国の補助金

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☂☁
今日は一日雨☂が降る一日でした。。。
幸いKino-izmの現場には全く影響がなかったです。

さて、国の補助金、色々な用途で様々なものがあります。
我々工務店としても、少しでも性能の良い家を建てる勉強ができるようにと国交省が補助金を交付してくれています。
中でも長期優良住宅やゼロ・エネルギー化住宅に対するものが地域型住宅グリーン化事業という枠の中にあります。
Kino-izmでも今年度、7棟の枠を頂いていますが、それでも交付対象とならなかった住まいがあります。
本日、グループ事務局から、昨年10月、12月の二度の公募の後、三度目の公募があると連絡がありました。
その内容はというと、過去二度の公募に応募し、補助金枠を取りながら未だに申請を済ませていない工務店が大変多いようで、かなり余っているようです。今年度の予算は今年度中に使い切るという国の政策が予定通りに進まなくなるということなのです。
どうして、このように予算枠を抑えながら使わないのだろうか?
予定していた案件が進まなかった、あるいは予定以上に遅れているというものもあるでしょう。
しかし、この中のほとんどは「とりあえず抑えておこう」という身勝手なものなのです。
真面目に良いものをつくろうとしている工務店がある反対側にはこういったいい加減な工務店の多いことにも憤りを感じます。
こういう工務店の加入しているグループには来年度の予算はかなり縮小されるとも連絡事項の中に記されていました。
当然のことでしょう。
一層のこと、先着順で実際に進めている案件に対して交付すればこういう事も無くなるだろうと思います。
国交省は出来るだけ万遍なく広く補助金を交付したいのだろうけど、真面目に取り組んでいる者の立場からすれば、いい加減な対応しかできない工務店は配慮する必要はないのではないでしょうか!
国交省の役人さんももっと考えて欲しいものですね。

さて、写真は4年前に完成のIw様邸のリビング、大きな吹き抜けとアイアンの手摺、リビングと和室のつながりや、写真には写っていませんがキッチンからパントリーそして洗濯物干し場への動線も絶賛してもらったKino-izmが自信をもってご提案した施工例です。
IMG_0092_600.jpg

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ