修理依頼

| コメント(0)
全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日はボヤキのブログです。
7月1日、Kino-izmオーナーのO様より、シーリングファンが故障しているようで回らないという連絡がありました。
同日、私は仕入れ先を通じてメーカー側に修理点検訪問の依頼をしました。
O様は共働きで平日の昼間は不在です。
しかもメーカーの営業時間内でTELをしてもらっても中々通話できる状態じゃないのであえて時間を指定し、○時~○○時までの間に取り急ぎ一報のTELをしてもらえるように手配しました。
約束通りそのTELはあり、訪問日時の確認をし、その日の対応はスムーズにして頂きました。
で、約束した当日、いくら待ってもメーカーのアフターサービス担当者は来ず。
待ちかねてTELしてみると「えーっ、今日でしたっけ???」という無責任な対応。
O様は怒りをグッと我慢し、再度訪問日時の約束を取り付けて下さった。
そしてまた約束の日時になっても訪問せず...
またまたどうなっているのか?とTELをしたら「今からでしたら午後1時に訪問できます」という何とも意思疎通の図れない対応。
腹の中から煮えくり返るような腹立ちを再度我慢し、再度日時の約束をしました。
そして、当日、やっと訪問してくれたのですが、修理できず(正確には出来なかった、する能力が無かった!)、新しい製品と交換、、、
それでも動かない、、、すると、今度は電気工事をした弊社の施工不良だと言い出す始末。
この時点で8月10日(だったと思います)世間はお盆休み、メーカーも7連休とか9連休ということで、その担当者はお盆明けに再度対応しますと言い残して帰って行きました。
それから20日程経過し、9月1日、私の下へO様から連絡がありました。
「キノさん、ずいぶん前にシーリングファンの修理を依頼しましたがまだ直らないんです。というか真夏の暑いときに使いたかったのですがもう9月になっちゃいました!」とあきれ顔でお話しされる状況を大変申し訳なく思い、2日月曜日に再度仕入れ先に怒りとともに申し伝えました。
すると夕方回答があり、奈良県を担当する指定業者に不手際が多く他からもクレームが入っているとのこと。
そんな下請け業者クビにすればいいと思うのですが、クビにしてしまうと代わりの業者が居ないということらしいです。
切実な状況をもう一度お話しして大至急対応してもらえるように依頼しました。
が、本日またO様よりTELがあり、3日に連絡のやり取りがあったものの都合のつく日程を返事するために翌日にTELするも繋がらず、着信履歴が残っているはずなのにかけなおしもして来ない状態が今日まで続いているということです。
明日、もう一度私の方から今度は仕入れ先を通さず直接メーカー担当者に状況を連絡してみます。
2ヶ月以上も修理せずに放置状態のこういうメーカーの商品を使っていいモノなのかどうなのか!しかも、もしか施工不良だと思うのならなぜすぐにこちらに連絡して来ないのか???
このメーカーの商品はかなりたくさん使っています。私の家にも使っています。
でもこういう人間としての心無い対応をされると非常に悲しいです。
それよりも一番不便を感じ、悲しんでおられるのはO様なのですが、気丈にも私に対しては怒りの一言も無く、逆にお気遣いいただいております。
こういうオーナー様に巡り合えて本当に私は幸せ者だと思う。だからこそ明日はメーカーにハッキリと言ってやろうと思っているのです。
このモヤモヤ、今夜、寝れるかな・・・・・
写真は築3年を過ぎた奈良市・I様邸のリビング。
こちらの吹き抜けにもシーリングファンを採用しました。
iw190909.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ