1250337-1_600.jpg

作業の最後は洗面台の背面に化粧ボードを張りました。
使用時の水はねについての対応策です。
化粧ボードの規格寸法が935mmだったので丁度良し!!!
バッチリおさまりました。
L1250334-1_600.jpg

L1250346-1_600.jpg
この後、内装工事に取り掛かります。
TS様、完成が3月初旬の予定です。もう少しお待ちくださいネ!

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☃
今朝方から雪が降り寒さも増してきました。
今年の冬は例年に比べて特に寒い日が多いと思います。
皆様の暮らしは如何でしょうか?
例年と同じような過ごし方でしょうか?それとも、例年には無く暖房に頼る時間が増えているという人もたくさん居られるようです。
でもそれが当たり前と思っておられるのか?それともこれではだめだと思っておられるのか?
Kino-izmの拠点となる奈良県では夏の最高気温36℃~38℃、冬の最低気温-3℃程度、寒暖差は概ね40℃位あります。
これが東北地方や北海道でも概ね40℃と言われています、最高気温や最低気温は低いですが、、、
しかし、断熱の話になると、「そんなに大袈裟に騒がなくても良いのでは?」とか、「この辺ではこれくらいで十分だ」「北国の話でしょ!」というような風潮が強く、まだまだ断熱は北の国の必需品で関西やそれより以西には必要ないと思っておられる方が住宅を建てようとする一般ユーザーはもちろんの事、住宅を請け負いする側であるプロの中にも非常に多いです。
断熱に着眼する人・工務店が少ない状況がこれほど温暖化が進んできても、この状態ということに大変悲しく思います。
これは何故かというと「断熱は家の中の熱を外側に逃がさない役目だけ」と勘違いされているからなのであって、本来断熱は外側から内側に侵入する事を抑えることにも活躍しているのです。それはもちろん断熱だけでなく気密というものとタッグを組んではじめてその性能を発揮できるのですが、、、。
これから将来はもっと地球温暖化による影響で気温の寒暖差が広がると思われます。

既に10数年、断熱は大切だと訴えてきているのですが、中々それを理解してもらえないモドカシサは払拭されません。
そういえば先日も、家づくりを考えておられる方から「これだけ凄い断熱性能だと夏は暑くないですか?」と質問をされました(T_T)
どうすれば簡単に解ってもらえるのだろう・・・
算数の足し算や引き算の答えのように、、、!

家づくりに出会う工務店・ビルダーによって将来の住まいのあり方が決まります。
ご縁が有ってKino-izmで住まいを建てて下さる方には決して失敗して欲しくありません。
だから口を酸っぱくして断熱と気密は大切ですよ!と訴えています。
せめて私の拙いブログをご覧頂いている方だけでもこの事を解って欲しいと切に願います。

今日はLIXILの担当営業さんが昨年のコンテストの敢闘賞の盾を届けてくれました。
カウンターに飾らせて頂きました。
一昨年と昨年、二年続けて敢闘賞、今年こそ地域特別賞とか大賞など上位を狙いに行きたいですナー(^^)v
IMG_3831_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

瑕疵保証更新点検

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
アッという間に1月も終わりですね。
やり残したことが無いか、、、?家づくりはもちろんの事、何事も後悔しないよう毎日小さな目標を立て、それをクリアしながらコツコツと歩んでいます。

さて今日は、、、橿原市・A様邸、2008年3月竣工の住まいの10年の瑕疵保証更新点検をJIO(日本住宅保証検査機構)によって実施致しました。
もちろん私も立会いして点検項目を一緒にチェックしました。
先に外壁の点検を行い、玄関ドアを開けて中に入ると検査官の方が開口一番「おっ、温いね!」
私「そうです、弊社自慢の外断熱ですよ~」と。
やはり普段たくさんの建物の点検を行っている人であればこの暖かさが判るのでしょうネ!
内装クロスの継ぎ目には多少の隙間など見られましたが、普段、目にすることの無い床下や小屋裏も大変綺麗な状態を保っており、修理・手直しの指摘はありませんでした。
ただ外部はどうしても年中紫外線や風雨などに晒されている環境です。
外壁材の継ぎ目のシーリングやベランダ防水層の表面の劣化は避ける事が出来ませんので手を加えてやらないといけません。
施主様のA様とは近々見積りを作成し、ご提案させて頂こうとお約束をしました。
IMG_3784_600.jpg

橿原市・Ks様邸は基礎工事が完了しました。
こちらは2月10日に上棟の予定です。
手配していた構造材は吉野産で川上村の材木屋産からプレカット工場先週運送される予定でしたが降雪のため延期となり、ようやく昨日工場へ到着。
何とか今週末の仕上げが出来るようで、上棟にも間に合いそうデス。
L1250311-1_600.jpg

橿原市・I様邸は、
今日から外壁工事に取り掛かりました。
二人の職人が手際よく透湿防水シートを張り終え通気胴縁の仮留めまで進みました。
明後日には瑕疵保証検査機関で検査官をされているお義父さまがチェックに来て下さいます。
L1250294-1_600.jpg

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

主役は誰なのか?

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は少し寒さも和らぎました?
私はそう感じましたyo(^^)

さて、今日も現場日記
橿原市・I様邸
週末にはアイシネン断熱工事を控えております。
その為にやるべきことをやっておかないと...ということで大工に指示、
というのも昨日、現場で施主様ご夫婦と棚やニッチ、カウンターの造作の仕方などを打合せを行いました。
コレを行わないと大工の仕事も前に進みません。
施主様からは、「図面でイメージしていたのと実際その場に立って見たものとはイメージが違いますね!」と言われました。
そうなんです、皆さんそうなんです、だからKino-izmでは図面上であまり詳しい打合せは行わないのです。とはいっても確認できるところは確認しますよ(^^)
やはり、ご自身がイメージされていたことを忠実に現場で反映するためには、こうして実際建ち上がったご自身の住まいの中で、再度図面と照らし合わせながら考えて頂くことが最善策だと思っています。
だからどの現場でも、施主様立会いの下、細かな仕上げ方法は現場で打合せを行うことにしています。
これが一番大切です!
たとえ工程スケジュールが合わなくても、現場を止めてでも行うべきで、よく他社で現場の都合、工程・工期を優先にするあまり着工前に図面上で確認し、工事を進める業者が大半であることに非常に残念でなりません。
あまりにも立場を差し違えていると思う。
誰の住まいなのか?
主役は誰なのか?
この状態から数か月後には住まいが完成します。完成後に後悔しないためにもこういった作業ってすごく重要だと思います。

L1250250_600.jpg

桜井市・ゼロエネ住宅・Ts様邸
外部は外壁サイディング張りの作業が終わり、コーキング工事へと進んでいます。
L1250255_600.jpg

内部では大工工事も終盤、天井の下地も出来てきました。
L1250263_600.jpg

明日は築10年を迎えるKino-izmのオーナー様宅の、瑕疵保証延長のための10年目検査をJIO(日本住宅保証検査機構)にて受けます。

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ