新工法採用

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
朝晩肌寒くなってきましたね~
昨日は天候が悪く、Ak様邸の着工を一日延ばしました。
で、朝一の現場
L1290920_600.jpg

砕石を均して填圧を掛け、この上に地盤補強用のシートを敷きます。
L1290936_600.jpg

L1290939_600.jpg

このシートはGRRシートと言い、地表面付近の剛性補強効果とシートによる砕石層の変形拘束効果によって、指示力補強効果を得る事が出来、軟弱地盤の上に建つ建物の不同沈下を軽減し、将来に渡って安定して建物を保持することが可能な工法です。
色々と検討を重ね初めて採用しましたが、職人さんに尋ねてみると最近は増えてきているらしいです。
縦横にシートを敷き重ねてその上からもう一度砕石を均し填圧を掛けるとシートと砕石が一体化し、基礎に掛る荷重を分散し安定した基礎を確立します。
今まで採用している改良杭のように地中に構造物が残らないので将来、解体した時も廃棄物が出ませんし、地盤汚染・地下水汚染・河川汚染等の環境に対する汚染を生じません。

作業完了時には日が暮れていたので明日、写真を撮ろうと思います。

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ