家づくりに必要なのは...?

| コメント(0)

全国のKino-izmファンの皆様
こんばんは☆

皆さんは家づくりを始めた時に、最初に何に眼を向けられますか?(向けられましたか?)
ある業界専門誌に何も拘らずに家づくりを始める人は全体の80%と記されています。
その80%の中の人は何を基準に依頼する住宅会社を選ぶのか・・・?
家づくりについて何も知らない人たちは最初に足を運ぶのが住宅展示場というのが大半、そこで広々とした夢のような住宅を見て、デザイン性やネームバリューで安心感、そしてブランドステータスを求めるらしい。
でも、入居後の満足度でも低いのがこの層だという。
やはり何かしら強い拘りを持って家づくりをするのが一番自分自身も満足するのであろうと思う。
では、、、
何に着眼して家づくりをすればいいのか?
ここでも過去の業界誌のアンケート調査では、満足度の一番高かったのが断熱・省エネルギー性に着目した人達。
快適、涼しい、温かいというキーワード、性能重視に拘った人の満足度は高い。
逆に満足度の低い(後悔)のが建売、大手ハウスメーカーらしいです。
これもはっきりと頷ける。。。
いくら光熱費削減と言っても高価なメカをたくさん付け、それによって何とか創エネ(発電)し、プラスマイナスの差し引きで何とか光熱費を削減しているだけ、、、というメカメカ省エネ、中途半端なナンチャッテ断熱も叱りなのです。。。
メカが故障したり将来の入れ替え時期が来た時にその負担額を見て驚くことでしょう。
そのようなことにならないためにも、家づくりには躯体性能をできるだけ高くして、イニシャルコストは少し必要ですが、将来その家が存在する限りはその躯体性能を維持できるような住まいを手に入れるべきなのです。
そうすれば僅かな設備で快適な住空間を手に入れることが出来ます。
僅かな設備であれば将来、いざという時の設備入れ替えの時でもさほどコストもかからないことでしょう。
これから(現在)家づくりで住宅会社の選定をしておられる方、このようなところに着眼して欲しいものです。

さて、現場は、、、
奈良市・Nc様邸
外壁の下地となる構造用板を張り終え、躯体を緊結させる金物の取り付けが完了しました。
写真は主寝室とその上のロフトになる部分。
L1170896-1_600.jpg

橿原市・Wa様邸、
外壁塗装の下吹き(ベース色の色付け)を行いました。
この後、中吹き、仕上げ、トップコートの処理をして塗装工事は完了です。
L1170904-906-1_600.jpg

ほな、また、、、

人気ブログランキングへ

コメントする

〈 前の記事トップページ次の記事 〉
奈良の外断熱注文住宅 有限会社キノハウジング このページ先頭へ