高気密高断熱の基準は?

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
雷が鳴ると看板犬・桃太郎がビクビクし、仕事になりません、泣!

昨日、気密性能について書きましたが、今日はその件で3件も反響がありました。
「他社に中気密で良いと言われたが、気密はほどほどで良いのではないか?!」
「高気密って何を基準に言うのでしょうか?」
「気密を高くするために行っている作業は?」
以上の3件の質問でした。
先ず、中気密とは測定値○○~○○までという基準があるのか?
高気密についても基準ってあるのでしょうか?
残念ながら何を基準に高気密というのか?法律では断熱性能も同じく特に基準が決められていません。
だから、いい加減な業者も高気密高断熱と謳うし、その活字を見ただけで何かしら自分の家は性能が良いように錯覚されている人も多いと思う。
で、暮らして見て、「高気密高断熱なのに暑くて寒い」という声を時々お聞きしたり、相談を受けることもあります。
やはり高気密高断熱と謳うからには、Ua値がいくらなのか、、、C値がいくらなのか?、数値で公表していることが最低条件ではないでしょうか!
この数値が公表されていてこそ、他業者と比較することが出来、工務店選びのひとつの基準になるのではないかなと思います。
Kino-izmでは全棟、気密測定を行っていますし、全棟BELSの評価を取得しUa値の公表も行っています。
こんな工務店と家づくりしましませんか!

さて、香芝市・T様邸、建替え現場の解体工事も中盤を過ぎたところ。
現場に入ると、旧建物は無くなり、がれきの山、手作業で分別しながらトラックに廃材を載せていました。
順調に進んで、あと7日~10日程かな~と。。。
ta190611.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ