いよいよ完成

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆
今朝、いつものように半袖シャツを着て外へ出たら少し肌寒かったです。
幸い、日中は作業していると汗ばむ陽気だったのですが、そろそろ長袖、、、かな?

橿原市・K様邸では、玄関タイルの工事、
こんなタイルを選びました!
L1220981_600.jpg

明日は美装作業と片付け、、、K様、もう少し...ですね!

川西町・N様邸では先日ご相談のあった「押入を仏間に変更」工事を行いました。
初日は電気工事と大工工事、ご先祖様のお部屋となりますので無垢の桧、無地(節の無いところ)を選って使いました。
枕棚を外した部分は痛々しいですが、明日には綺麗に壁紙を張り替えます。。。
取り除いたハンガーパイプは隣の押入の中に吊込んでおきました。
L1220984_600.jpg

さて、、、
10月15日(日)開催の完全予約制・完成内覧会の予約状況は・・・
10:00×
11:00○
12:00×
13:00×
14:00○
15:00○

既に午前10時、12時、13時の枠は予約済みとなりましたので、残り③組のご予約を先着順で承ります。
申込はこちらから→ 申し込みフォーム

さて、、、
TVでも住まいと健康の話が取り上げられるようになりました。
TVで放映された内容の一部ですが、
断熱効果の低い家から高い家に引っ越した約2万4000人を調査
高断熱の健康改善効果
寒い部屋だと健康を害す!
室温と健康の関係...既に海外では常識
英国では室温が...
21℃⇒推奨温度
18℃未満⇒血圧上昇・循環器系疾患
16℃未満⇒呼吸器系疾患の抵抗力低下ということで、改善命令が出るとのこと。
高知県梼原町で約1100人を10年間調査したところ、13℃の家に住む人は16℃の家に住む人より6歳老化するらしいです。
家が温かくなるメリット、室温が高くなることで心疾患のリスクが減少、夜間のひん尿が減少、筋肉が衰えにくくなる」というような調査結果も出ています。
このようにようやく住宅業界と医療業界との情報共有が少しづつ進みはじめているようです。

住まいの断熱性能って本当に大切なのです。
もちろん断熱だけではなく気密性能も大切ですよ!

ほな、また、、、
↓「Best of houzz2017」獲得

Houzzに登録中の橿原市, 奈良県, JPの木野芳弘

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ