地域型住宅グリーン化事業

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は毎年取り組んでおります地域型住宅グリーン化事業の令和2年度補助金交付に対する振り分け会議に出席しました。
10社程度の工務店が集まって活動しています安心安全住宅協議会というグループに参加させてもらって10年くらい経ちます。
毎年1000万円~2000万円の補助金の交付があるのですが、今年はとんでもなく少なくて、長寿命型(長期優良住宅)が200万円、ゼロエネルギー住宅型が125万円、地域材(私たちのグループの場合、奈良県産材)加算枠40万円。
これらの僅かな予算を、既に契約を結び、着工準備を行っている現場を優先して振り分けを行います。
会議の結果、ゼロエネルギー住宅型の補助金125万円の枠を頂くことが出来ました。
早速、該当するN様にTELし、内容をご報告しましたところ、喜んでくださいました。
他社の場合、この補助金を使おうとすれば何らかの追加工事が必要で、その費用のことを考えるとあまりメリットが無いうえに、工務店側には申請手続き等の手間が掛かるので積極的に取り組む工務店が非常に少ないです。
しかし、Kino-izmでは既に躯体性能については基準をはるかに上回っており、追加工事を必要としないので補助金を十分に活用することが出来ます。
国の補助金の財源は我々の納付した税金が基となっています。
せっかく交付してもらえるのだから、積極的に活用しないと勿体ないですね。

補助金振り分けの会議の後、外皮計算のワークショップも行いました。
ワークショップでは工務店仲間のスタッフで一級建築士の方に、工務店のスキルアップとなるよう指導していただきました。
IMG_3919-1_600.jpg

さて、今日は朝一番、屋根瓦の点検をKino-izm協力会社の瓦屋さんに行っていただきました。
こちらのお方、先日、「太陽光設備の点検に参りました」と屋根の上に上って、「瓦がズレている、10~15万円で修理してあげますよ」と言われたそうで、とても信用できないからと弊社に依頼が有りました。
15万もかかるようには見えなかったですが、写真を撮っているので確認してもらってご提案したいと思います。
IMG_3916-1_600.jpg

さてさて、
生駒市・Kg様邸、足場の解体が完了、ネイビーのガルバが綺麗です!
完成まで、あと2週間足らず。。。ガンバロー
IMG_3917-1-1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉

カテゴリ

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ