2019年6月アーカイブ

今日はおイモ~

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
本格的な梅雨の季節、九州では局地的な大雨というニュースも。。。
私たちの地方でも断続的に雨が降っていて明日からのT様邸の基礎工事に少なからず影響が出そうです、汗

昨日は建て替え計画のご家族が来店して下さいました。
ハウスメーカーなどは営業マンが嫌でも訪問するので避けている...とか。
私のブログを細かく読んで頂いているようで大変うれしかったです。
これから本格的に進めていかれることなので、何社もお話しを聞かれたらと生意気にもアドバイスしました。
折角、ご自宅の図面などを持参されたにも関わらず、コピーさせていただき、ファーストプランのご提案だけでもすれば良かったナと反省しております。
このブログを書き終えたらメールにてご連絡してみようと思います。

さて、最近新規のお問い合わせが急激に増えてきました。
昨日も今記したように新規の方のご来店があったし、資料請求による発送も増えています。
「これから行っていいですか?」とTEL頂きましたが、もう土日は予定がパンパンで今週と来週は無理だとお伝えしました。
再来週にはお越しいただけるのだるか・・・この方も名前もお聞きしなかった、少し雑な対応だったと反省、汗

さてさて、そんな慌ただしい日常が続いていて、今日は昨年秋にご入居して下さったTb様のお宅訪問。
というのも元々地元の知り合いである外構業者さんにエクステリアをお任せしようとしておられたのですが、どうもチグハグで意見が合わず、、、
「こんなことなら最初から木野さんに任せておけばよかった!」と嬉しいことをお話しして下さいました。
で、こちらのお宅、いつも何かしらご用意して下さってます。手ぶらで帰ったこと無いかも。。。
今日も実家で採れたおイモ~、と言って紙袋にいれて下さいました。
Tb様、いつもありがとうございます。
ご期待に副えるようにガ・ン・バ・リ・マ・スッ(^^)v
IMG_9572_600.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
少し雨が続くと蒸し暑くなりますね。。。
これからの季節、湿度が高くなるのでエアコンによる調湿が必要になりますがエアコンの能力を十分に発揮させてやるためにも気密・断熱が必要です。
気密・断熱の低い家ではいくらドライ運転で調湿しようとしても躯体の隙間からの外気の流入が多くてエアコンがフル回転しても追いつかなくなります。
その結果、部屋の隅では空気の滞留が起き壁面が湿気でベトベトする場合もあるのです。カビの原因となるもので住まいに良いことは無いですね。
一方、気密・断熱が高い住まいは僅かなドライ運転で快適な室内を維持出来ます。24時間計画換気設備と併せて、家中の空気の循環がスムーズに行えるうえに、隙間が無いので外気の流入も無く、家の隅々まで快適に出来るのです。
機械の持つ能力を十分に発揮できるということはそれだけ家の中も快適に出来るということなのです。
自然素材は調湿すると謳っている工務店も見かけますが、、、もちろん自然素材の持つ調湿性能もわずかな助けになるでしょうけど、気密・断熱が中途半端であれば調湿をすべて仕上げ材である自然素材に頼ることになります。
柱の足元や窓の下部などでジメジメとして水滴が流れ落ちていても自然素材が調湿していると言えるのでしょうか!
全てを自然素材に頼るのも無理があると思うのですが、間違っていますか???
やっぱり第一に建物の躯体性能に眼を向けるべきだと思うのです。

さて、昨日地鎮祭を執り行いましたゼロエネ住宅・T様邸、今日は地盤改良工事を行いました。
明日、明後日は養生し、週明け月曜日から基礎工事着工です。
雨が気になりますね・・・
L1340659_600.jpg

さてさて、もうひとつ。
今日はお客様のご依頼で購入しようと検討されている土地を確認に行ってきました。
閑静な住宅街、日当たりも良いし前面道路も広い、、、擁壁のコンクリートを見てもまだまだ問題無さそうに思えました。
お客様には私の考察をご報告し検討材料にしていただこうと思います。
IMG_9548-1_600.jpg

皆々様、良い家を手に入れましょう♪

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

祝・地鎮祭

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂
令和元年最初の台風・SEPAT(セーパット)がやってきます。
大きな被害が出ませんように・・・

さて、今日は大安吉日、香芝市・ゼロエネ住宅・T様邸で地鎮祭を執り行いました。
施主様は私の子供たちと同世代、もぅ自分の子が家を建てるかのように気持ちも重なります。
L1340544-1_600.jpg
前日から天気予報では雨予報、建物解体後の敷地は泥濘となることもあるので前日よりブルーシートを敷き備えました。
宮司さんが祝詞を上げている時こそ僅かに小雨が降りましたが幸いにも強い雨にならなくてブルーシートも必要ありませんでした(^^)
お父様もご列席して下さり清祓いの儀、鎮物埋納の儀、玉串奉奠までご一緒に。。。
L1340571-1_600.jpg

工程は大変タイトですがKino-izmの職人たちのチームワークで乗り切り、若い二人の願いが叶うようにシッカリと進めていきます。
ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

勘違いの自然素材

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は宇陀市・Ha様邸で完了検査を確認検査機関にて受けました。
工事中に構造体の検査を行い、構造壁や筋交いの配置、規定通りの金物が使われているか、各所でそれぞれ定められた規格の釘を規定通りに使っているか、また釘のピッチは間違いないかというところを重点的に見ますが、完了検査は申請通りに住まいが出来ているか、火災報知機や24時間計画換気設備が設計通り施工できているかを中心に検査されます。
検査はもちろん合格ですが、合格したから良いのではなく、施工業者として行うべきことをシッカリと行ったか、将来に向けてその住まいに責任を持てるか?ということに尽きると思います。

関西でもいよいよ入梅、今年の入梅は観測史上一番遅いらしいです。
梅雨に入ると湿度が高くなりジメジメ、
あ、そういえば昨日打ち合わせをしたお客様、他社で珪藻土を室内に(と言ってもリビングだけ)採用しているのでこれからの梅雨の季節も調湿が出来て快適ですよと聞いたと仰っておられた。
ちょっと待ってください!
断熱・気密を疎かにして、室内で発生する水蒸気だけでなく、外から浸入する水蒸気までもたった十数帖の部屋の壁面だけでどうしようというのでしょうか?
これで調湿?確かに数値的には調湿かも知れませんが快適な爽やかな室内にできるのか、はたまた結露から家を守ることが出来るのか、カビが発生しないのか???
私は「ノー」だと思います。
調湿の出来る自然素材なんていう素人が勘違いしそうな活字を並べるだけで如何にも良い家をつくっているような物まねだけは止めて欲しい。
建物の性能である断熱・気密という根本的な部分から改めて欲しいモノです。
躯体性能が高くなれば24時間計画換気設備で十分に湿度もコントロールできるようになります。もちろんそこには温度調整もコントロールできるようになるのです。
家づくりは先ず建物の躯体性能から考えましょう♪

写真は今日、完了検査を受けた宇陀市・Ha様邸のリビング。
対面キッチンのカウンター脇に配置した無垢の化粧柱は吉野桧・四寸五分(135mm)、Ha様のお父様が生前、製材業を営んでおられた際に残された思い出ある柱です。
こちらの住まいでは7月7日(日)にたった一日だけ、完全予約制完成内覧会を開催致します。
本日時点で、正午12時、午後1時の枠が空いています。
先着順で受け付けていますのでホームページからお申し込みください。
IMG_5028-1-1_1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

御礼に感謝

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今春に引き渡しをしました二世帯住宅のTr様より、
「良い家を建てて下さってありがとうございました、木野さんと出会えて良かったです。」と御礼のギフトをいただきました。
中身は地元でお肉と言えば此処と言われる一番の有名店のギフト券、お肉を買って自宅でバーベキューするか、それともお店のステーキハウスに行くか、すき焼き?石焼き?それともランチ?
自宅に持って帰るとこの話題で盛り上がり(^^)
現場では工程や材料の選定、時にはアクシデントなど色々と苦労があります。
でもね、完成して引き渡しの時にご家族の笑顔を拝見し、ご入居されてしばらくしてからこのように「御礼」と記された熨斗のついたお品を頂くと本当に嬉しいし、これだからどのようなことも乗り越えて行けるのだと思います。
Tr様、お気遣い頂き誠に有難うございました。
弊社の事務所からも徒歩数分という立地、いつでも何かあったら直ぐに参上致します。
どうぞ末永いお付き合いを宜しくお願い致します。
IMG_9498_600.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

完成内覧会予約状況

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日の夕方も少し雨が降りました。これでもまだ梅雨入りじゃないようです。。。?

朝一番、ゼロエネ住宅の香芝市・T様邸の地盤調査立会い
地盤の状態を調査し、必要であれば地盤改良を行います。
この調査、一社の判定では改良工事が必要という判定が出ても、もう一社でセカンドオピニオンを行うと改良工事不要という判定が出る場合もあります。
Kino-izmではどの現場もセカンドオピニオンを行い無駄な費用の負担とならないよう努めています。
IMG_5022-1_600.jpg

さて先日、トイレのリフォームを開始しましたM様邸、1階、2階と2箇所あるトイレのうち、2階のトイレの改装工事が完了しました。
続けて1階のトイレの便器を外し、明日は塗装を行う予定。
L1340508-1_600.jpg

7月7日(日)、宇陀市で開催予定の完成内覧会の予約状況は、
10:00×、11:00×、
12:00〇、13:00〇、14:00×、15:00〇
今日のところ3組のご予約を頂いております。
残り3組、先着順で受け付けておりますので、ご希望の方はホームページお問い合わせ欄からお申し込み下さい。

さぁ今夜も積算三昧ダ!

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

新記録達成!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
夕方、凄い雨風、雷が近所に落ち、近鉄大阪線の遮断機が上がらず周辺が凄い混雑していました。
看板犬・桃太郎もハァハァ息が荒くなりズーッと震えていました(*´Д`)

さて、今日は現在工事中のゼロエネ住宅で気密測定を行いました。
L1340494-1_600.jpg

気密測定の必要性はいつも訴えています。
隙間が少しでもあると、外気と内気が出入りし空調が思うように効かず、快適に暮らしにくくなるとともに光熱費も高くつきます。
また、躯体にも結露を発生させ腐朽を促進し、にダニやカビの温床となってしまうのです。もちろん躯体にも良いはずがありません。
さらに重要なことは快適に過ごせなくなることで人の身体にアレルギー反応をはじめとする体調にも悪影響を及ぼします。良いことがないわけです。
ここまでいつも訴えているのですが、ご存知の無い方はこれらの現象は日本の住宅では仕方のないことでどこの家でも当然のことと諦めておられます。
「知らぬが仏」と昔から言われていますが、知らないと本当に損ばかりなのです。
気密性能と断熱性能の二つの性能が同時に高くなってこそ、その効果を発揮できるものなのですが、「そこまで追い求めなくても良い」とか「オーバースペックだ」とか色々と根拠のないことを言う業者も多いのが事実です。
Kino-izmでは2000年頃から断熱・気密性能に拘りはじめ、当時は同業者からよく笑われました。
幸い岩手県出身の断熱・気密・防蟻の知識豊富なエンジニアとの出会いがあり、多くを学び、自分の知識の中では間違いがないと確信を持てたから今までバカにされたり陰口を言われても自分を信じて歩んで来れました。
今後も今までと同様、ブレずにコツコツと少しでも高い性能の住まいを提供して行きたいです。
で、気密測定の結果は・・・
相当隙間面積(C値)=0.2cm2/m2、今までのベストスコアタイです(^^)v
隙間特性値n=1.14、この数値は1~2までの数値で表し、1に近ければ近い方が良い数値なのです。
測定時に家全体でどれくらいの隙間が有るかを調べるのですが、まれにポッカリと大きな穴が開いている場合にこの数値が2に近づきます。
ですから、この数値が高ければ家のどこかで断熱工事の施工ミスやサッシの不具合などを発見することが出来るのです。
今回も玄関ドアの下部で少し大きめの隙間を発見しシーリングでその隙間を塞いでしまったらn値は新記録となりました!
気密測定時にはC値はもちろん大切なのですが隙間特性値はもっと大切なのです。
L1340496-1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
先日より香芝市で行っていた解体工事が完了し、いよいよゼロエネ住宅が始まります。
その性能は、、、耐震性はもちろん耐震等級3(最高等級)、
外皮平均熱還流率Ua値は0.38、この数値の凄さは下記の表をご覧ください。
この数値、小さいほど性能が良いということです。
image_kubun170820.jpg

image_kubun02.jpg

今回建築するエリアは全国を8地域に区分された中の5地域となります。
5地域の基準は0.87に対して、こちらのゼロエネ住宅は0.38と基準の性能を遥かに上回るばかりか、北海道基準も余裕でクリアしています。

L1340466_600.jpg

また、一昨日には現在進行中の現場に協力会社の技術者が来て、他社の得意先が気密測定してようやく0.9を実測、1を切ったらしいですが、中々それ以上の性能を実測できないとのこと。
そこでKino-izmがどのようにしていつも0.3という数値を測定しているのかをお尋ねに来られたというわけです。
現場を見ても簡単にわかるものではありませんが、施工時の注意点を少しお話ししました。
県内の他社もKino-izmの性能に眼を向けてくれているのかなと思っています(^^)

如何ですか!
Kino-izmの住まいは高い性能を誇っています(^^)v

さて、、、
明日はKino-izmの現場で気密測定です。
また測定結果も公表いたします!

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

完成内覧会のご案内

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
最近、一日30時間くらいあればいいのになーと都合の良いことを思っています。
最近多いお問い合わせは、やはり一番に耐震性について、、、
皆さん耐震性には高い性能を求めておられます。
で、耐震等級という基準が阪神淡路大震災の後に取り決めができ、建築確認が受理される最低の耐震性が「耐震等級1」
そして耐震等級1の1.25倍の耐震性のものが「耐震等級2」、
さらに耐震等級1の1.5倍が「耐震等級3」で、万一の地震災害の際でも倒壊してはいけない防災拠点「病院」「警察」などはこの耐震等級3を基準としています。
そこで色々と惑わせる「相当」というもの。
耐震等級3相当と書かれたチラシやパンフレットをよく見かけます。
これは相当という言葉の通り、「ほぼ同じ」と読めるのですが、これは大きな勘違いで全く別物ということを理解して欲しいです。
以前にも構造の専門家の先生が「相当とよばれるものを構造計算したら耐震等級3にならなかった」という話もあります。
まず、ほんとうの耐震等級3を取得するには検査機関の認定を受ける必要があり、そのためには許容応力計算、所謂構造計算をしなくてはなりません。
構造計算のコストが数十万円かかりますが、一生で一番高価な買い物である住まいだと考えるとたった数十万円で、万一の大きな地震が来ても倒壊しない家になるのはもちろんのこと、それよりもなによりも大切な家族を守ることが出来ます。そして地震保険が半額になります。家計にも優しくなりますね(^^)
こういったことを理解しないで耐震等級3相当だから大丈夫だなんて語らないでください。。。
Kino-izmの住まいはすべて耐震等級3です!

写真は木津川市・Ta様邸、日が落ちる間際の撮影でした。
N75_3936a-1_600.jpg

さて、もう一つ!
来る7月7日(日)、たった一日だけですが、宇陀市榛原のHa様邸で完全予約制完成内覧会を開催致します。
一時間に一組限定、全6組という狭き見学会です。
是非参加したいという方は、ホームページのお問い合わせ欄からお申し込みください。
ご希望の時間も明記して下さい、都合によっては時間の調整をお願いすることもあるかも知れませんがご容赦くださいネ!

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
昨日も今日もスケジュールビッシリの木野です。

昨日は2件の新規のお客様とお会いしました。
2件共、建築地が決まっておりどの工務店で建てるのか?品定め中というところです。
家づくりを託す会社にはハウスメーカーと呼ばれる大手、パワービルダーという地域で比較的大きな会社、そしてローコストを"売り"にするビルダーや工務店といわれる地域に密着した小さな企業や個人や家族でキリモリしている事務所もあります。
拘りが大してなく、家づくりに対する打合せ等に時間が取れないと思われる人にはハウスメーカーやローコストビルダー等の規格住宅が適していると思います。
でも一生に一度か二度と言われる家づくり、できれば拘りを家の所々にちりばめて、他には見ないたった一つの自分たちだけの家が欲しいと思われるのであれば、小さな工務店を選ばれることが一番適していると言えるでしょう。
小さな工務店にはマニュアルと言われるようなものが無いケースも多々あります。
だから、決められたマニュアル通りに進めるのではなく、臨機応変に自分たちに適した提案をしてくれる、そして希望する製品を使ってくれたり、大工の造作にしても細かな要望に応えてくれるのです。
実は、Kino-izmもこういう工務店なのです。
そりゃスムーズに採用する設備や仕様を決めてもらって、着工すると完成まで突っ走る方が我々工務店(業者)は楽なのです。
でも、"楽"な分だけ満足度も低いモノに成りかねないのです。
一生に一度と言われる買い物、一生で一番高い買い物と呼ばれる家づくり。
失敗して欲しくはありません。
だから、、、
ギリギリまで考える機会を持っていただき、できれば一緒に考え悩み、形にしていくことが出来てこそ、満足度の高い住まいになるのではないかと思うのです。思いっきり悩んで欲しいものです。

写真は大和高田市・Ma様邸のエントランス。
玄関正面には飾り棚を設けてタイルを張り、天井は少し織り上げて間接照明を設置しました。
写真には写っていませんが右側にはシューズクロークがあります。また、リビング入り口の扉は2500mmの高さがあるハイドアを採用しました。
写真よりも現物方が遥かに上ですよぉー!
m_entrance.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☁☂
今日はすごーい土砂降り雨+雷、ちょうど車を運転していても前が全く見えませんでした、汗
いつもは工務店業務が大半ですが今日は中古住宅のご案内を・・・
築9年、見た目はまだまだ綺麗でこのまま住めるかも、、、というようなレベル。
でも2階へ上がると所々クロスの継ぎ目に剝がれが目立ち、ロフトの壁面は全体的に継ぎ目がハッキリと判る上にシミのようなものも。
プランは皆さんが憧れるリビング階段です。
ということは冬場の暖房熱がすべて2階の各部屋に上昇し、特にロフトには暖められた空気が集まっているようです。
天井裏や壁面の隙間が外気との出入りを促し、ここで結露が起こっていると思われます。
この物件のことではありませんが、次世代省エネ基準と謳ってみたり、省エネ住宅と表記してみたり、、、これらの活字を見るだけで消費者は何となく省エネ住宅だと信じ込んでしまうんでしょうね!
だからこうしてクロスが剥がれたりシミがでても10年も経てばこんなもんと思い誰も家の建て方・性能に疑問を持つ人は居ないと思います。
悲しいですが、これがmade in JAPANのstandardなのです。。。
日本に住宅はこの程度なら当たり前、そんな風潮がいつまでたっても消えていかないのです。
もっともっとユーザーが自分自身の家族と家を守るために、勉強して欲しいと思います。
IMG_9410-1_600.jpg

床下も90ミリの大引きの半分以上が見えるのでおそらく断熱材の厚みは30ミリ?「とりあえず断熱材入れとこ!」レベル(^^)
IMG_9413-1_600.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

本当の高気密高断熱

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は3社の商社の担当者が来社して下さるアポイントがありましたが、そのうち1社がドタキャン。私、そんなに暇じゃないんです、だから約束はキチッと守って欲しいものです。少し時間が遅れたりすることは連絡下されば待つことも出来ますが、約束時間を20分すぎて、ドタキャンって!
ハイ、ボヤキはここまで。。。。。

で、高気密高断熱の住まいを積極的にご提案している弊社にとって、樹脂サッシは中でも重要な建設部材のひとつなのです。
その樹脂サッシ、ドイツ製・
エーデルフェンスターの案内にオスモ&エーデル社より来社して下さいました。
チャンバーと呼ばれる蜂の巣のような空気層が多数に区切られていることで断熱性と剛性を上げているところはKino-izmで標準採用しておりますYKK-apのAPWシリーズも真似して欲しいですね。
性能も高く、まだまだ日本ではごく一部の工務店にしか認知されていないそうで高性能の上を行く超高性能な住まいを建てている工務店を筆頭に一部のニッチなところで採用されているようです。
担当者が製品説明を行うにも、製品に興味を持ってくれそうな工務店が殆ど無いというほど、高性能について興味を示さない工務店が多いようです。
finstral1.jpg

finstral2.jpg

また、補助金申請のお手伝いを!ということで、来社された商社の担当者、断熱性能や気密性能について、さらにはZEHやLCCM住宅、リフォーム補助金などについて詳しく説明して下さった。
Kino-izmの平均的な性能を説明すると、取引先ではこれほどまで高い性能の住宅を建てているところはないらしく、Ua値が0.4を切り0.3台という話には「関西圏ではこれほどまで性能の高いところは僅かなのでは?!」という話もありました。
まだまだ奈良県はこの分野についての工務店の意識レベルが非常に低いです。

地球環境の劣化が懸念されている今、2020年の省エネ基準義務化も無くなりました、今後は国に期待しても省エネ基準すら見送られたように、国民のことを考えていない国には何も期待出来ません。
我々工務店が、例え1棟でも超高性能な住まいを目指さないと、良くならないのではと思います。
家づくりの際にはこういうことを知識だけでなく現場で実践できている工務店なのかそうじゃないのかでその家に住む人の将来も左右することとなります。
ナンチャッテ高気密高断熱が横行する世の中、本当の高気密高断熱の住まいを手掛ける工務店と出会わないといけない。
その為には、、、住む人も業者の言いなりで家を建てるのではなくシッカリと勉強して欲しいですね!

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
雷が鳴ると看板犬・桃太郎がビクビクし、仕事になりません、泣!

昨日、気密性能について書きましたが、今日はその件で3件も反響がありました。
「他社に中気密で良いと言われたが、気密はほどほどで良いのではないか?!」
「高気密って何を基準に言うのでしょうか?」
「気密を高くするために行っている作業は?」
以上の3件の質問でした。
先ず、中気密とは測定値○○~○○までという基準があるのか?
高気密についても基準ってあるのでしょうか?
残念ながら何を基準に高気密というのか?法律では断熱性能も同じく特に基準が決められていません。
だから、いい加減な業者も高気密高断熱と謳うし、その活字を見ただけで何かしら自分の家は性能が良いように錯覚されている人も多いと思う。
で、暮らして見て、「高気密高断熱なのに暑くて寒い」という声を時々お聞きしたり、相談を受けることもあります。
やはり高気密高断熱と謳うからには、Ua値がいくらなのか、、、C値がいくらなのか?、数値で公表していることが最低条件ではないでしょうか!
この数値が公表されていてこそ、他業者と比較することが出来、工務店選びのひとつの基準になるのではないかなと思います。
Kino-izmでは全棟、気密測定を行っていますし、全棟BELSの評価を取得しUa値の公表も行っています。
こんな工務店と家づくりしましませんか!

さて、香芝市・T様邸、建替え現場の解体工事も中盤を過ぎたところ。
現場に入ると、旧建物は無くなり、がれきの山、手作業で分別しながらトラックに廃材を載せていました。
順調に進んで、あと7日~10日程かな~と。。。
ta190611.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全棟気密測定

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

今日は大和郡山市・Nt様邸で気密測定を行いました。
気密測定とは家の外壁・床下・屋根面にどのくらいの隙間が有るのかを調べることを言います。
では、気密測定って何故必要なのでしょうか?
測定は家の中の空気を測定器のファンを廻して強制的に外へ空気を押し出します。すると家の中の気圧が下がります。
L1340336-1-1_600.jpg
外気と内気の気圧差が多ければ多いほど隙間が無くて、逆に気圧差が少ないと隙間が沢山あるということを調べることが出来るのです。
家の隙間が沢山あると24時間計画換気が計画通りに機能しないので家の中の汚れた空気を外部に放出することが出来にくくなります。
さらに、エアコンの空調管理も十分できないため、エアコンを稼働させるためのエネルギーが沢山必要となります・・・光熱費が沢山かかります。
そして、躯体内の隙間が熱橋(ヒートブリッジ)となり、結露が集まり、断熱材がその性能を発揮できなくなるばかりか、木材を腐朽させてしまい、劣化を促進してしまうのです。
これらのことが無いように気密測定を行い、もしか施工ミスによる隙間が有ればその時点で改修し、隙間を無くすことが出来るのです。
また、前回の測定時には躯体の隙間だけではなく、サッシの不具合も発見出来ました。これは測定しなかったら判らなかったことだと思うと、気密測定の重要性を改めて痛感しました。

気密測定の数値は「相当隙間面積(C値)」と表し、1平方メートルの中に何平方センチメートルの隙間が有るのかを表記します。
で、今回の測定結果は・・・
C値、0.3cm2/m2
「総相当隙間面積」という欄をご覧ください。
家全体で44cm2、この数値は「7cm×7
cm」の四角形で49cm2なのでそれよりまだ小さい面積に値する隙間しかありません。
L1340360-1-1_600.jpg

世間ではC値が1.0をクリアできない工務店が大半です。その中でKino-izmはどの現場でもコンスタントに0.3を実測できるようになりました。
中にはC値を高める私たちのような工務店のことを奈良県ではオーバースペックだと根拠のないことを言う工務店も多いです。
気密の必要性を知らなければそういうことを思うのかもしれませんが、躯体性能と性能劣化・腐朽、維持管理などを理解すれば気密性能がいかに大切かということが必然的に解るはずです。
C値0.3をコンスタントに実測し公表している工務店は県内では皆無に等しいですが、隣県ではもっと性能の高い住まいを提供している工務店が有るのも事実です。そのような工務店に追いつけるように、現場では隙間の出来そうな所の施工精度を高めるための徹底を行っていきたいです。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

見学会に参加しよう

| コメント(0)

IMG_9349-2_300.jpg全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日は大和郡山市・Nt様邸で構造見学会を行いました。
見学会開催の告知をした際に午後の枠は直ぐに予約が入りましたが、偶然にも午後の予約のご家族が話を合わせたかのようにキャンセルとなりました。結果として午後からスケジュールを組めたので私としては非常に都合の良い一日となりました。
さて、午前中にお越し下さった30代のご夫婦、非常に熱心に私の拙い話をお聞きくださり、アッという間に予定時間をオーバーする90分。
色々とお話をお聞きする中で、何故キノハウジングに問い合わせして下さったのか?という話になり、、、その理由は・・・
ご主人様のお父様のお勤めされる建設関係の会社の同僚(先輩?)から「キノハウジングは拘った住宅を真面目に建てていて良いよ!(確かこんな風に話してくださったのじゃなかったかな、汗)」と推されたらしいです。
でもその会社、Kino-izmとは一度も取引をしたことがない会社ですが、一度社長さんがお越しになられお話をお聞きしたことがあります、その時の印象は、「良いものを広めたい」という熱心な方というイメージでした。
こんなところでもいい評判に感じて頂いてるんだナ~と嬉しくなりました。
良いものは良い、ダメなものはダメ、安かろう悪かろうではいけないといつも思いながら、家づくりをしていますが、こうしたことを継続して行っていることを少しでも評価して下さっているのかなと思います。

今までもこれからもコツコツと日々研鑽♪

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは!
今日は朝から強い雨が降りました。
悪天候の中、朝から車で大阪南港にあるインテックス大阪へ出かけました。
西名阪自動車道・松原を越えた辺りから阪神高速道路・松原線、環状線、そして南港まで、ダラダラと渋滞、パトカーも数十台見かけるし、南港では交差点に警官が建っているし、、、6月下旬に開催されるG20の為の厳戒態勢のせいで、どこも渋滞だらけ、いつもなら1時間で行けるところ、今日は1時間半も掛かりました。
いつもの屋上駐車場や周辺の駐車場も閉鎖されており、仕方なく隣にあるハイアットリージェンシー大阪のパーキングに駐車しテケテケと歩いてKENTEN2019を見学。
IMG_9344-1_600.jpg
今年も何か良い商品がないか、、、採用できるものは、、、と、建材や現場管理に対応したソフトなども興味のあるものが沢山出展されていました。
早々に出店の弁当をヤッつけ、午後はセミナーに出席。
近畿大学建築学科教授・岩前先生、東海大学名誉教授の石川先生、温熱環境の第一人者の一人、松尾設計社長・松尾先生、劣化対策・雨漏りに関するスペシャリストで(一社)住まいの屋根換気通気研究会・理事長でハウゼコの神戸社長、この4人の話が一度に聞ける!
建設、特に住宅の建設に関わる者にとっては、業界の先頭を突っ走る方々のお話が聞くことが出来るこんなに良い機会を逃してはいられません。
IMG_9342-1_600.jpg
セミナーでは人生100年時代を見据え、築30年そこそこで建替えされる現在の住宅の在り方を見直さなくてはならないことを熱く語られていました。
住まいを長持ちさせるためにも、劣化対策をキチッと行い、換気・通気について理解しなくてはいけないことも濃く濃く語っておられました。
換気と通気の仕方を含め、自分の頭の中では理解しているつもりでも、その理解の仕方に至るまで改めていい勉強になりました。
これからの家づくりに少しでも活かせればと思います。
第二部の構造の専門家である佐藤先生のセミナーも参加申し込みをしていたのですが、どうしても帰らなくてはならなくなり、残念ながらキャンセルしました。あーっ、勿体ない!

明日は変則ですが、大和郡山市・Nt様邸で構造見学会を開催致します。
新しい方とお会いできることが楽しみです。。。

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

性能に拘っています

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
現場へ向かう道中、郊外の田畑が並ぶ道では窓を全開していると涼しい風が入ってきますが、一旦国道に出ると生温~い風しか入って来ず、仕方なしに車もエアコンをつけて移動しています。
これはまさしく、アスファルトやコンクリートに覆われた地面がもつ熱を放射で感じるからなのであろうと思います。
で、帰社し事務所内でデスクワークしていても温い風しか入って来ないので、今年初めて事務所のエアコンをつけました。涼しい~
高気密高断熱の住まいであればまだエアコンなんて要らないのですが、、、

さて、今日は大和郡山市・Nt様邸で、アイシネンによる断熱工事2日目
吹き付けた断熱材を柱面でカットし、設計厚みに仕上げる作業。
L1340254-1_600.jpg

小屋裏もモコモコ
L1340274-1_600.jpg

屋根工事も完了、見た目は他社と同じかも知れませんが、知らずに建ててもKino-izmの標準仕様の屋根は他社とは一線を画してます(^^)v
何が違うのか?お聞きになりたい方は直接お問い合わせください。。。
屋根の性能も大切ですから・・・
L1340287-1_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

全国のKino-izmファンの皆様
こんにちは☀
今日は湿度が高く、気象庁が発表した気温以上に暑く感じます。
我が家でもエアコンの試運転とシーリングファンの掃除を行いました。
そのエアコン、1時間に500~600m3の空気(予め設定された温度の空気)を吐き出します。
ですが、夏は冷えない、冬は温もらないと言われる方が多いのも事実。
これはエアコンが原因なのではなく、その住まいの性能が低いからなのです。
壁・屋根・床下の断熱性能が一定以上高くないと、せっかくエアコンで作り出した空気が外気の影響を受けてしまいます。
そして断熱性能と併せて必要なのが気密性能、いくら断熱性能が高くても隙間があれば外気が出入りし、エアコンで作り出した空気を維持できないことになります。
気密と断熱って家づくりでは耐震性と併せて最重要項目の一つなのです。

そういえば今、Kino-izmの住まいを建てようと最終段階のご家族、聞くところによるとご主人様は、気密・断熱という性能に惚れ込んでいただいているようですが、奥様が風通しを重視したいとのお話をお聞きしました。
ここでも少々気密断熱についての家づくりを勘違いされているようなのです。
気密断熱の性能を高くした住まいは、風を通してはいけないということは全くありません。
真夏や真冬は空調機器で室内をコントロールするので窓を開けることも少ないでしょう、春は花粉やpm2.5、黄砂などが飛び交う日常で殆ど開けることも出来ません。ということになると、爽やかな風が通る秋のごくわずかな季節だけではないのかなと思うのです。
決して高気密・高断熱の家は窓を開けてはいけないと言っているのではなく、四季を通じてどれ位窓を開けることの出来る季節があるのか?を考えて下さい。
その辺りを誤解されないようにして欲しいものです。

写真は香芝市の建替え現場の模様、古い住まいが建て替わり秋にはゼロエネ住宅が完成の予定です。
ta_kaitai190605_600.jpg

ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

週末は見学会

| コメント(0)

国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日もいい天気でしたが週末にかけて天気が崩れるようです。このまま入梅ということになるかも知れません。
入梅というと、梅雨時の洗濯物、ジトジトジメジメでご家庭では洗濯物が乾かない日が続き、頭を悩ませる季節が訪れます。。。
部屋中を乾燥させるにはどうすればよいか?
エアコンのドライ運転を上手に利用し、湿度が高くならないようにする必要があります。
また、このコントロールも隙間が沢山ある住まいでは効き目も大幅に低くなります。
ということは、、、隙間の無い住まい=気密性能の高い住まいが良いという訳です。
さらに、、、天気の良い日があっても湿度が高いので換気はしない方が良いでしょう。
難しい話は割愛しますが、梅雨時も快適に過ごすには気密性能も重要な要素の一つです。

今朝、打合せでお越し下さったY様が仰ったお話し「職場の人が新築の家を建てられたが引越ししてからお子様のアレルギーが酷くなった」とのことです。
最近の住宅建築では、まさかホルムアルデヒドの成分が含まれた材料を使っているとは考えにくいです。
考えられるとしたら、海外からの輸入家具などで個人輸入されたものなどの中に含まれる有害物質かも知れませんがその様なことなど知る由もありません。
たとえ、そういう家具等でも、シッカリとした24時間計画換気が機能していたら、その家具などから発生する有害物質も屋外に放出することが出来ると思います。その為にも気密性能が大切です。
気密性能を甘く見ないよう家づくりの際は注意が必要です。

さて、今日の現場、、、
大和郡山市・Nt様邸、
外壁工事に着手しました。
先ずは透過防湿シートタイベックを張る作業。
L1340158-1_600.jpg

内部ではフローリングを張り出しています。
こちらの住まいは無垢パインフローリングを選びました。
無垢の温かさ、、、気持ちいいですよー!
L1340156-1_600.jpg

こちらの住まいでは週末8日(土)、一日限定で構造見学会を開催致します。
正午12時の枠が、未だ空いています。
最後の一組、どなたか、、、見学されませんか!
見学希望の方は、ホームページよりお問い合わせください。
こちら

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

現場打合せ

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
先日上棟しました現場で今日は打合せを行いました。
電気設備はもちろん、棚板の高さや奥行き、ニッチ、エアコン設置の高さ、クローゼットや洗面所内の造作など、、、家全体を見るとたくさん確認することや要望があります。
このような要望を着工前の図面上でお聞き出来るでしょうか?
私は無理だと断言できます。もしかそんなことの出来る人がいたら達人?!
やはり図面上で確認していても、いざ、自分の家の棟が上がり、しばらく作業も進むとイメージがし易くなってきます。
「図面で描いていたものとは違うな」と思ったり、「えっ、こんな風になるんだな!」と感じることもしばしば、、、
特に高さは図面では全くイメージできないので実際に現場を見ると感じ方が異なることが多いです。
これらのように図面と実像とのズレを解消するのが現場での打ち合わせだと思うし、現場で打合せすることで新たな発見があることも多いです。
そんなことでKino-izmではどの住まいでも必ず現場で打合せを行っています。
やっぱり、完成後に後悔して欲しくないですからネ!

今日の打合せ時間は3時間を越えてました、2時間はザラですが、、、3時間越えは・・・もしかしたら最長かも、、、(^^)v
如何ですか?
こんな工務店と一緒に家づくりしませんか???
ya190601.jpg
ほな、また、、、

橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘
人気ブログランキングへ

« 2019年5月| トップページ |2019年7月 »
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ