現場日記

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
ご心配をおかけしておりますが腰痛もかなり良くなってきました。。。
で、今日も暑い一日で、半袖ポロシャツで現場へ、、、
斑鳩町・Im様邸、
昨日、土台敷きを完了し、今日は24時間換気設備の据え付けと床合板を敷きました。
基礎天端と土台や、継ぎ手などの隙間がないかどうか、隅々までチェックしながら作業を進めて行きます。
少しでも分厚い断熱材があるほうが良いのですが、それだけではいけません。
如何に隙間を少なくするか(気密性能を高くする)...を考えながら、どうすれば隙間の少ない構造となるのか、どうすれば隙間ができにくいのか...などを考えながら作業を行います。
逆に気密性能が高ければそれでいいというものでもありません。
断熱性能+気密性能=高性能な住まい、なのです。

余談ですが、最近気密測定を行って高い数値が出たとブログや自社ホームページで公表する会社がチラホラお見受けしますが、断熱性能を全く公表していないところが殆どです。
何のための気密測定なのか?単にユーザーの目を引かせるだけのためなのか、、、コストのかかる断熱性能(見えないところ)はどうなっているのか、、、不思議です。
Kino-izmでは断熱性能も気密性能も公表しています。自信を持って家づくりをしていますから、隠すことなんてありません!!!
IMG_3357-1_600.jpg

断熱材で被覆された鼠色の太いダクト管が床下を大蛇のように鎮座するので設計時のレイアウトに大変悩みます。
将来の床下の点検時のことも考えないといけませんからね!
L1400116-1_600.jpg

夕方にはすべての作業が完了し、ブルーシートも二重に被せておきました。
これで予想外の雨が降っても大丈夫ですね。
IMG_3373-1_600.jpg

生駒市・Kg様邸では、ハウスプラス住宅保証による構造体の検査と確認検査機関プラン21の中間検査を行いました。
もちろんですが、特に指摘事項はありませんでした。
指摘が無いからOKということではなくて、シッカリと申請通りに施工しなくてはならないのは当然のことで、何か不具合が起きたも施工業者の責任だということを忘れてはいけません。
IMG_3358-1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉

カテゴリ

奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ