拘りの住まいを!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今日もあちこち現場をハシゴしましたよ!
先ず橿原市・Ak様邸、
おそらく明日で大工工事も完了、ま、残っても月曜日まで...かな?
写真はリビングの天井付近、この凹凸の部分にアレを納める予定。
大工と一緒に何パターンも考えて最良の方法を選択しました。
出来上がりが楽しみです。。。
L1310965-1_600.jpg

この後、いつもKino-izmの現場でご協力していただいてる材木屋さんへ、、、
先日、Ha様邸のお祖父様が生前残された貴重な木材を新居で使いたいとの希望で保管場所から引きあげに行きました。
既に5年~8年程度寝かして(自然乾燥)あった木材で表面は色褪せており、モルダー(電気カンナ)を掛けて表面を数ミリ削りました。
すると見事にきれいな木目が出て来ました。材木屋さんも結構な値打ちがあるようにお話ししてくれたのです。
しかし一部で価値の付けれない残念なものもありました。
それは風倒とよばれる傷があったのです。
L1310983-3_600.jpg
風倒とは木々を切り倒すまでに台風などの強風で煽られ木々が撓って限界を超えたときに繊維に断裂が起こります。
その断裂した部分が下の写真のようにシワのように現れ、いくら削っても消えません。
表面(削る前)からは全く見えないのですが、こうして削ると現れます。
L1310967-1_600.jpg
これは敷居や鴨居に使おうと思っていた材木ですが、判った以上使うことができません。(無知な工務店や大工が風倒と知らずに使っていることもあるそうです)
残りの木々の使い場所を定め、Ha様に報告しようと思っています。
こういうところも拘り抜いて少しでも大切な住まいに使いたいですからね!

で、次は地元町内、Tr様邸
今日はアイシネン断熱工事の真っ最中!
L1320002-1_600.jpg

柱面より出過ぎた断熱材を専用のナイフで慣れた手つきでスカッとカットしていく様は気持ちいいです!
L1310990-2_600.jpg

外部では外壁材(サイディング)を張り出しました。
L1320013-1_600.jpg
さてさてさて、、、
こちらのTr様邸で、明後日2月3日(日)の完全予約制・構造見学会
残り1組・12:00の枠が空いています。
この枠が埋まれば昼食ヌキという修行となります(笑)
ご予約をお待ちしております。

ほな、また、、、
橿原市, 奈良県, JPのHouzz登録専門家木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ