出来るかぎりの対策を!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
ダイワハウスが建築基準法違反と大々的に報じられています。
先日のレオパレスの件もそうですし、大きな会社だから安心とは言えない時代、間違いなくまだまだ知られていないところでもこういった違反がありそうに思うのは私だけでしょうか?
如何にして信頼できる会社に依頼するか?将来が掛かっていますからね。

さて、先週末より始まりました水廻りリフォームのK様邸、
給排水管の変更作業にあたり、浴室の床下に潜っていた鉄管が錆びており、チョッと無理にねじろうとすると破損してしまいそうです。
当初の施工は1本の給水管を浴室下に潜らせ、そこから隣のトイレに分岐、さらに2階のトイレ・洗面所に分岐させているので、今回触ろうとすると破損する恐れがあることと、たとえ破損しなくても近い将来何かしら不具合が起きそうな予感がするのでそのことを説明させて頂き、露出しているところは出来る限り樹脂製の管に交換することとしました。
施主のご主人様は、「基礎も砕いてくれてもいいから全部入れ替えて欲しい」と言われましたが基礎を砕いても全部交換することは無理であること、そして万一構造に支障が出てしまったら取り返しのつかないこととなるので、今回は出来る限りの範囲で留めておき、その代わりにもしか鉄管が破損して漏水するようなことが起きた場合にでも簡単に止水できるように建物のお外側で分岐し、それぞれ給水できるような工夫をして納めることにしました。

隠れたところは何が起こっているのか判りませんが、このようなことはある程度今までの経験上でおおよその予想はしていました。
L1330043-1_600.jpg

洗面所の床板配管もシッカリとチェック!
L1330037-1_600.jpg

さて、21日(日)、宇陀市・Ha様邸で構造見学会をひっそりと開催しようと計画しています(遅すぎですが、汗)
Kino-izmのこだわる家づくり、特に気密・断熱・耐震の様子がご自身の目で見ることが出来ます。
今回は10連休のゴールデンウィーク前の見学会で他の予定との調整を行いながらの見学会です、3~4件の限られた方のみご覧頂こうと思っていますが、もしか案内して欲しいと思われている方はお問合せ下さい。ご要望にお応えできるかどうかはお約束できませんが、出来る限り調整させて頂きます(^^)v

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ