躯体性能は大切です!

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
省エネ、気密、耐震、
うるさいと言われるほどいつも連呼している家づくりの必須項目。
「そこまでしなくても・・・」とか、「この程度で十分」という何の根拠もない言い訳をする業者が多いのもこれらの項目です。
でもね、、、
その程度の性能で満足な住まいを提供していると思っているのであればそれはそれで良い、無知なのだから。
酷いのは必要だと知りながら性能の手抜きをすることだと思う。
そこにはコストという三文字が立ちはだかっているけど、自ら乗り越えないとプロフェッショナルとは到底言えません!
Kino-izmでは耐震等級は最高等級の3を必須、
断熱性能もUa値0.4前後を設計基準としています(これはプランニングによって多少は違うので・・・)
気密性能はC値0.5以下(最近の現場では0.3をコンスタントにクリアしています)
このような高い性能をもってしても、いやいや、まだまだ、と思うところもあります。
まだ埋め切れていない桝を少しづつでも埋めながら、完全自由設計の注文住宅をもっともっと広めて行きたいと思っています。

写真は、桜井市・Aa様邸、システムバスの工事と外壁の下地となる通気胴縁の施工途中
L1290819_600.jpg

L1290834_600.jpg

ほな、また、、、
人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ